株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2019年1月24日 ザイ・オンライン編集部

日本モーゲージサービス、株主優待の拡充で、配当+
優待利回り5%超にアップ! 優待品のQUOカードの
額面が3倍になり、長期保有でカタログギフトも追加!

【※2019年1月の株主優待の情報はこちら!】
【2019年1月の株主優待の内容と利回りを調査!】定番のダイドーグループ、丸千代山岡家、鳥貴族や、優待リニューアルのタカショーなど注目銘柄を紹介!


日本モーゲージサービス株式会社が、株主優待の拡充を2019年1月21日に発表した。

日本モーゲージ(7192)の株主優待日本モーゲージサービスは「フラット35」の貸付などを手掛ける企業。
拡大画像表示

 日本モーゲージサービスは、毎年3月末時点の株主を対象として株主優待を実施しており、従来の内容は「100株以上を保有する株主に『QUOカード』1000円分を贈呈。1500株以上を保有する株主に『QUOカード』1000円分とグループ会社運営施設で使える『宿泊優待券』を1枚贈呈」というものだった。

 変更後は、保有株数による優待内容の違いはなくなって、100株以上に一本化され、その代わりに継続保有期間によって株主優待の内容が変動することに。具体的には「100株以上を1年未満保有する株主に『QUOカード』3000円分を贈呈。100株以上を1年以上3年未満保有する株主に『QUOカード』3000円分とカタログギフト(4500円相当)を贈呈。100株以上を3年以上保有する株主に『QUOカード』3000円分とカタログギフト(9000円相当)を贈呈」となっている。つまり、100株以上の保有で、保有期間が1年未満の場合でも、株主優待でもらえる「QUOカード」の額面が従来の3倍に増額されることになる。

 この株主優待の拡充は、2019年3月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

 なお、日本モーゲージサービスは、株主優待の拡充と同時に、2019年3月期の期末配当予想を修正。従来予想は1株あたり10円(普通配当8円と記念配当2円)だったが、修正後は1株あたり35円(普通配当20円と記念配当15円)となる。

日本モーゲージサービスの株主優待制度の変更前と変更後

 (変更前)
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 3月末  100株以上  QUOカード1000円分
 1500株以上  ◆QUOカード1000円分
 ◆宿泊優待券×1枚
 (変更後)
 基準日  保有株式数  保有期間  株主優待内容
 3月末  100株以上  1年未満  QUOカード3000円分
 1年以上3年未満  ◆QUOカード3000円分
 ◆カタログギフト4500円相当
 3年以上  ◆QUOカード3000円分
 ◆カタログギフト9000円相当
 備考  ※継続保有期間は、3月末日および9月末日の株主名簿に連続して記載される
  同一の株主番号の回数を基準とする。
  3年以上:直近株主名簿に連続7回以上記載
  1年以上3年未満:直近株主名簿に連続3回以上6回記載
  1年未満:直近株主名簿に記載が2回以下
 ※カタログギフトは社会貢献の一環として、大地震や大型台風などの被害を受けた
  地域の産品を中心に集めている。

日本モーゲージサービスの株主優待の利回りは?

 日本モーゲージサービスの2019年1月24日時点の株価(終値)は1290円なので、株主優待利回りを計算すると、以下のようになる(※変更前の株主優待である『宿泊優待券』は考慮しない)。

【変更前】
(100株保有の場合)
投資金額:100株×1290円=12万9000円
優待品:1000円分
優待利回り=1000円÷12万9000円×100=0.77%

(1500株保有の場合)
投資金額:1500株×1290円=193万5000円
優待品:1000円相当
優待利回り=1000円÷193万5000円×100=0.05%

【変更後】
(100株・1年未満保有の場合)
投資金額:100株×1290円=12万9000円
優待品:3000円相当
優待利回り=3000円÷12万9000円×100=2.32%

(100株・1年以上3年未満保有の場合)
投資金額:100株×1290円=12万9000円
優待品:7500円相当
優待利回り=7500円÷12万9000円×100=5.81%

(100株・3年以上保有の場合)
投資金額:100株×1290円=12万9000円
優待品:1万2000円相当
優待利回り=1万2000円÷12万9000円×100=9.30%

 日本モーゲージサービスの株主優待は、100株保有時にもらえる「QUOカード」の額面が1000円分⇒3000円分に大幅に増額され、さらに保有期間が1年以上~3年未満ならカタログギフト4500円相当、3年以上ならカタログギフト9000円相当が追加でもらえるようになった。「QUOカード」も「カタログギフト」も、いずれも投資家に人気の優待品であり、しかも今回の変更で株主優待利回りは従来の0.77%から2.32~9.30%(※継続保有期間により異なる)と大幅にアップすることになった。

 しかも、日本モーゲージサービスは、株主優待の拡充と同時に配当予想の修正(増配)も発表したため、100株・1年未満保有時の株主優待+配当利回りは5.03%に上昇。今回の株主優待の拡充と増配は2019年1月21日の15時に発表され、株価は21日の終値884円から22日終値は1034円に、1月23日終値は1334円に上昇。1月24日には一時1464円を記録して、発表前から60.3%も株価が上昇した。ただし、1月24日の終値は1290円となっている。
【※関連記事はこちら!】
株主優待名人・桐谷さんがサラリーマンにおすすめの投資法を伝授! 二度の大損を経験して悟った鉄則は「配当+優待利回り4%以上」の優待株を狙うこと!

日本モーゲージサービスは、東京都港区に本社を置く、長期固定金利の住宅ローン「フラット35」の貸し付けを主に手掛けている企業。2019年3月期(通期)の連結業績予想は、すべて前期比で営業収益0.1%増、営業利益33.5%増、経常利益33.2%増、当期純利益30.2%増となっている。


【※2019年1月の株主優待の情報はこちら!】
【2019年1月の株主優待の内容と利回りを調査!】定番のダイドーグループ、丸千代山岡家、鳥貴族や、優待リニューアルのタカショーなど注目銘柄を紹介!

■日本モーゲージサービス
業種 コード 市場 権利確定月
その他金融業 7192 東証1部 3月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
1290円 100株 13万3400円 2.71%
※株価などのデータは2019年1月24日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。