株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2016年4月15日 ザイ・オンライン編集部

TSIホールディングス、株主優待を変更!
「ジル スチュアート」など人気ブランドが20%割引!
株主優待利回りは従来の2~3倍に大幅アップ!

 株式会社TSIホールディングスが株主優待の内容を変更すると2016年4月12日に発表した。

■TSIホールディングス
業種 コード 市場 権利確定月
繊維製品 3608 東証1部 2月/8月
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
737円 100株 7万3700円 2.37%
※株価などのデータは2016年4月15日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。

 

「MIX.Tokyo」のサイト。利用には会員登録が必要(入会金・年会費は無料)。

TSIホールディングスの株主優待は、従来「同社のグループ会社が運営するオンラインショッピングサイト『MIX.Tokyo(ミックスドットトウキョウ)』での10万円(消費税込)までの買い物に対し、20%割引となる"優待券"を、年2回、保有株数に応じて贈呈(100株以上は3枚×年2回、500株以上は5枚×年2回、1000株以上は7枚×年2回)」だった。

 なお、対象ブランドは16ブランドで、内訳は以下のとおり。どれも大手ショッピングモールなどでも展開している人気ブランドだ。
●ナチュラルビューティーベーシック
●プロポーションボディドレッシング
●アンドバイピーアンドディー
●ジルスチュアート
●ジルバイジルスチュアート
●フリーズマート
●エヌナチュラルビューティーベーシック
●アドーア
●ヒューマンウーマン
●ヴィヴィアンタム
●ダイアンフォンファステンバーグ
●ボッシュ
●ナチュラルビューティー
●ピンキー&ダイアン
●ヴァンドゥー・オクトーブル
●アリスバーリー

 今回発表された株主優待の内容の変更点は以下の4点。
【変更①】割引対象ブランドの増加
 株主優待の変更後は、優待券で割引になる対象ブランドが増加し、上記の16ブランドに以下の8ブランドが加わることになった。
●ステューシー
●goa
●ナノ・ユニバース
●ローズ バッド
●パーリーゲイツ
●ジャックバニー
●ジオ ベルナルド
●マーガレット・ハウエル
(※「ナノ・ユニバース」のみ実店舗で割引。また「ステューシー」は割引券でなく1枚1000円の金券を保有株数に応じて配布)

【変更②】割引される買い物の上限額が増加
 2つ目の変更点は、1枚の20%割引優待券で買い物できる金額が、上限10万円から上限30万~40万円まで引き上げられた点(ブランド数が増加したことにより、「MIX.Tokyo」以外でも優待券を利用できるようになったが、サイトごとに優待券で買い物できる金額の上限は異なる)。

【変更③】割引券がクーポンブックになり、贈呈枚数も大幅増
 3つ目の変更点は、これまで100株以上の保有で1回3枚(年間6枚)、500株以上の保有で1回5枚(年間10枚)、1000株以上の保有で1回7枚(年間14枚)贈呈されていた優待券が「7枚つづりで1冊」のクーポンブックに変更される点。

 クーポンブックは、100株以上の保有で2冊(1冊×年2回)届くので、株主に贈呈される優待券は年間14枚に増加。500株以上の株主には年間で4冊(28枚)、1000株以上の株主には年間で6冊(42枚)贈呈される。

【変更④】継続保有の株主を優遇する制度を新設
 さらに、平成28年2月末から数えて3年以上継続保有する株主を優遇する制度も新設。100株以上の株主にはクーポンブックが年間4冊(28枚)、500株以上の株主には年間6冊(42枚)、1000株以上の株主には年間8冊(56枚)贈呈される。

 この株主優待の変更は、2016年2月29日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。2月末に権利を取っていた株主にとって、今回の株主優待内容の拡充は歓迎されそうだ。

TSIホールディングスの株主優待制度の変更前と変更後

(変更前)
 基準日  所有株式数  株主優待内容
 2月/8月  100株以上  「MIX.Tokyo」で利用できる20%割引優待券を年間6枚
 ※買い物金額の上限は1回あたり10万円まで(以下同)
 500株以上  「MIX.Tokyo」で利用できる20%割引優待券を年間10枚
 1000株以上  「MIX.Tokyo」で利用できる20%割引優待券を年間14枚
(変更後)
 基準日  所有株式数  株主優待内容
 2月/8月  100株以上  「MIX.Tokyo」など、同社のECサイトで利用できる20%
 割引
優待券を年間14枚(優待割引券7枚×2回)
 ※買い物金額の上限は1回あたり30万~40万円まで(以下同)
 500株以上  「MIX.Tokyo」など、同社のECサイトで利用できる20%
 割引
優待券を年間28枚(優待待割引券14枚×2回)
 1000株以上  「MIX.Tokyo」など、同社のECサイトで利用できる20%
 割引
優待券を年間42枚(優待待割引券28枚×2回)

 

 ※今後、TSIホールディングスの株式を継続保有し、平成28年2月末から数えて3年以上経過した場合(=平成31年2月末以降まで保有した場合)、贈呈される優待券が増えるため、株主優待利回りはさらにアップする。

TSIホールディングスの株主優待の利回りはどうなる?

TSIホールディングスの2016年4月15日時点の株価(終値)は737円なので、変更後の株主優待利回りは以下のようになる。
※一例として「優待券を使い、毎回1万円の買い物をした場合」で計算。

【変更前】
(100株の場合)
投資金額:100株×737円=7万3700円
優待割引:1万2000円(※1万円の買い物を6回、20%割引でした場合)
株主優待利回り=1万2000円÷7万7300円×100=16.28%

(500株の場合)
投資金額:500株×737円=36万8500円
優待割引:2万円(※1万円の買い物を10回、20%割引でした場合)
株主優待利回り=2万円÷36万8500円×100=5.43%

(1000株の場合)
投資金額:1000株×737円=73万7000円
優待割引:2万8000円(※1万円の買い物を14回、20%割引でした場合)
株主優待利回り=2万8000円÷73万7000円×100=3.80%

【変更後】
(100株の場合)
投資金額:100株×737円=7万3700円
優待割引:2万8000円(※1万円の買い物を14回、20%割引でした場合)
株主優待利回り=2万8000円÷7万3700円×100=37.99%

(500株の場合)
投資金額:500株×737円=36万8500円
優待割引:5万6000円(※1万円の買い物を28回、20%割引でした場合)
株主優待利回り=5万6000円÷36万8500円×100=15.20%

(1000株の場合)
投資金額:1000株×737円=73万7000円
優待割引:8万4000円(※1万円の買い物を42回、20%割引でした場合)
株主優待利回り=8万4000円÷73万7000円×100=11.40%

TSIホールディングスの場合、今回の変更によって贈呈される優待券が大幅増。これにより、株主優待利回りも大きく上昇した。上記は“1万円の買い物”に限定した場合の仮の利回りだが、もっと大きな買い物をすれば、優待の割引だけで、株式への投資金額を上回る場合もある。そのため、TSIホールディングスの取り扱いブランドのファンは、保有しておく価値があるだろう。

 なお、TSIホールディングスは東京スタイルとサンエー・インターナショナルが経営統合して誕生した、レディス衣類の有名ブランドを数多く手がける大手アパレル会社。元々は赤字体質だったが、近年は抜本的な構造改革により、業績は改善を見せている。

■TSIホールディングス
業種 コード 市場 権利確定月
繊維製品 3608 東証1部 2月/8月
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
737円 100株 7万3700円 2.37%
※株価などのデータは2016年4月15日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。