株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2016年5月23日 ザイ・オンライン編集部

チムニー、株主優待の内容を変更!
2016年6月~2017年3月までの限定で
通常2回の株主優待が3回実施される!

チムニー株式会社が株主優待の内容を変更すると2016年5月23日に発表した。

チムニー
業種 コード 市場 権利確定月
※以下は2016年度限定
サービス業 3178 東証1部 6月、12月、3月
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
3015円 100株 30万1500円 0.76%
※株価などのデータは2016年5月23日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。
チムニーは「はなの舞」「さかなや道場」などの居酒屋を展開する飲食関連企業。
拡大画像表示

チムニーの株主優待は、従来「6月末と12月末時点で100株以上保有する株主に、お食事ご優待券500円券を10枚(年2回で20枚)。500株保有する株主に、お食事券500円券を30枚(年2回で60枚)贈呈。お食事ご優待券、お食事券は、同等額のチムニーオリジナル『ご優待品』に替えることも可能」というものだった。

 ちなみに、「お食事ご優待券」と「お食事券」は名前は似ているが、使い勝手が異なる。お食事ご優待券は「1回の食事でひとり1枚までしか利用できない」というルールになっているが、お食事券には利用制限がなく、一度に何枚も使うことができる。お食事ご優待券、お食事券ともに有効期限は送付されてから6カ月なので、お食事ご優待券のほうは頻繁にチムニー系列店に足を運ばないと余らせるリスクもある。余らせそうだと思われる場合は、あらかじめチムニーオリジナル優待品に替えておいたほうがいいだろう。

2015年12月末の5000円相当ご優待品の一つ「両国はなの舞ちゃんこセット」。

 お食事ご優待券やお食事券と替えられるチムニーオリジナルの優待品は、季節などに応じて毎回変更されている。参考までに2015年12月末の内容は以下のとおり。

【5000円分の優待品】
◆「チムニー干物セット」
◆「チムニー野菜セット」
◆「両国はなの舞ちゃんこセット」
◆「特撰米食べ比べセット」
◆「焼き菓子セット」
◆「こだわりの焼酎セット」
◆「北海道産豚肩ロースの特撰チャーシュー」
◆「島根県隠岐諸島海士町イカざんまいセット」
【1万円分の優待品】
◆「チムニー厳選ワイン6本セット」
◆「生本マグロ(大分県産)」


 今回株主優待の変更が発表されたが、基本的に上記の内容に変更はない(ご優待品の内容は毎回変わるため、上記のものからは変更される見込み)。ただし、チムニーは元々12月末の本決算を3月決算にすることを発表しており、その過渡期にあたる2016年度(2016年1月1日~2017年3月31日)は、変則的に15カ月決算となる。

 これに伴い、これまでの6月、12月の株主優待実施に加えて、2017年3月31日時点の株主名簿に記載または記録された株主にも、株主優待が実施される。以降は、3月、9月の年2回決算に変更の見込みで、年3回株主優待が実施されるのは今年度のみ。2017年3月株主への優待内容は「100株以上保有する株主に、お食事ご優待券500円券を5枚、500株以上保有する株主に、お食事券500円券を15枚」となり、6月株主、12月株主の半分相当の内容が贈呈される。

チムニーの株主優待制度の変更前と変更後

(変更前)
 基準日  所有株式数  株主優待内容
 6月末/
 12月末
 100株以上  お食事ご優待券500円券10枚(1回分)
(年2回合計では1万円相当)      
 ※同額のオリジナル優待品に交換も可能
 500株以上  お食事券500円券30枚(1回分)
(年2回合計では3万円相当)
 ※同額のオリジナル優待品に交換も可能
(変更後)※2016年度(2017年3月末まで)限定の変更
 基準日  所有株式数  株主優待内容
 6月末/
 12月末/
 3月末
 100株以上  お食事ご優待券500円券10枚(6月・12月)
 お食事ご優待券500円券5枚(3月)
 ⇒(年3回合計で1万2500円相当)
 ※同額のオリジナル優待品に交換も可能
 500株以上  お食事券500円券30枚(6月・12月)
 お食事ご優待券500円券15枚(3月)
 ⇒(年3回合計で3万7500円相当)
 ※同額のオリジナル優待品に交換も可能

 

チムニーの株主優待の利回りはどうなる?

チムニーの2016年5月23日時点の株価(終値)は3015円なので、変更後の株主優待利回りは以下のようになる。

【変更前】
(100株保有の場合)
投資金額:100株×3015円=30万1500円
優待商品:1万円相当(2回分)
株主優待利回り=1万円÷30万1500円×100=3.32%

(500株保有の場合)
投資金額:500株×3015円=150万7500円
優待商品:3万円相当(2回分)
株主優待利回り=3万円÷150万7500円×100=1.99%

【変更後】
(100株の場合)
投資金額:100株×3015円=30万1500円
優待商品:1万2500円相当(3回分)
株主優待利回り=1万2500円÷30万1500円×100=4.15%

(500株の場合)
投資金額:500株×3015円=150万7500円
優待商品:3万7500円相当(3回分)
株主優待利回り=3万7500円÷150万7500円×100=2.49%

チムニーの株主優待利回りは元々高く、お食事優待券やお食事券が不要であれば、お米などの魅力的なラインアップをそろえるオリジナル優待品と交換も可能とあって、人気があった。今回は期間限定の変更だが、優待実施回数が3回になることでさらに株主優待利回りがアップするので、チムニー系列店舗によく行く人以外にも、狙い目の銘柄と言えるだろう。

 なお、チムニーは「はなの舞」「さかなや道場」などの居酒屋を展開する外食関連大手。業績は好調で新規出店にも意欲的。2013年に酒類専門店チェーンのやまやの子会社化。今回、本決算を12月末から3月末に変更するのは、親会社に合わせるためのもの。

チムニー
業種 コード 市場 権利確定月
※以下は2016年度限定
サービス業 3178 東証1部 6月、12月、3月
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
3015円 100株 30万1500円 0.76%
※株価などのデータは2016年5月23日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。