株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2016年5月14日 ザイ・オンライン編集部

バイタルケーエスケーホールディングス(3151)、
株主優待の内容を変更すると発表!
1000株以上の株主に贈呈される商品が選択制に

 株式会社バイタルケーエスケーホールディングス(以下、バイタルKSKHD)が株主優待の内容を変更すると2016年5月12日に発表した。

■バイタルケーエスケーホールディングス(バイタルKSKHD)
業種 コード 市場 権利確定月
商社 3151 東証1部 毎年3月
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
955円 100株 9万5500円 2.09%
※株価などのデータは2016年5月13日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。

 

バイタルKSKHDは医薬品総合商社。バイタルネットとケーエスケーの経営統合によって設立された共同持ち株会社でもある。

バイタルKSKHDの株主優待は、従来「1000株以上保有する株主にべに花入りはと麦烏龍茶(275g×24缶入1ケース)を贈呈」という内容だった。

 今後、1000株以上保有する株主は、以下の3種類の中からひとつ、受け取る商品を選択できるようになる。
①べに花入りはと麦烏龍茶(275g×24缶入1ケース)
②プライベートブランド商品オーラプラスと食物繊維のオニオン風スープ(各1個)詰合
③はたけなか製麺(株)無塩温麺(うーめん)(90g×3束×6個)とヤマカノ醸造(株)うまーいつゆ(500ml×1本)


 この株主優待の変更は、2016年3月31日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

バイタルKSKHDの株主優待制度の変更前と変更後

(変更前)
 基準日  所有株式数  株主優待内容
 3月末  1000株以上  べに花入りはと麦烏龍茶(275g×24缶入1ケース)
約2800円相当)
(変更後)
 基準日  所有株式数  株主優待内容
 3月末  1000株以上  (以下の3種類の中から選択)
◆べに花入りはと麦烏龍茶(275g×24缶入1ケース)
約2800円相当)※各種オンラインショップでの実勢価格
◆プライベートブランド商品オーラプラスと
食物繊維のオニオン風スープ(各1個)詰合
約2800円相当)※KSKHD提携オンラインショップでの販売価格
◆はたけなか製麺(株)無塩温麺(うーめん)
(90g×3束×6個)とヤマカノ醸造(株)
うまーいつゆ(500ml×1本)(約2400円相当)
※はたけなか製麺、ヤマカノ醸造オンラインショップでの販売価格

 

バイタルKSKHDの株主優待の利回りはどうなる?

バイタルKSKHDの2016年5月13日時点の株価(終値)は955円なので、変更後の株主優待利回りは以下のようになる。

【変更前】
(1000株保有の場合)
投資金額:1000株×955円=95万5000円
優待商品:約2800円相当
株主優待利回り=2800円÷95万5000円×100=0.29%

【変更後】
※べに花入りはと麦烏龍茶、オーラプラスとスープの詰め合わせを選択した場合は株主優待利回りは変化なし。温麺とつゆのセットを選択した場合は以下のように変化。
(1000株保有の場合)
投資金額:1000株×955円=95万5000円
優待商品:約2400円相当
株主優待利回り=2400円÷95万5000円×100=0.25%

バイタルKSKHDの株主優待は、1000株以上保有する株主が対象。これまではべに花入りはと麦烏龍茶のセットと決まっていたが、今後はオーラプラス(口内環境の改善などを目的としたタブレット)、温麺などから選択できるようになり、興味を持つ人は増加するはずだ。ただ、温麺を選択すると、やや株主優待利回りが低下することだけは注意しておこう。

 なお、バイタルKSKHDは2009年4月に株式会社バイタルネットと株式会社ケーエスケーが共同持株会社を設立し、発足。医薬品総合商社として、医薬品卸売事業などを手がける(業界5位)。薬価改定などの影響を受けつつも、堅調に推移する医薬品市場とともに、業績は比較的安定した成長を続ける。

■バイタルケーエスケーホールディングス(バイタルKSKHD)
業種 コード 市場 権利確定月
商社 3151 東証1部 毎年3月
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
955円 100株 9万5500円 2.09%
※株価などのデータは2016年5月13日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。