株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2019年1月23日 ザイ・オンライン編集部

ダイキョーニシカワ、QUOカードの株主優待の新設で
配当+優待利回り3.4%超に! 3月末に100株保有で
500円分、3年以上の継続保有で1000円分もらえる!

【※2019年1月の株主優待の情報はこちら!】
【2019年1月の株主優待の内容と利回りを調査!】定番のダイドーグループ、丸千代山岡家、鳥貴族や、優待リニューアルのタカショーなど注目銘柄を紹介!


ダイキョーニシカワ株式会社が、株主優待を新設することを、2019年1月23日の15時に発表した。

ダイキョーニシカワ(4246)の株主優待ダイキョーニシカワは自動車樹脂部品などを手掛ける企業。
拡大画像表示

ダイキョーニシカワが新設する株主優待は、毎年3月末時点の株主が対象となり、内容は「100株以上を保有する株主に『QUOカード』500円分を贈呈(継続保有期間が3年以上の場合は1000円分を贈呈)」というもの。

 ダイキョーニシカワが株主優待を新設する目的は、「株主の皆様の日頃のご支援に感謝するとともに、株主還元方法を多様化し、より多くの方々に中長期的に当社株式を保有していただくこと」とのことだ。

 ダイキョーニシカワの株主優待は、2019年3月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から実施される。

ダイキョーニシカワが新設する株主優待の詳細と利回りは?

 ■ダイキョーニシカワが新設する株主優待の詳細
 基準日  保有株式数  保有期間  株主優待内容
 3月末  100株以上  3年未満  QUOカード500円分
 3年以上  QUOカード1000円分
 備考  ※継続保有期間3年以上とは、2019年3月31日を起算点として、以降、同一株主番号で
  3月末、9月末時点の株主名簿に7回以上連続して記録されていることが条件。

 ダイキョーニシカワの2019年1月23日時点の終値は1121円なので、株主優待利回りは以下のようになる。

(100株保有の場合)
投資金額:100株×1121円=11万2100円
優待品:QUOカード500円分
株主優待利回り=500円÷11万2100円×100=0.44%

ダイキョーニシカワが新設する株主優待は、個人投資家に人気がある「QUOカード」。100株保有で500円分だが、長期保有優遇制度でがあるので3年以上にわたって継続保有すれば2倍の1000円分になる。同社は配当利回りが3.03%あるので、100株保有時の配当+優待利回り=3.47%3年以上の継続保有後は3.92%にアップする。なお、継続保有期間は2019年3月末を基準にカウントが始まるので、長期保有優遇制度の対象になって1000円分のQUOカードがもらえるのは早くても2022年3月に実施される株主優待からになるので要注意。
【※関連記事はこちら!】
株主優待名人・桐谷さんがサラリーマンにおすすめの投資法を伝授! 二度の大損を経験して悟った鉄則は「配当+優待利回り4%以上」の優待株を狙うこと!

 なお、ダイキョーニシカワは自動車樹脂部品などを手掛ける企業で、本社は広島県安芸郡。2019年3月期(通期)の連結業績予想は、すべて前期比で売上高4.7%増、営業利益22.4%減、経常利益25.3%減、当期純利益23.0%減。西日本豪雨による損失や設備投資・人件費の拡大などが減益要因に。


【※2019年1月の株主優待の情報はこちら!】
【2019年1月の株主優待の内容と利回りを調査!】定番のダイドーグループ、丸千代山岡家、鳥貴族や、優待リニューアルのタカショーなど注目銘柄を紹介!

■ダイキョーニシカワ
業種 コード 市場 権利確定月
化学 4246 東証1部 3月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
1121円 100株 11万2100円 3.03%
※株価などのデータは2019年1月23日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。