桐谷さんの株主優待銘柄[2019年]
2014年2月5日 ザイ・オンライン編集部

株主優待名人・桐谷広人さんが自信満々で選んだ
「買い物券」の株主優待ベスト5!

スーパーやドラッグストアなどで普段使いができる買い物券。1位と2位の銘柄はなんと配当&株主優待利回りが6%以上に。数ある中から桐谷さんが自信満々で選んだ株主優待とは。株主優待優待名人・桐谷チョイスベスト5を大公開!

<買い物券の株主優待優待名人・桐谷格言>
1円も使わずに済む割引券より 額面券が吉!

◆どんな物がもらえる?
よく行く店を選んだら利回り効果は絶大に!

 スーパーやドラッグストア、家電量販店の株主優待で多いのが、店舗で使うことができる買い物券。日常的に使う店ならば、利回り効果が絶大。全国的に展開している店舗の買い物券は使い勝手もよく、金券ショップで換金もできる。
 「ビックカメラ(3048)の買い物券は、コジマ(7513)やソフマップなどでも使えますし、ユニーグループ(8270)は地方のスーパーですが、スーパーが近くになくても、傘下のコンビニ『サークルKサンクス』でも買い物券を使えるので便利」(桐谷さん)

 

 

株主優待優待名人・桐谷流の選び方&買い方
同じイオン系の株主優待券なら高利回りの銘柄を選ぶ!

 食事券同様に、買い物券についても、割引券よりも額面券を好む桐谷さん。桐谷さんが選んだ5銘柄はすべて額面券でもらえる株主優待だ。また、よく行く店の株主優待かどうかも重視する。

 「商品を見ているだけでも楽しく、図書カードとも併用払いができるヴィレッジヴァンガード(2769)にはよく行きますし、広島の実家に帰った時に車いすに乗った父と出歩きやすいイオン(8267)も株主優待で楽しみます。イオン系のスーパーなら全国共通の買い物券がもらえるので、最も利回りが高い、マックスバリュ中部(8171)の株を買うのがオススメですね。また、買い物券に限ったことではないですが、ビックカメラ(3048)などは長期継続保有して優遇を受けています」(桐谷さん)

 他方で、買い物券で支払うからといって、無駄な物を買ってしまいがちという悩みも。

「空港のJAL系列のお店でしか使えないJALUX(2729)は、一々交通費を払って羽田に行くわけにはいかないので、たまの帰省時に必ず使っています。あとは使い切れない買い物券は金券ショップで高値で売ります」(桐谷さん)