株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2016年5月27日 ザイ・オンライン編集部

まんだらけ、株主優待の内容を変更!
「まんだらけ株主優待券」を追加導入したことで
株主優待利回りが大幅にアップすることに!

 株式会社まんだらけが株主優待内容を変更すると2016年5月27日発表した。

■まんだらけ
業種 コード 市場 権利確定月
小売業 2652 東証2部 3月/9月
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
605円 100株 6万500円 0.17%
※株価などのデータは2016年5月27日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。
まんだらけの株主優待で贈呈されている『まんだらけZENBU』。

まんだらけの株主優待は、従来「100株以上保有する株主に、自社発行隔月刊誌『まんだらけZENBU』の贈呈、自社発行『宇宙全史』の小冊子販売パンフレットの提供(不定期発行。現在は新規申込を停止中)」という内容だった。

 今後もそれに変わりはないが、追加で「保有株数と継続保有期間に応じて『まんだらけ株主優待券』を贈呈」がプラスされ、株主優待の内容がより一層充実する。なお、「まんだらけ株主優待券」とは、全国のまんだらけの店舗で利用できる買い物券で、有効期間は毎年1月1日~12月31日までの1年間。毎年、12月に予定される定時株主総会後に贈呈される。

 この株主優待の変更は、2016年9月30日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

まんだらけの株主優待制度の変更前と変更後

(変更前)
 基準日  所有株式数  株主優待内容
 3月末/
 9月末
 100株以上  ①自社発行隔月刊誌「まんだらけZENBU」(定価1000円
(3月株主には3月以降~9月までの刊行分、
 9月株主には9月以降~3月までの刊行分を贈呈)
 ②自社発行「宇宙全史」の小冊子販売パンフレット
(不定期刊行)
(変更後)
 基準日  所有株式数  株主優待内容
 3月末/
 9月末
 100株以上  ①自社発行隔月刊誌「まんだらけZENBU」(定価1000円
(3月株主には3月以降~9月までの刊行分、
 9月株主には9月以降~3月までの刊行分を贈呈)
 ②自社発行「宇宙全史」の小冊子販売パンフレット
(不定期刊行)
 ③まんだらけ優待券
 ◆継続保有期間1年未満⇒2000円
 ◆継続保有期間1年以上⇒5000円
 500株以上  ①自社発行隔月刊誌「まんだらけZENBU」(定価1000円
(3月株主には3月以降~9月までの刊行分、
 9月株主には9月以降~3月までの刊行分を贈呈)
 ②自社発行「宇宙全史」の小冊子販売パンフレット
(不定期刊行)
 ③まんだらけ優待券
 ◆継続保有期間1年未満⇒4000円
 ◆継続保有期間1年以上⇒1万円
 1000株以上  ①自社発行隔月刊誌「まんだらけZENBU」(定価1000円
(3月株主には3月以降~9月までの刊行分、
 9月株主には9月以降~3月までの刊行分を贈呈)
 ②自社発行「宇宙全史」の小冊子販売パンフレット
(不定期刊行)
 ③まんだらけ優待券
 ◆継続保有期間1年未満⇒7000円
 ◆継続保有期間1年以上⇒2万円
 5000株以上  ①自社発行隔月刊誌「まんだらけZENBU」(定価1000円
(3月株主には3月以降~9月までの刊行分、
 9月株主には9月以降~3月までの刊行分を贈呈)
 ②自社発行「宇宙全史」の小冊子販売パンフレット
(不定期刊行)
 ③まんだらけ優待券
◆継続保有期間1年未満⇒1万円
◆継続保有期間1年以上⇒5万円

まんだらけの株主優待の利回りはどうなる?

まんだらけの2016年5月27日時点の株価(終値)は605円なので、変更後の株主優待利回りは以下のようになる。

【変更前】
(100株保有の場合)
投資金額:100株×605円=6万500円
優待商品:6000円(※「まんだらけZENBU」6冊分で計算)
株主優待利回り=6000円÷6万500円×100=9.92%

(500株保有の場合)
投資金額:500株×605円=30万2500円
優待商品:6000円
株主優待利回り=6000円÷30万2500円×100=1.98%

【変更後】
(100株・1年未満保有の場合)
投資金額:100株×605円=6万500円
優待商品:2000円(※権利確定月のみ保有し「まんだらけZENBU」はもらわず、「まんだらけ優待券」のみ受け取ったものと仮定)
株主優待利回り=2000円÷6万500円×100=3.31%

(100株・1年以上保有の場合)
投資金額:100株×605円=6万500円
優待商品:1万6000円(※権利確定月を含む13カ月継続保有と仮定し、その間に贈呈される「まんだらけZENBU」6冊分と「まんだらけ優待券」5000円分の合計金額)
株主優待利回り=1万1000円÷6万500円×100=18.18%

(500株・1年未満保有の場合)
投資金額:500株×605円=30万2500円
優待商品:4000円(※権利確定月のみ保有し「まんだらけZENBU」はもらわず、「まんだらけ優待券」のみ受け取ったものと仮定)
株主優待利回り=4000円÷30万2500円×100=1.32%

(500株・1年以上保有の場合)
投資金額:500株×605円=30万2500円
優待商品:2万6000円(※権利確定月2回を含む13カ月継続保有と仮定し、その間に贈呈される「まんだらけZENBU」6冊分と「まんだらけ優待券」1万円分の合計金額)
株主優待利回り=1万6000円÷30万2500円×100=5.29%

まんだらけの株主優待は、以前まで実質「まんだらけZENBU」のみだったが、今回の変更で買い物に利用できる「まんだらけ優待券」が導入されることに。もちろん、まんだらけで買い物をする人でなければ意味はないが、同社のファンにとっては大幅に利回りがアップ。長く保有していれば高額の優待券が定期的に送られてくるので、長期保有をする株主も増えそうだ。

 なお、まんだらけはマンガ専門古書店。マンガやアニメ関連のグッズ、DVD、CDなども取り扱う。1980年、中野ブロードウェイ内のマンガ古書店としてスタート。直近の業績は堅調で、同時に発表した「平成28年9月期売上高推移報告」では昨年10月~今年4月時点で前年比103.6%で推移している。

■まんだらけ
業種 コード 市場 権利確定月
小売業 2652 東証2部 3月/9月
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
605円 100株 6万500円 0.17%
※株価などのデータは2016年5月27日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。