株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2018年12月17日 ザイ・オンライン編集部

平田機工(6258)、株主優待の内容を一部変更!
「QUOカード」3000円分がもらえる点は変わらず、
急ピッチで進む熊本城の「復興城主」特典は廃止へ

【※12月の株主優待の情報はこちら!】
【2018年12月の株主優待の内容と利回りを調査!】すかいらーく、マクドナルドなど、外食系の優待や、ビール大手3社、高利回りのQUOカード優待も多数!


平田機工株式会社が株主優待の内容を変更すると、2018年12月14日に発表した。

平田機工の株主優待は、毎年3月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上保有する株主に、熊本城災害復旧支援金付き『QUOカード』3000円分を贈呈(熊本城災害復旧支援金として、熊本市に3000円寄付することも選択可)。希望する株主には「復興城主」としての特典も付与」というものだった。

平田機工(6258)の株主優待平田機工は熊本に本社を構える生産設備エンジニアリング会社。
拡大画像表示

 今後も「QUOカード」の株主優待に変わりはないが、「復興城主」の特典が廃止される。復興城主の特典とは、城主証がもらえたり、デジタル芳名板に名前が登録されたりするサービス。

 特典廃止の理由は、「熊本城の復旧工事は急ピッチで進められており、来年秋には大天守の外観工事は終了し、城内の特別公開も企画される状況となっております。このような状況を勘案の上、当社の取組みは一定の成果があったと判断し、今後は復興城主制度を利用した株主優待は廃止し、熊本城災害復旧支援金への寄付の仕組みを通した優待制度に1本化いたします」とのことだ。

 この株主優待の変更は、2019年3月31日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

平田機工の株主優待制度の変更前と変更後

(変更前)
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 3月末  100株以上 (以下のどちらかを選択)
 ◆熊本城災害復旧支援金(6円)付き
「QUOカード」3000円分(※3000円分利用可)
 ◆熊本城災害復旧支援金として熊本市に3000円を寄付
(希望する株主のみに追加で贈呈)
 ◆「復興城主」特典(入場料免除、協賛店割引など)
(変更後)
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 3月末  100株以上 (以下のどちらかを選択)
 ◆熊本城災害復旧支援金(6円)付き
「QUOカード」3000円分(※3000円分利用可)
 ◆熊本城災害復旧支援金として熊本市に3000円を寄付

平田機工の株主優待の利回りはどうなる?

平田機工の2018年12月17日時点の株価(終値)は5340円なので、株主優待利回りは以下のようになる。

(100株保有の場合)
投資金額:100株×5340円=53万4000円
QUOカード:3000円分
株主優待利回り=3000円÷53万4000円×100=0.56%

平田機工の株主優待は、投資家に人気の「QUOカード」3000円分で、今回の変更では「QUOカード」の額面などは変わらない。「復興城主」の特典は廃止されるが、株主優待利回りなどに直接影響しないので、株価に与える影響はほとんどなさそうだ。

 なお、平田機工は各種製造業の生産設備を手がける生産エンジニアリング会社。熊本県熊本市に本社を置く。自動車関連や半導体関連の生産設備や産業用ロボットの製造・販売、医療・理化学機器の製造・販売など幅広く手掛ける。2019年3月期(通期)の連結業績予想は、すべて前期比で11.9%増、営業利益44.5%減、経常利益42.7%減、当期純利益43.0%減。燃料電池車向けの設備を始めとする大型の設備投資計画の延期や、有機EL蒸着装置の設備投資の先送りなどを要因として、2018年11月に通期予想の下方修正を発表している。


【※12月の株主優待の情報はこちら!】
【2018年12月の株主優待の内容と利回りを調査!】すかいらーく、マクドナルドなど、外食系の優待や、ビール大手3社、高利回りのQUOカード優待も多数!

■平田機工
業種 コード 市場 権利確定月
機械 6258 東証1部 3月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
5340円 100株 53万4000円 2.34%
※株価などのデータは2018年12月17日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。