株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2018年11月15日 ザイ・オンライン編集部

フリュー、株主優待をQUOカード⇒プレミアム優待倶
楽部に変更! 従来の一律QUOカード2000円分から、
今後は保有株数に応じて最大5000ポイントもらえる!

【※11月の株主優待の情報はこちら!】
【2018年11月の株主優待の内容と利回りを調査!】定番&高利回りのヴィレッジヴァンガード(10%超)、サムティ(7%超)など、お得&新設の優待銘柄を紹介!


フリュー株式会社は、株主優待の内容を変更すると、2018年11月13日に発表した。

フリュー(6238)の株主優待フリューはプリントシール機などを手掛ける企業。
拡大画像表示

フリューの株主優待は、毎年3月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上を保有する株主に、一律で『QUOカード』2000円分を贈呈」というものだった。

 今回の変更後は、株主優待品が「QUOカード」から、食品や電化製品など、好きな商品と交換できる「プレミアム優待倶楽部」の「株主優待ポイント」に変更される。また、保有株数に応じて、もらえるポイント数は2000~5000ポイントまで変わるようになる。

フリューの株主優待の変更は、2019年3月末時点の株主名簿に記載または記録されている株主から適用される。

フリューの株主優待の変更前と変更後

 (変更前)
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 3月末  100株以上  QUOカード2000円
 (変更後)
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 3月末  100株以上  株主優待ポイント2000ポイント
 300株以上  株主優待ポイント3000ポイント
 500株以上  株主優待ポイント5000ポイント
 備考  ※1ポイント≒1円相当。
 ※ポイントは次年度へ繰越し可能(最大2年間有効)。
 ※ポイントを繰り越す場合、3月末時点の株主名簿に同一の株主番号で
  記載されていることが条件。

フリューの株主優待利回りは?

フリューの2018年11月15日時点の株価(終値)は973円なので、変更後の株主優待利回りを計算すると以下のようになる(※変更後のポイントは、1ポイント=1円として試算)。

【変更前】
 (100株保有の場合)
 投資金額:100株×973円=9万7300円
 優待品:2000円分
 株主優待利回り=2000円÷9万7300円×100=2.05%

【変更後】
 (100株保有の場合)
 投資金額:100株×973円=9万7300円
 優待品:2000円分
 株主優待利回り=2000円÷9万7300円×100=2.05%

 (300株保有の場合)
 投資金額:300株×973円=29万1900円
 優待品:3000円分
 株主優待利回り=3000円÷29万1900円×100=1.02%

 (500株保有の場合)
 投資金額:500株×973円=48万6500円
 優待品:5000円分
 株主優待利回り=5000円÷48万6500円×100=1.02%

フリューの株主優待は、従来は一律で「QUOカード」2000円分だったが、今回の変更で多くの企業で採用されている「プレミアム優待倶楽部」の「株主優待ポイント」に。どちらにしても、個人投資家には人気の株主優待なので、優待品の内容が変わっても問題はなさそうだ。しかも、保有株数が300株未満だと株主優待利回りは従来と同じだが、保有株数が300株以上になると従来よりも株主優待利回りがアップする点には要注目。さらに、配当利回りは3.15%と高めで、配当+株主優待利回りは100株保有時で5.25%に達するので、今回の変更を機に保有を検討してみる価値はありそうだ。
【※関連記事はこちら!】
株主優待名人・桐谷さんがサラリーマンにおすすめの投資法を伝授! 二度の大損を経験して悟った鉄則は「配当+優待利回り4%以上」の優待株を狙うこと!

 なお、フリューはプリントシール機やスマートフォン向けアプリ開発などを手掛けている企業。2019年3月期の連結業績予想は、すべて前期比で売上高が1.5%減、営業利益は1.9%増、経常利益は1.1%増、当期純利益0.9%増。


【※11月の株主優待の情報はこちら!】
【2018年11月の株主優待の内容と利回りを調査!】定番&高利回りのヴィレッジヴァンガード(10%超)、サムティ(7%超)など、お得&新設の優待銘柄を紹介!

■フリュー
業種 コード 市場 権利確定月
機械 6238 東証1部 3月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
973円 100株 9万7300円 3.08%
※株価などのデータは2018年11月15日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。