株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2016年6月29日 ザイ・オンライン編集部

コメダホールディングス(3543)、株主優待を新設!
100株保有すれば、コメダで使える年2400円分の
プリペイドカードか自社製品詰め合わせがもらえる

コメダホールディングスは2016年8月31日から株主優待制度を新設すると2016年6月29日に発表した。なお、コメダホールディングスは「珈琲所コメダ珈琲店」の運営元を傘下に置く持ち株会社で、同日大型IPOとして東証1部に新規上場を果たしたばかり。

■コメダホールディングス
業種 コード 市場 権利確定月
卸売業 3543 東証1部 2月/8月
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
1879円 100株 18万7900円 --
※株価などのデータは2016年6月29日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。

コメダホールディングスが新しく導入する株主優待の内容は「100株以上の株主に、コメダで利用できるプリペイドカード『KOMECA』1200円分か、自社製品詰め合わせのいずれかを贈呈(選択制)」というもの。2月末と8月末の株主に対して、年2回実施される。

コメダホールディングス独自のプリペイドカード「KOMECA」。基本的には「珈琲所コメダ珈琲店」で現金代わりに利用できるが、一部除外店舗もあるので注意。

コメダホールディングスが株主優待を導入するのは「株主の皆様の日頃からのご支援に感謝の気持ちを表すとともに、当社店舗のご利用を通じて、より多くの皆様にコメダへのご理解とご支援をいただくことを目的とするものであります」とのことだ。

コメダホールディングスの株主優待は、毎年2月末と8月末の株主名簿に記載された、100株(1単元)以上を保有する株主が対象となり、2016年8月末から適用される。

コメダホールディングスが新設する
株主優待の内容と優待利回りは?

コメダホールディングスが新設する株主優待の内容
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 2月末/8月末  100株以上 (以下のどちらかを選択)
◆オリジナルプリペイドカード「KOMECA」1200円
◆自社製品詰め合わせ        

コメダホールディングスの2016年6月29日時点の株価(終値)は1879円なので、優待利回りは以下のようになる(※年2回「KOMECA」を選択したものとして試算)。

  【コメダホールディングスの株主優待利回り】
 (100株保有の場合)
 投資金額:100株×1879円=18万7900円
 優待内容:「KOMECA」2400円分(2回分)
 株主優待利回り=2400円÷18万7900円×100=1.28%

 全国的に人気の喫茶店チェーン「珈琲所コメダ珈琲店」を有するコメダホールディングスが新設する株主優待は、「珈琲所コメダ珈琲店」で利用できるプリペイドカード「KOMECA」か、自社製品の詰め合わせ。「KOMECA」のほうは年2回で2400円分もらえるので、ファンには嬉しい限り。株主優待利回りも悪くはなく、使い勝手のよい優待商品と言えるだろう。

 なお、コメダホールディングスは、「珈琲所コメダ珈琲店」を展開している株式会社コメダを傘下に置く持ち株会社。「珈琲所コメダ珈琲店」を全国に700店舗近く展開するほか、甘味喫茶「おかげ庵」の店舗も徐々に増やす。2017年2月期の業績は、売上高が前期比9.4%増の237.6億円、経常利益が同4.7%増の68.7億円で、増収増益となっている。

■コメダホールディングス
業種 コード 市場 権利確定月
卸売業 3543 東証1部 2月/8月
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
1879円 100株 18万7900円 --
※株価などのデータは2016年6月29日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。