株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2019年2月13日 ザイ・オンライン編集部

西川ゴム工業(5161)、「QUOカード」の株主優待の
変更! 保有株数が1000株以上なら「QUOカード」の
額面が1000円⇒2000円へと2倍に増額されることに

【※2019年2月の株主優待の情報はこちら!】
【2019年2月の株主優待の内容と優待利回りを調査】イオンやビックカメラ、吉野家、コメダなど、買い物&外食系の人気銘柄に加えて、新設+拡充情報も紹介


 西川ゴム工業株式会社が、株主優待を実質的に拡充することを、2019年2月8日の14時に発表した。

西川ゴム工業(5161)の株主優待西川ゴム工業は、主に自動車部品を手掛ける企業。
拡大画像表示

西川ゴム工業の株主優待は、毎年3月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上を保有する株主に、保有株数に応じて『自社開発関連商品(※例年スキンケア商品などが贈呈されている)』と『QUOカード』を贈呈」という内容だった。

 今後もその点に変わりはないが、贈呈される「自社開発関連商品」と「QUOカード」の額面が一部変更される。1000株以上を保有の場合、従来は「自社開発関連商品」が2000円分、「QUOカード」が1000円分だったが、変更後は「自社開発関連商品」が1000円分、「QUOカード」が2000円分となる高くなる。同じように5000株以上を保有の場合、従来は「自社開発関連商品」が3000円分、「QUOカード」が2000円分だったが、変更後は「自社開発関連商品」が1000円分、「QUOカード」が4000円分となる高くなる。なお、100株以上~1000株未満を保有の場合は変更はなし。

 西川ゴム工業の株主優待の変更は、2019年3月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

西川ゴム工業の株主優待の変更前と変更後

(変更前)
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 3月末  100株以上
 1000株未満
 ◆自社開発関連商品500円相当
 ◆QUOカード500円分
 1000株以上
 5000株未満
 ◆自社開発関連商品2000円相当
 ◆QUOカード1000円分
 5000株以上  ◆自社開発関連商品3000円相当
 ◆QUOカード2000円分
(変更後)
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 3月末  100株以上
 1000株未満
 ◆自社開発関連商品500円相当
 ◆QUOカード500円分
 1000株以上
 5000株未満
 ◆自社開発関連商品1000円相当
 ◆QUOカード2000円分
 5000株以上  ◆自社開発関連商品1000円相当
 ◆QUOカード4000円分

西川ゴム工業の株主優待の利回りは?

 西川ゴム工業の2019年2月13日時点の株価(終値)は1980円なので、株主優待利回りは以下のようになる(※利回りは変更前後で変動なし)

(100株保有の場合)
投資金額:100株×1980円=19万8000円
優待品:1000円分
株主優待利回り=1000円÷19万8000円×100=0.50%

(1000株保有の場合)
投資金額:1000株×1980円=198万円
優待品:3000円分
株主優待利回り=3000円÷198万円×100=0.15%

(5000株保有の場合)
投資金額:5000株×1980円=990万円
優待品:5000円分
株主優待利回り=5000円÷990万円×100=0.05%

 西川ゴム工業の株主優待は「自社開発関連商品」と「QUOカード」。今回の変更により、1000株以上の株主は、従来よりも受け取る「QUOカード」の額面がアップすることになった。ただし、「自社開発関連商品」との合計額は変わらないので株主優待利回りは従来のまま、低い水準にとどまっている。

 なお、西川ゴム工業は主に自動車部品を手掛ける企業で、本社は広島市。株主優待の変更と同時に2019年3月期の連結業績予想を上方修正しており、すべて前期比で売上高2.4%増、営業利益10.9%減、経常利益6.8%減、当期純利益122.3%増。


【※2019年2月の株主優待の情報はこちら!】
【2019年2月の株主優待の内容と優待利回りを調査】イオンやビックカメラ、吉野家、コメダなど、買い物&外食系の人気銘柄に加えて、新設+拡充情報も紹介

■西川ゴム工業
業種 コード 市場 権利確定月
ゴム製品 5161 東証2部 3月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
1980円 100株 19万8000円 2.02%
※株価などのデータは2019年2月13日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。