株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2019年1月17日 ザイ・オンライン編集部

スター・マイカ、株主優待を改悪! 年2回⇒年1回に
なり、美容・健康・生活商品(2800円相当)の贈呈が
なくなり、今後は1000円分の「QUOカード」のみに

【※2019年1月の株主優待の情報はこちら!】
【2019年1月の株主優待の内容と利回りを調査!】定番のダイドーグループ、丸千代山岡家、鳥貴族や、優待リニューアルのタカショーなど注目銘柄を紹介!


スター・マイカ株式会社が、株主優待を改悪することを2019年1月11日に発表した。

スター・マイカ(3230)の株主優待スター・マイカは、賃貸中の中古マンションを積極的に取得し、販売時にはリノベーションにより新たな付加価値を提供する不動産会社。
拡大画像表示

 スター・マイカの株主優待は、これまで毎年11月末と5月末の株主を対象に実施されており、従来の内容は「11月末時点で100株以上を保有する株主に『美容・健康・生活関連商品』(2800円相当)を贈呈。5月末時点で100株以上を保有する株主に『QUOカード』(1000円分)を贈呈」というものだった。

 今後は、5月末の株主優待が廃止され、11月末のみの年1回となる。また、株主優待の内容は「100株以上を保有する株主に、『QUOカード』(1000円分)を贈呈」となる。

 この株主優待の変更は、2019年11月期から適用される。そのため、2019年5月末は株主優待が実施されず、次回の割当基準日は2019年11月末となる。

スター・マイカの株主優待の詳細と利回りは?

 (変更前)
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 11月末  100株以上  健康・美容・生活関連商品(2800円相当)
 5月末  100株以上  QUOカード(1000円分)
 (変更後)
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 11月末  100株以上  QUOカード(1000円分)

 スター・マイカの2019年1月17日時点の株価(終値)は1341円なので、株主優待利回りを計算すると、以下のようになる(※変更前は年2回、株主優待を受け取るものと仮定)。

【変更前】
(100株保有の場合)
投資金額:100株×1341円=13万4100円
優待品:3800円分
優待利回り=3800円÷13万4100円×100=2.83%

【変更後】
(100株保有の場合)
投資金額:100株×1341円=13万4100円
優待品:1000円分
優待利回り=1000円÷13万4100円×100=0.74%

 スター・マイカの株主優待は、個人投資家に人気の「QUOカード」(1000円分)。これまでは5月末と11月末の年2回、株主優待が実施されており、「QUOカード」に加えて「美容・健康・生活関連商品」(2800円相当)が贈呈されていた。一方で、配当は年32円を維持することを発表しており、これは2018年11月期に27.0%だった配当性向を2019年11月期には36.8%に上げることを意味する。つまり、株主優待を「改悪」するかわりに、配当性向を上げて配当額を維持するということのようだが、それでも今回の株主優待の改悪を残念に思う投資家は多そうだ。ちなみに、株主優待変更後の配当+優待利回りは3.13%となる。
【※関連記事はこちら!】
株主優待名人・桐谷さんがサラリーマンにおすすめの投資法を伝授! 二度の大損を経験して悟った鉄則は「配当+優待利回り4%以上」の優待株を狙うこと!

 なお、スター・マイカは、東京都港区に本社を置く不動産会社。2018年11月期(通期)の連結業績は、すべて前期比で売上高31.2%増、営業利益7.4%増、経常利益8.8%増、当期純利益4.1%増。新築物件の価格上昇により、中古マンションが相対的に割安感が出たため、販売戸数が増加し増収増益。ただし、2019年11月期に関しては増収減益予想。


【※2019年1月の株主優待の情報はこちら!】
【2019年1月の株主優待の内容と利回りを調査!】定番のダイドーグループ、丸千代山岡家、鳥貴族や、優待リニューアルのタカショーなど注目銘柄を紹介!

■スター・マイカ
業種 コード 市場 権利確定月
不動産業 3230 東証1部 11月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
1341円 100株 13万4100円 2.39%
※株価などのデータは2018年1月17日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。