株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2016年4月18日 ザイ・オンライン編集部

テクノアルファ、株主優待の内容を変更!
100株以上の株主に一律1000円のQUOカード贈呈へ
保有株数、期間によっては株主優待利回りがダウン!

 株式会社テクノアルファが株主優待の内容を変更すると2016年4月18日に発表した。

■テクノアルファ
業種 コード 市場 権利確定月
商社 3089 JASDAQ 毎年11月
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
1232円 100株 12万3200円 2.03%
※株価などのデータは2016年4月18日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。

 

テクノアルファは、東京に拠点を置く技術専門商社。1989年に設立。

テクノアルファの株主優待は、従来の「100株以上500株未満の株主で、継続保有期間が2年未満の場合はQUOカード1000円分、2年以上の場合はQUOカード3000円分。500株以上の株主で、継続保有期間が2年未満の場合はQUOカード2000円分、2年以上の場合はQUOカード5000円分」という内容から、今後は「100株以上保有する全株主に、一律でQUOカード1000円分」へと変更される。

 この株主優待の変更は、2016年11月30日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

テクノアルファの株主優待制度の変更前と変更後

(変更前)
 基準日  所有株式数  株主優待内容
 11月末  100株以上
 500株未満
 ◆継続保有期間2年未満⇒QUOカード1000円
 ◆継続保有期間2年以上⇒QUOカード3000円
 500株以上  ◆継続保有期間2年未満⇒QUOカード2000円
 ◆継続保有期間2年以上⇒QUOカード5000円
(変更後)
 基準日  所有株式数  株主優待内容
 11月末  100株以上  QUOカード1000円分            

 

テクノアルファの株主優待の利回りはどうなる?

テクノアルファの2016年4月18日時点の株価(終値)は1232円なので、変更後の株主優待利回りは以下のようになる。

【変更前】
(100株・2年未満の保有の場合)
投資金額:100株×1232円=12万3200円
QUOカード:1000円
株主優待利回り=1000円÷12万3200円×100=0.81%

(100株・2年以上の保有の場合)
投資金額:100株×1232円=12万3200円
QUOカード:3000円
株主優待利回り=3000円÷12万3200円×100=2.44%

(500株・2年未満の保有の場合)
投資金額:500株×1232円=61万6000円
QUOカード:2000円
株主優待利回り=2000円÷61万6000円×100=0.32%

(500株・2年以上の保有の場合)
投資金額:500株×1232円=61万6000円
QUOカード:5000円
株主優待利回り=5000÷61万6000円×100=0.81%

【変更後】
(100株の場合)
投資金額:100株×1232円=12万3200円
QUOカード:1000円
株主優待利回り=1000円÷12万3200円×100=0.81%

(500株の場合)
投資金額:500株×1232円=61万6000円
QUOカード:1000円
株主優待利回り=1000円÷61万6000円×100=0.16%

テクノアルファの株主優待は、以前まで株数や保有年数に応じて、もらえるQUOカードの金額が高くなっていた。しかし、これからは株数も保有年数も関係なく、最低単元以上の株主には年1回1000円のQUOカードが贈呈されることに。これにより、長期間保有している株主、多くの株数を持っている株主にとっては、株主優待利回りが大幅に低下する結果になってしまった。

 なお、テクノアルファは半導体製造装置、エレクトロニクスメーカー向けの電子材料・機器、振動膜ろ過装置といった環境機器の輸出入・販売などを手がける専門商社。このところの業績は低調だったが、次世代スマホ開発に向けた需要で、半導体製造装置の販売が改善し、復調の兆し。

■テクノアルファ
業種 コード 市場 権利確定月
商社 3089 JASDAQ 毎年11月
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
1232円 100株 12万3200円 2.03%
※株価などのデータは2016年4月18日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。