株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2019年2月5日 ザイ・オンライン編集部

平河ヒューテック、QUOカードの株主優待を新設し、
配当+優待利回りが3.51%にアップ! 夜間取引では
19.8%も株価が上昇、明日の大幅な株価上昇は確実!

【※2019年2月の株主優待の情報はこちら!】
【2019年2月の株主優待の内容と優待利回りを調査】イオンやビックカメラ、吉野家、コメダなど、買い物&外食系の人気銘柄に加えて、新設+拡充情報も紹介


平河ヒューテック株式会社が、株主優待を新設することを、2019年2月5日の15時30分に発表した。

平河ヒューテック(5821)の株主優待平河ヒューテックは電線や電子・医療部品などを手掛けている企業。
拡大画像表示

平河ヒューテックが新設する株主優待は、毎年3月末時点の株主が対象となり、内容は「100株以上を保有する株主に『QUOカード』2000円分を贈呈」というもの。

 平河ヒューテックが株主優待を新設する目的は、「株主の皆様の日頃のご支援に感謝するとともに、当社株式の魅力を高め、中長期的に渡り当社株式を保有していただくこと」とのことだ。

 平河ヒューテックの株主優待は、2019年3月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から実施される。

平河ヒューテックが新設する株主優待の詳細と利回りは?

 ■平河ヒューテックが新設する株主優待の詳細
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 3月末  100株以上  QUOカード2000円分

 平河ヒューテックの2019年2月5日時点の終値は1235円なので、株主優待利回りは以下のようになる。

(100株保有の場合)
投資金額:100株×1235円=12万3500円
優待品:QUOカード2000円分
株主優待利回り=2000円÷12万3500円×100=1.61%

平河ヒューテックが新設する株主優待は、個人投資家に人気がある「QUOカード」。株主優待利回りは100株保有時で1.61%だが、同社は配当利回りが1.90%あるので、100株保有時の配当+優待利回り=3.51%になる。「QUOカード」の株主優待としては利回りが高いこともあり、本日(2019年2月5日)の発表後のSBI証券の夜間取引(PTS取引)では一時、株価が本日終値1235円よりも245円も高い1480円(+19.8%)を記録している。明日(2月6日)以降の株式市場でも大幅に株価が上昇することになりそうだ。
【※関連記事はこちら!】
株主優待名人・桐谷さんがサラリーマンにおすすめの投資法を伝授! 二度の大損を経験して悟った鉄則は「配当+優待利回り4%以上」の優待株を狙うこと!

 なお、平河ヒューテックは電線や電子・医療部品などを手掛ける企業。2019年3月期(通期)の連結業績予想は、すべて前期比で売上高5.4%増、営業利益19.7%増、経常利益19.6%増、当期純利益11.0%増と堅調を見込む。


【※2019年2月の株主優待の情報はこちら!】
【2019年2月の株主優待の内容と優待利回りを調査】イオンやビックカメラ、吉野家、コメダなど、買い物&外食系の人気銘柄に加えて、新設+拡充情報も紹介

■平河ヒューテック
業種 コード 市場 権利確定月
非鉄金属 5821 東証1部 3月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
1235円 100株 12万3500円 1.90%
※株価などのデータは2019年2月5日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。