桐谷さんの株主優待銘柄[2019年]
2018年12月4日 ザイ・オンライン編集部

株主優待名人・桐谷さんの「2018年『株』事件簿」!
運用成績は全体的に好調ながら、お気に入りの「三光
マーケティングフーズ」の株主優待改悪など悲劇も!

株主優待名人・桐谷広人さんが、2018年の株式相場で印象深かった3つの出来事とは⁉

日経平均株価が26年ぶりに終値で2万4000円を超えた一方、1000円幅の急落が何回も発生し、波乱万丈だった2018年もまもなく終了! ダイヤモンド・ザイでは、特集「読者130人に聞く! 2018年大反省会」で、2018年の成績や儲けた株、損した株、急落時の行動などについて、事前に行ったアンケートの結果を公開している。

今回は、その中から株主優待名人・桐谷広人さんが挙げる「2018年『株』事件簿」を紹介! 誌面ではインパクト順にランキング形式で5大ニュースを取り上げているが、ここでは1~3位までを抜粋するので、参考にしてみてほしい!

【桐谷さんの2018年「株」事件簿(第1位)】
三光マーケティングフーズが、株主優待をまさかの改悪!

個人投資家・桐谷広人さんザイだけでなく、テレビなどでもおなじみの株主優待名人・桐谷広人さん。

 テレビ取材に講演会、デートまで、2018年も大車輪の働きだった株主優待名人・桐谷広人さん。だがやはり気になるのは、桐谷さんの株のこと。そこで、ここでは株に関係した桐谷さんの「2018年『株』事件簿」を3つ紹介する!

 まず1位は、「三光マーケティングフーズ(2762)」の株主優待改悪だ。「金の蔵」や「月の雫」「吉今」などを展開する「三光マーケティングフーズ」の従来の株主優待の内容は「100株以上保有する株主に、『金の蔵』『月の雫』『楽釜製麺所』などで利用できる『株主優待券(1000円分)』を、保有株式数に応じて年2回贈呈」というものだった。桐谷さんの優待生活を長く支えてきたが、その株主優待が突如、改悪。株価もストップ安となってしまった。

(※関連記事はこちら!)
⇒三光マーケティングフーズ(2762)、株主優待を変更!「金の蔵」などで使える優待券を割引券に変更し、新たに「半年以上の継続保有」も必須に!

「居酒屋の『金の蔵』や『月の雫』、『吉今』を運営していて、私の優待生活の基盤のひとつだった『三光マーケティングフーズ』が、8月に株主優待を改悪してしまいました。使いやすい”株主優待券”と比べると使い勝手のよくない”株主割引券”に変更となり、半年以上の保有条件もつくように。『三光マーケティングフーズ』は長く株主優待を続けていたので、『まさか!』の改悪でショックが大きかったですね。株主優待改悪の発表で、同時に株価も連続でストップ安。今では発表前の半値近くに下落しています」(桐谷さん)

【桐谷さんの2018年「株」事件簿(第2位)】
バーゲンセールで狙っていた株を大量に買えた!

 桐谷さんの「2018年『株』事件簿」の第2位は、「相場の急落時に、株価が下がった株を次々と購入できたこと」。

「急落すると、あらかじめ安く設定しておいた指値まで株価が下がってくるので、どんどん買えるんです。2月6日の急落では30銘柄を購入しました。10月11日の急落でも17銘柄は買いましたね。本当はこうして買った銘柄を、もっと丁寧に利食いするべきでしたが、この5年くらい上昇局面ばかりで、つい雑になってしまいました。しっかり儲けるためにも、『利食い千人力』を意識するのが2019年の目標ですね」(桐谷さん)

 ちなみに、桐谷さんが相場急落時に買った株の一例は「SANKYO(6417)」「新田ゼラチン(4977)」「OSGコーポレーション(6757)」「夢真ホールディングス(2362)」「ランドコンピュータ(3924)」「ヒマラヤ(7514)」などだ。

(※関連記事はこちら!)
⇒株主優待名人・桐谷さん流「乱高下相場」の投資術! 利回り4%超にこだわるバリュー投資家の桐谷さんが2月の株価急落時にすかさず投資した6銘柄を大公開!

【桐谷さんの2018年「株」事件簿(第3位)】
「エリアクエスト」が、たった1回で株主優待を廃止!

 桐谷さんの「2018年『株』事件簿」の第3位は「エリアクエスト(8912)」の株主優待廃止

「当初は利回り5%になろうかという太っ腹な金券優待でしたが、まさかの1回で廃止。期待外れでした。また、食事券や金券が選べた『アクトコール(6064)』もたった2回で廃止と、短い付き合いになってしまいました」(桐谷さん)

(※関連記事はこちら!)
⇒エリアクエスト、株主優待を新設から5カ月で廃止し、株価が前日比22%超も急落! QUOカード1000円分の株主優待を廃止して1株あたり2円⇒4円の増配を発表
⇒アクトコール、QUOカードの株主優待+配当の廃止で株価の大幅下落が確実に! 高利回りで人気だったが、不正発覚、業績悪化などで夜間取引でも株価が急落!

 今回は、ダイヤモンド・ザイ2019年1月号の「株主優待名人・桐谷広人さんの『2018年の5大ニュース&2019年の買い戦略』」から、桐谷さんの2018年の「株」事件簿を一部抜粋して紹介した。誌面ではその他の事件簿を紹介するほか、桐谷さんの2019年の戦略も取り上げているので、併せて参考にしてみてほしい!