株主優待情報[2019年]
2019年4月24日 ザイ・オンライン編集部

「外食」の株主優待を“使いやすさ”でランキング!
ファミレス部門では「すかいらーくHD」、牛丼部門は
「すき家」の「ゼンショーHD」が店舗数でトップに!

「外食」の株主優待券をもらっても、使えなければ意味がない!そこで、ダイヤモンド・ザイでは、「外食」の株主優待を調査して「店舗数が多くて使いやすい優待銘柄」ランキングを作成!

ダイヤモンド・ザイの別冊付録「全銘柄版 株主優待完全カタログ」では、株主優待を実施している全1495銘柄の情報を大公開! 巻頭では、「スーパーマーケット」「ドラッグストア」「外食」「通販」などのジャンル別に”株主優待でもらえる割引券などが利用できる店舗数が多い順”にランキングを作成し、使い勝手の良さが証明された上位の銘柄をピックアップしている。

今回は「外食」の中でも人気が高い「ファミレス」と「牛丼」のジャンルで店舗数ランキング第1位になった銘柄を紹介するので参考にしてほしい!

「ファミレス」部門の第1位は2784店舗で使える「すかいらーくHD」!
配当+株主優待利回り4.46%と高利回りで、クーポンとの併用も可能!

 仕事中のランチでも、家族との外食でも大活躍する株主優待が「食事券」。しかし、店舗数が少なければ使いづらいので、できるだけ店舗数が多く、自宅や職場の近くに店舗がある銘柄を選ぶべきだ。そこで、ダイヤモンド・ザイ編集部では、「ファミレス」「牛丼」「居酒屋」「寿司」「ステーキ」などのジャンル別に株主優待券が利用できる店舗数をもとに「使いやすい“外食系”株主優待ランキング」を作成した!

 まず、「ファミレス」部門で第1位に輝いたのは「すかいらーくHD(3197)」。

すかいらーくHD」の株主優待でもらえる食事券は、「ガスト」や「バーミヤン」「夢庵」などで利用可能で、ファミレス系だけでも全国2700店以上で使えることになる。。

 株主優待でもらえる食事券の額面は保有株数によって変わるが、100株では年6000円分で、配当+株主優待利回りは4.46%(2019年4月8日時点)と高利回り。しかも、300株では年2万円分、500株では年3万3000円分、1000株以上では年6万9000円分と、保有株数が多くなるほど株主優待利回りが高くなるのも大きな特徴。

 スマホのアプリなどから取得できるクーポンと併用できるので、利回りをさらに高くすることができる。
【※関連記事はこちら!】
⇒【2018年12月の株主優待の内容と利回りを調査!】すかいらーく、マクドナルドなど、外食系の優待や、ビール大手3社、高利回りのQUOカード優待も多数!
(https://kabunushiyutai.diamond.jp/articles/-/186096)

「牛丼」店舗数ランキング1位は「すき家」の「ゼンショーHD」!
「なか卯」「ジョリーパスタ」など利用シーンが幅広い!

 そして「牛丼」部門で第1位に輝いたのは「すき家」を展開する「ゼンショーHD(7550)」。「すき家」は牛丼のバリエーションも豊富で、期間限定メニューも充実していて人気。優待券は「はま寿司」や「なか卯」「ココス」「華屋与兵衛」などでも使えて「使いやすさ」はピカイチ。特に、「はま寿司」は今回の「寿司ランキング」でも「スシロー」に次ぐ第2位にランクインしているほどの大手寿司チェーンなので利便性は抜群だろう。

 ダイヤモンド・ザイ6月号では、今回紹介した「ファミレス」と「牛丼」の2~3位のほか、「ファストフード」「居酒屋」「寿司」「ステーキ」の各部門で利用可能な店舗数が多い上位3銘柄も掲載中! 誌面を参考にして、いつもよりちょっと贅沢な食事を楽しんでほしい。ただし、「外食」の株主優待券は、使える時間帯や割引内容など、細かいサービスが店舗によって異なる場合があるので要注意。
【※関連記事はこちら!】
⇒株主優待名人・桐谷さんがサラリーマンにおすすめの投資法を伝授! 二度の大損を経験して悟った鉄則は「配当+優待利回り4%以上」の優待株を狙うこと!
(https://kabunushiyutai.diamond.jp/articles/-/174142)

ダイヤモンド・ザイ6月号には株主優待情報が満載!
別冊付録に加えて、本誌でも株主優待の大特集を掲載中

ザイ6月号

 今回は、発売中のダイヤモンド・ザイ6月号の別冊付録「全銘柄版 株主優待完全カタログ」から、「外食」のジャンルで、優待券の使える店舗が多く、使い勝手の良い2銘柄を抜粋した。別冊付録では、「スーパーマーケット」「ドラッグストア」などのジャンルでも、利用可能店舗が多い株主優待株のランキングを発表。さらに、株主優待を実施している全銘柄の情報も網羅されているので、ぜひチェックを!

 なお、ダイヤモンド・ザイ6月号の本誌でも、株主優待の特集を実施。あの株主優待名人・桐谷さんも登場し、買っていい株主優待株と買ってはいけない株主優待株をズバ斬りしている。手持ちの株主優待株を整理したい人、新たな投資先を見つけたい人は必見だ。

 ほかにも、本誌では「反撃の最強株」、マンガ「話題のキャッシュレスの『還元率競争』が無くなる日」「Jリートに見直し買いが集中 いま買ってもいい銘柄は?」など、今月もお得な情報が盛りだくさん。

 また、別冊付録は「全銘柄版 株主優待完全カタログ」に加え、お金について不安を感じている投資初心者に必要な情報が集まった「はたらくお金の教科書」もついてくる!

 ダイヤモンド・ザイ6月号は、全国の書店や楽天ブックスAmazonで好評発売中!