株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2018年12月13日 ザイ・オンライン編集部

フィンテックグローバル、記念株主優待を実施して、
「ムーミンバレーパーク」の優待入園券とオリジナル
手帳を贈呈! 2019年3月末に3000株以上の株主に

【※12月の株主優待の情報はこちら!】
【2018年12月の株主優待の内容と利回りを調査!】すかいらーく、マクドナルドなど、外食系の優待や、ビール大手3社、高利回りのQUOカード優待も多数!


フィンテックグローバル株式会社が、先に実施することを発表していた記念株主優待の詳細を、2018年12月12日に発表した。

フィンテックグローバル(8789)の株主優待メッツァはフィンテックグローバルの子会社が運営するアミューズメントパーク。
拡大画像表示

フィンテックグローバルの記念株主優待は、2019年3月末時点で、3000株(30単元)以上保有の株主が対象となり、内容は「3000株以上の株主に『ムーミンバレーパーク株主優待入園券』を2枚贈呈。5000株以上の株主に『ムーミンバレーパーク株主優待入園券』を4枚贈呈。さらに、3000株以上の全株主に『ムーミンバレーパーク』来園時に『オリジナル手帳』を受け取れる引換券を贈呈」というもの。

 フィンテックグローバルが記念株主優待を実施する目的は「当社グループが設立し運営する予定のメッツァは、北欧のライフスタイルを体験できる『メッツァビレッジ』を2018年11月9日に開業、ムーミンの物語を主題とした『ムーミンバレーパーク』を2019年3月16日に開業しグランドオープンする予定です。つきましては、株主の皆様の日頃からのご支援に感謝するとともに、メッツァ開業を記念して、メッツァ開業記念株主優待を実施することといたしました」とのことだ。

「メッツァ」は埼玉県・飯能市にある北欧のライフスタイルを体験できるアミューズメントパーク。その中に2019年3月オープン予定の「ムーミンバレーパーク」は、日本初となるムーミンのテーマパークで、展示やアトラクション、レストラン、ショップなどが立ち並ぶ。入園料は大人(中学生以上)1500円、小人(4歳以上小学生以下)1000円(いずれも税込)の予定。

 なお、フィンテックグローバルは従来は株主優待も配当も実施していない。 

フィンテックグローバルの記念株主優待の詳細と利回り

 ■フィンテックグローバルの「記念株主優待」の詳細
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 2019年3月末  3000株以上  ◆ムーミンバレーパーク株主優待入園券2枚 
 ◆オリジナル手帳(1冊)引換券
 5000株以上  ◆ムーミンバレーパーク株主優待入園券4枚
 
◆オリジナル手帳(1冊)引換券

フィンテックグローバルの2018年12月13日時点の株価(終値)は110円なので、記念株主優待の利回りは以下のようになる(※入園券は大人料金で計算。オリジナル手帳は価格不明のため、考慮しないものとする)。

(3000株保有の場合)
投資金額:3000株×110円=33万円
優待品:3000円相当
株主優待利回り=3000円÷33万円×100=0.90%

(5000株保有の場合)
投資金額:5000株×110円=55万円
優待品:6000円相当
株主優待利回り=6000円÷55万円×100=1.09%

フィンテックグローバルの記念株主優待は、オープン間近で注目されている「ムーミンバレーパーク」の株主優待入園券とオリジナル手帳。手帳は「ムーミンバレーパーク開業後、パーク内のみにて期間限定での発売を予定している商品と同等であり、パーク内で毎月1枚使える割引クーポン等がある特別な仕様とする予定」とのことだ。記念株主優待の権利を獲得するには、3000株以上の保有が必要だが、「ムーミンバレーパーク」に興味があるなら保有を検討してみてもいいだろう。

 なお、フィンテックグローバルは東京都港区に本社を置き、投資銀行業を主軸とする企業。2018年9月期(通期)の連結業績は、前期比で売上高48.6%減。不動産会社の売却による売り上げの減少やテーマパーク準備費用が重しに。


【※12月の株主優待の情報はこちら!】
【2018年12月の株主優待の内容と利回りを調査!】すかいらーく、マクドナルドなど、外食系の優待や、ビール大手3社、高利回りのQUOカード優待も多数!

■フィンテックグローバル
業種 コード 市場 権利確定月
その他金融業 8789 東証マザーズ 2019年3月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
110円 100株 1万1000円
※株価などのデータは2018年12月13日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。