株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2016年3月23日 ザイ・オンライン編集部

ハークスレイ、株主優待の内容を変更!
従来の300株で「お米券(1kg、500円相当)」から
今後は300株で「QUOカード(500円)」に!

 株式会社ハークスレイが、株主優待制度を変更することを2016年3月22日に発表した。

ハークスレイ
業種 コード 市場 権利確定月
小売業 7561 東証1部 毎年3月
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
1171円 100株 11万7100円 3.84%
※株価などのデータは2016年3月23日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。

 

「ほっかほっか亭」などのフランチャイズを運営するハークスレイが株主優待の内容の変更を発表!

「ほっかほっか亭」などのフランチャイズを運営するハークスレイの株主優待は、従来の「300株以上保有する株主には、保有株数に応じて『お米券』を贈呈」という内容から「300株以上保有する株主には、保有株数に応じて『QUOカード』を贈呈」に変更される。

 この株主優待の変更は、2016年3月31日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

ハークスレイの株主優待制度の変更前と変更後

(変更前)
 基準日  所有株式数  株主優待内容
 3月末  300株以上500株未満  お米券1kg(500円)相当
 500株以上1000株未満  お米券3kg(1500円)相当
 1000株以上  お米券5kg(2500円)相当   
(変更後)
 基準日  所有株式数  株主優待内容
 3月末  300株以上500株未満  QUOカード500円分      
 500株以上1000株未満  QUOカード1000円分
 1000株以上  QUOカード2000円分

 

ハークスレイの株主優待の利回りはどうなる?

ハークスレイの2016年3月23日時点の株価(終値)は1171円なので、変更後の株主優待利回りは以下のようになる。なお、お米券(全国共通おこめ券)の価格は、全国共通おこめ券購入サイトで定価購入した場合の金額で算出。

【変更前】
(300株の場合)
投資金額:300株×1171円=35万1300円
(※単元株は100株だが、優待が受けられるのは300株以上の保有から)
優待でもらえる商品:お米券(1kg、500円相当)
株主優待利回り=500円÷35万1300円×100=0.14%

(500株の場合)
投資金額:500株×1171円=58万5500円
優待でもらえる商品:お米券(3kg、1500円相当)
株主優待利回り=1500円÷58万5500円×100=0.26%

(1000株の場合)
投資金額:1000株×1171円=117万1000円
優待でもらえる商品:お米券(5kg、2500円相当)
株主優待利回り=2500円÷117万1000円×100=0.21%

【変更後】
(300株の場合)
投資金額:300株×1171円=35万1300円
優待でもらえる商品:500円相当
株主優待利回り=500円÷35万1300円×100=0.14%

(500株の場合)
投資金額:500株×1171円=58万5500円
優待でもらえる商品:1000円相当
株主優待利回り=1000円÷58万5500円×100=0.17%

(1000株の場合)
投資金額:1000株×1171円=117万1000円
優待でもらえる商品:2000円相当
株主優待利回り=2000円÷117万1000円×100=0.17%

ハークスレイの株主優待利回りは、300株以上500株未満の株主の場合、変更後も変化はない。ただ、500株以上1000株未満、あるいは1000株以上保有する株主にとっては、株主優待利回りが若干低下する変更内容となっている。

 なお、ハークスレイは持ち帰り弁当販売店「ほっかほっか亭」のフランチャイズをプロデュースする会社。競争の厳しい“中食”業界の中で、業績が伸び悩む時期もあったが、近年は不採算店閉鎖を徹底し、高齢者向け弁当宅配に力を入れるなどして、堅調に推移している。

ハークスレイ
業種 コード 市場 権利確定月
小売業 7561 東証1部 毎年3月
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
1171円 100株 11万7100円 3.84%
※株価などのデータは2016年3月23日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。