株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2016年8月5日 ザイ・オンライン編集部

日本ドライケミカル、株主優待の内容を変更!
100株以上の株主が贈呈される1000円相当の
商品のラインアップが変更、利回りは変更なし

日本ドライケミカル株式会社が株主優待の内容を変更すると、2016年8月5日に発表した。

■日本ドライケミカル
業種 コード 市場 権利確定月
機械 1909 東証1部 毎年9月
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
2103円 100株 21万300円 2.85%
※株価などのデータは2016年8月5日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。
日本ドライケミカルは防災設備大手。
拡大画像表示

日本ドライケミカルの株主優待は、従来「100株以上保有する株主に、一律で1000円相当の優待品を贈呈(選択制)。社会貢献活動への寄付も選択可」というもの。今後もその点には変更はないが、優待品のラインアップが前回とは変更になる。

 この株主優待の変更は、2016年9月30日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

日本ドライケミカルの株主優待制度の詳細

 変更後の日本ドライケミカルの株主優待内容
 基準日  所有株式数  株主優待内容
 9月末  100株以上  1000円相当の優待品を贈呈(以下から1種類選択)
◆スーパールームガード(スプレータイプの簡易消火具)
◆救急セットボックス型
◆安心Survival3(3日分の食料品などの備蓄セット)
◆保存食5年サポートセット(1日分の食料品の備蓄セット)
◆インテリア常備灯(暗所で位置確認蓄できる光プレート付)
クイックコンロ(折りたたみコンロと、長期の備蓄が可能な
固形燃料のセット)
◆マイレットmini-10(非常用トイレセット10回分)
◆ホールドキャリア20Lタイプ(小さく畳める水用ポリ容器)
◆オリジナルQUOカード(1000円分)
◆平成28年熊本地震災害義援金(1000円分)

日本ドライケミカルの株主優待の利回りとは?

日本ドライケミカルの2016年8月5日時点の株価(終値)は2103円なので、株主優待利回りは以下のようになる(※今回の変更による利回りの変化はなし)。

(100株保有の場合)
投資金額:100株×2103円=21万300円
優待品:1000円相当
株主優待利回り=1000円÷21万300円×100=0.47%

日本ドライケミカルの株主優待は、優待品の内容も大幅には変更されず、利回りの変更もなし。それほど高い利回りではないものの、あると便利な防災グッズが揃っているほか、1000円分のQUOカードを選択することもできるので、持っておいて損はない優待銘柄と言えそうだ。

 なお、日本ドライケミカルは建築防災設備やプラント防災設備、船舶防災設備など、防災設備関連の大手。多様な施設の防災施設メンテナンス事業や、消防車の開発・販売、防災用品の開発・販売も手掛ける。震災の影響で防災設備へのニーズは底堅いが、開発コストの膨張などを受けて直近は営業利益減。

■日本ドライケミカル
業種 コード 市場 権利確定月
機械 1909 東証1部 毎年9月
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
2103円 100株 21万300円 2.85%
※株価などのデータは2016年8月5日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。