株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2019年3月9日 ザイ・オンライン編集部

ヨンキュウ(9955)、株主優待の新設で、配当+優待
利回り3%超に! 3月末時点で100株以上の株主に、
子会社で養殖した「うなぎ」の蒲焼などがもらえる!

【※2019年3月の株主優待の情報はこちら!】
【2019年3月の株主優待の内容と優待利回りを調査】ANA、ヤマダ電機、オリックス、タカラトミーなど、人気優待に加え、高利回りのQUOカード優待も充実!(https://kabunushiyutai.diamond.jp/articles/-/118784)


 養殖用稚魚や飼料の販売などを手掛けている株式会社ヨンキュウが、株主優待を新設することを2019年3月8日の15時に発表した。

ヨンキュウは養殖用稚魚、飼料、鮮魚販売などを手掛ける企業。本社は宇和島市。ヨンキュウは養殖用稚魚、飼料、鮮魚販売などを手掛ける企業。本社は宇和島市。
拡大画像表示

 ヨンキュウの新設する株主優待は、毎年3月末時点の株主が対象となり、内容は「100株以上保有する株主に、保有株数に応じて、同社の子会社である西日本養鰻で養殖したうなぎの蒲焼などを贈呈」というもの。

 ヨンキュウが株主優待を新設する目的は、「株主の皆様の日頃のご支援に感謝するとともに、当社株式への投資魅力を高め、より多くの皆様に当社株式を保有していただくこと」とのことだ。

 ヨンキュウの株主優待は、2019年3月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から実施される。

ヨンキュウの株主優待制度の詳細と利回りは?

 ◆ヨンキュウの株主優待制度の詳細
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 3月末  100株以上
 500株未満
 うなぎの蒲焼など3000円相当
 500株以上
 1000株未満
 うなぎの蒲焼など5000円相当
 1000株以上
 5000株未満
 うなぎの蒲焼など8000円相当
 5000株以上  うなぎの蒲焼など1万3000円相当

 ヨンキュウの2019年3月8日時点の株価(終値)は1389円なので、株主優待利回りを計算すると、以下のようになる。

(100株保有の場合)
投資金額:100株×1389円=13万8900円
優待品:3000円相当
優待利回り=3000円÷13万8900円×100=2.15%

(500株保有の場合)
投資金額:500株×1389円=69万4500円
優待品:5000円相当
優待利回り=5000円÷69万4500円×100=0.71%

(1000株保有の場合)
投資金額:1000株×1389円=138万9000円
優待品:8000円相当
優待利回り=8000円÷138万9000円×100=0.57%

(5000株保有の場合)
投資金額:5000株×1389円=694万5000円
優待品:1万3000円相当
優待利回り=1万3000円÷694万5000円×100=0.18%

 ヨンキュウの株主優待品は、子会社の「西日本養鰻」で養殖した「うなぎ」の蒲焼など。株主優待品には選択肢が設定されるようだが、現時点では「うなぎ」の蒲焼以外の優待品は不明。株主優待利回りは100株保有時が2.15%でもっとも高くなり、配当利回りは0.86%と高くはないが、配当+優待利回りは3.01%に。食品系の株主優待は個人投資家からの注目度が高いので、株式市場でも注目を集めることがありそうだ。
【※関連記事はこちら!】
株主優待名人・桐谷さんがサラリーマンにおすすめの投資法を伝授! 二度の大損を経験して悟った鉄則は「配当+優待利回り4%以上」の優待株を狙うこと!(https://kabunushiyutai.diamond.jp/articles/-/174142)

ヨンキュウは愛媛県宇和島市に本社を置き、養殖用稚魚や鮮魚の販売などを手掛けている企業。2019年3月期(通期)の連結業績予想は、すべて前期比で売上高6.0%増、営業利益1.0%増、経常利益1.0%増、当期純利益1.0%増。


【※2019年3月の株主優待の情報はこちら!】
【2019年3月の株主優待の内容と優待利回りを調査】ANA、ヤマダ電機、オリックス、タカラトミーなど、人気優待に加え、高利回りのQUOカード優待も充実!

■ヨンキュウ
業種 コード 市場 権利確定月
卸売業 9955 JASDAQスタンダード 3月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
1389円 100株 13万8900円 0.86%
※株価などのデータは2019年3月8日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。