株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2019年2月2日 ザイ・オンライン編集部

三井製糖(2109)、株主優待を一部変更も、配当+優待
利回り=4.88%をキープ! たくさんの砂糖がもらえる
優待品の内容は据え置きも、業績予想の下方修正も!

【※2019年2月の株主優待の情報はこちら!】
【2019年2月の株主優待の内容と優待利回りを調査】イオンやビックカメラ、吉野家、コメダなど、買い物&外食系の人気銘柄に加えて、新設+拡充情報も紹介


 三井製糖株式会社が、株主優待を一部変更することを2019年2月1日に発表した。

三井製糖はスプーン印の砂糖で知られる企業。三井製糖は「スプーン印」で知られる製糖業界の大手企業。
拡大画像表示

 三井製糖は、毎年3月末時点の株主を対象として株主優待を実施しており、従来の内容は「100株以上を保有する株主に自社製品3000円相当を贈呈。1000株以上を保有する株主には自社製品3000円相当に加えて、金券2000円分を贈呈」というものだった。

 今後もその点に変更はないが、新たに株主優待品に替えて、社会貢献活動団体への寄付も選択できるようになる。

 この株主優待の変更は、2019年3月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

三井製糖の株主優待の変更前と変更後

 (変更前)
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 3月末  100株以上
 1000株未満
 自社製品(砂糖など)3000円相当
 1000株以上  ◆自社製品(砂糖など)3000円相当
 ◆金券2000円分
 (変更後)
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 3月末  100株以上
 1000株未満
 ※以下のいずれかを選択
 (1)自社製品(砂糖など)3000円相当
 (2)社会貢献活動団体への寄付3000円分
 1000株以上  ※以下のいずれかを選択
 (1)自社製品(砂糖など)3000円相当と金券2000円分
 (2)社会貢献活動団体への寄付5000円分

三井製糖の株主優待利回りは?

 三井製糖の2019年2月1日時点の株価(終値)は2861円なので、株主優待利回りを計算すると、以下のようになる(※今回の変更による株主優待利回りの変動はない)。

(100株保有の場合)
投資金額:100株×2861円=28万6100円
優待品:3000円相当
優待利回り=3000円÷28万6100円×100=1.04%

(1000株保有の場合)
投資金額:1000株×2861円=286万1000円
優待品:5000円相当
優待利回り=5000円÷286万1000円×100=0.17%

 三井製糖の株主優待は自社製品で、例年はさまざまな種類の砂糖が贈呈されている。100株以上を保有すると3000円相当の砂糖がもらえるが、そもそも砂糖は価格がそれほど高くないため、3000円相当でも「想像以上にたくさん届く」という声も聞かれ、個人投資家からの注目度も高い。今回の変更では、選択肢として「社会貢献活動団体への寄付」が加わっただけで、自社製品や金券がもらえる点に変わりはないので、株価への影響はないだろう。なお、同社の配当利回りは3.84%なので、100株保有時の配当+優待利回り=4.88%と高い水準になっている。
【※関連記事はこちら!】
株主優待名人・桐谷さんがサラリーマンにおすすめの投資法を伝授! 二度の大損を経験して悟った鉄則は「配当+優待利回り4%以上」の優待株を狙うこと!

三井製糖は「スプーン印」で知られる製糖業界の大手企業。株主優待の変更を発表する前日の2019年1月31日に、2019年3月期(通期)の連結業績予想の下方修正を発表。すべて前期比で売上高0.3%減、営業利益41.8%減、経常利益20.6%減、当期純利益19.4%減としている。海外粗糖相場の低迷や天候不順、海外投資における調査等関連費用が発生したことなどが要因。


【※2019年2月の株主優待の情報はこちら!】
【2019年2月の株主優待の内容と優待利回りを調査】イオンやビックカメラ、吉野家、コメダなど、買い物&外食系の人気銘柄に加えて、新設+拡充情報も紹介

■三井製糖
業種 コード 市場 権利確定月
食料品 2109 東証1部 3月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
2861円 100株 28万6100円 3.84%
※株価などのデータは2019年2月1日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。