株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2018年12月29日 ザイ・オンライン編集部

青山財産ネットワークス(8929)、株主優待を拡充!
「うかい亭」などで使える食事券(3万円分)が追加で
もらえるようにものの、対象は3万株以上の株主のみ

【※2019年1月の株主優待の情報はこちら!】
【2019年1月の株主優待の内容と利回りを調査!】定番のダイドーグループ、丸千代山岡家、鳥貴族や、優待リニューアルのタカショーなど注目銘柄を紹介!


 株式会社青山財産ネットワークスが、株主優待を拡充することを、2018年12月19日に発表した。

青山財産ネットワークス(8929)の株主優待青山財産ネットワークスは、個人資産家の相続、企業オーナーの事業継承、不動産売買や土地活用などのコンサルティングを行う企業。
拡大画像表示

 青山財産ネットワークスは、毎年6月末時点の株主を対象として株主優待を実施しており、従来の内容は「1000株以上を保有する株主に3000円相当の商品を贈呈。さらに1万株以上を1年以上保有する株主に『株式会社うかいの食事券』2万円分もしくは『うかい特選牛』2万円相当を贈呈」というものだった。

 変更後も6月末の株主優待の内容に変わりはないが、新たに毎年12月末時点の株主を対象とした株主優待が追加される。具体的には、「毎年12月末時点で3万株以上を保有する株主に『株式会社うかいの食事券』3万円分もしくは『うかい特選牛』3万円相当もしくは『株式会社カトープレジャーグループの施設利用券』3万円分を贈呈」という内容が付け加えられる。

 この株主優待の変更は、2018年12月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

青山財産ネットワークスの株主優待の変更前と変更後

 (変更前)
 基準日  保有株式数  継続保有期間  株主優待内容
 6月末  1000株以上  ―  商品3000円相当
 1万株以上  1年以上  商品3000円相当に加えて、
 下記より一つ選択
 ◆うかい食事券2万円分
 ◆うかい特選牛2万円相当
 (変更後)
 基準日  保有株式数  継続保有期間  株主優待内容
 6月末  1000株以上  ―  商品3000円相当
 1万株以上  1年以上  商品3000円相当に加えて、
 下記より一つ選択
 ◆うかい食事券2万円分
 ◆うかい特選牛2万円相当
 12月末  3万株以上  ―  下記より一つ選択
 ◆うかい食事券3万円分
 ◆うかい特選牛3万円相当
 
◆施設利用券3万円分
 備考  ※6月末分の1000株以上保有の株主を対象とした株主優待「商品3000円相当」は、
  3000円相当の商品10品の中から1点選択となる。

 ※「1万株以上を1年以上保有」とは、株主名簿に連続3回1万株以上記載されていることが
  条件となる。
 ※「施設利用券」は、株式会社カトープレジャーグループの施設で利用できる。
 ※「うかい食事券」「うかい特選牛」、株式会社カトープレジャーグループの施設については、
  下記HPで確認できる。
  株式会社うかい https://www.ukai.co.jp/
  株式会社カトープレジャーグループ https://www.kpg.gr.jp/store/

青山財産ネットワークスの株主優待利回りは?

 青山財産ネットワークスの2018年12月28日時点の株価(終値)は1263円なので、株主優待利回りを計算すると、以下のようになる。

【変更後】
(1000株保有の場合)
投資金額:1000株×1263円=126万3000円
優待品:3000円相当
優待利回り=3000円÷126万3000円×100=0.23%

(1万株・1年以上保有の場合)
投資金額:1万株×1263円=1263万円
優待品:2万3000円相当
優待利回り=2万3000円÷1263万円×100=0.18%

(3万株保有で、うち1万株以上は1年以上保有の場合)
投資金額:3万株×1263円=3789万円
優待品:5万3000円相当
優待利回り=5万3000円÷3789万円×100=0.13%

 青山財産ネットワークスの株主優待は、1000株以上の保有で10品の中から選べる商品3000円相当がもらえ、1万株以上を1年以上保有していると、3000円相当の商品に加えて、食事券または牛肉(ともに2万円相当)がもらえた。今回の変更では、さらに6月末に3万株以上を保有する株主を対象とした株主優待が新設され、食事券、牛肉、施設利用券(いずれも3万円相当)をもらえることに。つまり、3万株以上を保有していて、そのうち1万株以上を1年以上にわたて保有している場合は、年間の株主優待の額面が2万3000円相当⇒5万3000円相当に、2倍以上にアップすることに。青山財産ネットワークスは配当利回りが3.09%と高いため、3万株以上を保有している場合、配当+株主優待利回りは3.22%と高う水準になる。ただし、3万株を保有するには必要投資額が3789万円と高額なので、多くの個人投資家には影響がなさそうだ。
【※関連記事はこちら!】
株主優待名人・桐谷さんがサラリーマンにおすすめの投資法を伝授! 二度の大損を経験して悟った鉄則は「配当+優待利回り4%以上」の優待株を狙うこと!

 青山財産ネットワークスは東京都港区に本社を置き、個人資産家や企業オーナーを対象とした、相続、事業継承、財産運用、そして不動産売買や土地活用についてのコンサルティングを行う企業。2018年12月期(通期)の連結業績予想は、すべて前期比で営業利益7.4%増、経常利益8.9%増、当期純利益6.5%増。個人向けの財産運用の関心が高まっていることなどが追い風に。


【※2019年1月の株主優待の情報はこちら!】
【2019年1月の株主優待の内容と利回りを調査!】定番のダイドーグループ、丸千代山岡家、鳥貴族や、優待リニューアルのタカショーなど注目銘柄を紹介!

■青山財産ネットワークス
業種 コード 市場 権利確定月
不動産業 8929 東証2部 6月末・12月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
1263円 100株 12万6300円 3.09%
※株価などのデータは2018年12月28日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。