株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2019年1月28日 ザイ・オンライン編集部

八洲電機(3153)、株主優待に長期保有優遇制度の導入
を発表! 1年以上の保有で「ジェフグルメカード」の
額面が2倍になり、配当+優待利回り3.6%にアップ!

【※2019年2月の株主優待の情報はこちら!】
【2019年2月の株主優待の内容と優待利回りを調査】イオンやビックカメラ、吉野家、コメダなど、買い物&外食系の人気銘柄に加えて、新設+拡充情報も紹介


八洲電機株式会社が、株主優待を変更することを2019年1月23日に発表した。

八洲電機(3153)の株主優待八洲電機は、省エネ化や高効率化を目的としたシステムを提供するプラント事業や、産業システム事業を主軸とする企業。
拡大画像表示

 八洲電機は、毎年9月末時点の株主を対象として株主優待を実施しており、従来の内容は「100株以上200株未満を保有する株主に『東日本復興支援ジェフグルメカード』500円分を贈呈。200株以上を保有する株主に『東日本復興支援ジェフグルメカード』2000円分を贈呈」というものだった。

 今後もこの内容に変更はないが、新たに「長期保有特典(長期保有優遇制度)」が導入される。

 具体的には、「100株以上200株未満を、1年未満保有する株主に『東日本復興支援ジェフグルメカード』500円分、1年以上継続保有する株主に『東日本復興支援ジェフグルメカード』1000円分を贈呈。200株以上を、1年未満保有する株主に『東日本復興支援ジェフグルメカード』2000円分、1年以上継続保有する株主に『東日本復興支援ジェフグルメカード』2500円分を贈呈」となる。

 この株主優待の変更は、2019年9月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

八洲電機の株主優待の詳細と利回りは?

 (変更前)
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 9月末  100株以上
 200株未満
 東日本復興支援ジェフグルメカード500円分
 200株以上  東日本復興支援ジェフグルメカード2000円分
 (変更後)
 基準日  保有株式数  保有期間  株主優待内容
 9月末  100株以上
 200株未満
 1年未満  東日本復興支援ジェフグルメカード500円分
 1年以上  東日本復興支援ジェフグルメカード1000円分
 200株以上  1年未満  東日本復興支援ジェフグルメカード2000円分
 1年以上  東日本復興支援ジェフグルメカード2500円分
 備考  ※継続保有期間1年以上とは、同一株主番号で9月末日及び3月末日の株主名簿に、
  連続して3回以上記載または記録されていることとする。

 八洲電機の2019年1月28日時点の株価(終値)は814円なので、株主優待利回りを計算すると、以下のようになる。

【変更前】
(100株保有の場合)
投資金額:100株×814円=8万1400円
優待品:500円分
優待利回り=500円÷8万1400円×100=0.61%

(200株保有の場合)
投資金額:200株×814円=16万2800円
優待品:2000円分
優待利回り=2000円÷16万2800円×100=1.22%

【変更後】
(100株・1年未満保有の場合)
投資金額:100株×814円=8万1400円
優待品:500円分
優待利回り=500円÷8万1400円×100=0.61%

(100株・1年以上保有の場合)
投資金額:100株×814円=8万1400円
優待品:1000円分
優待利回り=1000円÷8万1400円×100=1.22%

(200株・1年未満保有の場合)
投資金額:200株×814円=16万2800円
優待品:2000円分
優待利回り=2000円÷16万2800円×100=1.22%

(200株・1年以上保有の場合)
投資金額:200株×814円=16万2800円
優待品:2500円分
優待利回り=2500円÷16万2800円×100=1.53%

 八洲電機の株主優待は、個人投資家からの注目度が高い「ジェフグルメカード」。しかも、八洲電機でもらえるのは、全国3万5000店舗で使えるだけでなく、500円券1枚ごとに5円の寄付が東北地方太平洋沖地震の被災地への復興支援事業に回される「東日本復興支援ジェフグルメカード」だ(復興支援活動寄付金はジェフグルメカードが負担するので額面500円分は丸々利用できる)。今回、新たに長期保有優遇制度が導入され、1年以上保有した場合、100株以上~200株未満の株主に贈呈される「ジェフグルメカード」の額面は2倍になり、配当+株主優待利回りは3.68%にまで上昇。これを機として継続保有を検討してみてもよさそうだ。
【※関連記事はこちら!】
株主優待名人・桐谷さんがサラリーマンにおすすめの投資法を伝授! 二度の大損を経験して悟った鉄則は「配当+優待利回り4%以上」の優待株を狙うこと!

 なお、八洲電機は、東京都港区に本社を置く、日立系商社。主にガス・石油・化学などのエネルギーおよび素材産業に向けたプラントおよび関連機器などの納入をするプラント事業と、空調・冷熱・圧縮機などの環境制御や社会インフラを担う製品システムを提供する産業・交通事業を主軸としている。2019年3月期(通期)の連結業績予想は、すべて前期比で売上高3.4%増、営業利益12.4%増、経常利益10.5%増、当期純利益7.9%増と堅調。


【※2019年2月の株主優待の情報はこちら!】
【2019年2月の株主優待の内容と優待利回りを調査】イオンやビックカメラ、吉野家、コメダなど、買い物&外食系の人気銘柄に加えて、新設+拡充情報も紹介

■八洲電機
業種 コード 市場 権利確定月
卸売業 3153 東証1部 9月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
814円 100株 8万1400円 2.46%
※株価などのデータは2019年1月28日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。