株主優待「1月~12月のおすすめ銘柄」[2019年]
2018年10月29日 ザイ・オンライン編集部

【11月の株主優待の内容&利回りを調査(2019年版)】
高利回りで人気のヴィレッジヴァンガードや、「QUO
カード」がもらえるタマホームなどお得な優待が充実!

 ◆1月~12月までのお得な株主優待の内容はココでチェック!◆

2019年11月に権利が確定する株主優待の中から
注目すべきお得な銘柄&株主優待内容を徹底調査!

2019年11月に権利が確定する株主優待の中から 注目すべきお得な銘柄&株主優待内容を徹底調査!

 11月の株主優待は全部で40銘柄弱と多くはない。しかし、配当+株主優待利回りが10%超のヴィレッジヴァンガードコーポレーション(2769)や、7%近くあるサムティ(3244)など、利回り面で注目したい銘柄のほか、定番人気のアヲハタ(2830)マルカ(7594)など、数は少ないながら魅力的な銘柄が揃っている。また、ファーストコーポレーション(1430)タマホーム(1419)に代表される、配当+株主優待利回り3%超という「QUOカード」優待銘柄も大充実。さらに今期からの新設銘柄もある。少数精鋭の中から、欲しい銘柄をじっくり見極めよう!

利回りも魅力のヴィレッジヴァンガードやサムティなど優待券が
もらえる5銘柄&アヲハタなどモノがもらえる注目3銘柄!

 まずは、11月の株主優待の定番銘柄を中心に、自社店舗での飲食や買い物、サービスなどに利用できる株主優待券がもらえる5銘柄と、自社商品詰め合わせやカタログギフトがもらえる3銘柄を紹介しよう。

■自社優待券&食品類の詰め合わせなどがもらえる注目の8銘柄!
最低投資額 株主優待+
予想配当利回り
株主優待利回り 予想配当利回り 詳細情報
◆ヴィレッジヴァンガードコーポレーション(2769)【確定月】11月
10万7600円 10.59% 9.29% 1.30%
11月に確定する株主優待銘柄!ヴィレッジヴァンガードコーポレーション(2769)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【株主優待内容】100株以上で1000円分の株主優待券を10枚
【備考】ヴィレッジヴァンガード各店などで、利用金額2000円ごとに1枚使用可。長期保有優遇制度あり、1年以上の継続保有で優待券を1枚追加、2年以上では2枚追加
◆サムティ(3244)【確定月】11月
19万7300円 6.94% 3.04% 3.90%
11月に確定する株主優待銘柄!サムティ(3244)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【株主優待内容】100株で、3000円分のホテル共通宿泊割引券2枚、300株でホテル共通無料宿泊券2枚、1500株以上でホテル共通無料宿泊券2枚+「天橋立ホテル」の5000円分宿泊割引券4枚
【備考】今回から株主優待内容を一部変更。ホテル共通宿泊割引券、無料宿泊券は、「センターホテル東京」「エスペリアイン日本橋箱崎」「エスペリアイン大阪本町」の3ホテルが対象
◆サーラコーポレーション(2734)【確定月】11月
30万9500円 3.39% 0.32% 3.07%
11月に確定する株主優待銘柄!サーラコーポレーション(2734)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【株主優待内容】500株で1000円分、5000株で5000円分、1万株以上で1万円分の株主優待券
【備考】株主優待券は、ホテルや飲食店、ガソリンスタンドなど自社グループで利用できるほか、カタログギフトとの交換も可
◆マルカ(7594)【確定月】11月
21万8800円 2.70% 0.46% 2.24%
11月に確定する株主優待銘柄!銚子丸(3075)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【株主優待内容】100株で1000円相当、500株で2000円相当のグルメセット(お菓子)、1000株以上では3000円相当のグルメギフト券
【備考】前回の100株保有時の株主優待品は、モロゾフのチョコレート・焼き菓子詰め合わせ
◆象印マホービン(7965)【確定月】11月20日
15万700円 2.39% 0.66% 1.73%
11月に確定する株主優待銘柄!串カツ田中(3547)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【株主優待内容】100株以上で自社製品(10商品程度)を優待販売。及び、100株で1000円分、500株で2000円分、1000株以上で4000円分を購入金額合計から割引
【備考】前回の優待販売対象商品は、圧力IH炊飯ジャー、ホットプレート、フィッシュロースター、ふとん乾燥機など12商品
◆串カツ田中ホールディングス(3547)【確定月】11月
23万8100円 2.10% 0.84% 1.26%
11月に確定する株主優待銘柄!ヴィレッジヴァンガードコーポレーション(2769)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【株主優待内容】100株で2000円分、300株で4000円分、600株で6000円分、900株以上で8000円分の食事優待券
【備考】串カツ田中の全店舗で利用可能
◆サイバーステップ(3810)【確定月】11月
23万400円 1.30% 1.30%
11月に確定する株主優待銘柄!ヴィレッジヴァンガードコーポレーション(2769)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【株主優待内容】株主優待ポイントを、200株で3000ポイント、300株で5000ポイント、500株で8000ポイント、600株で1万ポイント、800株で1万2000ポイント、900株で1万5000ポイント、1000株で2万ポイント、2000株で3万ポイント、3000株で4万ポイント、4000株以上で5万ポイント
【備考】買い物券は、自社運営店舗で2000円の利用ごとに1枚使用可。長期保有優遇制度があり、1年以上の継続保有で買い物券を1枚追加、2年以上で2枚追加される
◆アヲハタ(2830)【確定月】11月
24万4800円 1.23% 0.41% 0.82%
11月に確定する株主優待銘柄!ヴィレッジヴァンガードコーポレーション(2769)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【株主優待内容】100株で1000円相当、1000株以上で3000円相当の自社商品詰め合わせ
【備考】前回の100株保有時の株主優待品は、ジャム、パスタソース、塗るテリーヌなど全5品
※株主優待内容、最低投資額、利回りは10月18日終値時点
ヴィレッジヴァンガード(2769)の株主優待ヴィレッジヴァンガードの店舗数は、直営とFC、フード事業の子会社の店舗を合わせて全国に376店(2019年8月末)。株主優待券は、ヴィレッジヴァンガード全店とライフスタイル提案ショップの「new style」、ヴィレッジヴァンガードダイナー、ヴィレッジヴァンガードカフェの各店で利用可能。
拡大画像表示

 今回、取り上げた8銘柄の中で、配当+株主優待利回りが10.59%と最も高いのが、「遊べる本屋」でおなじみのヴィレッジヴァンガードなどを展開するヴィレッジヴァンガードコーポレーション(2769)だ。投資金額は10万7600円(10月18日終値で計算、以下同)で、1000円分の株主優待券を10枚もらえる。優待券は、利用金額2000円ごとに1枚使える割引券タイプとなっている。

 また、ヴィレッジヴァンガードコーポレーションは長期保有優遇制度も導入しており、1年以上の継続保有になると優待券が1万1000円分に、2年以上の継続保有になると1万2000円分に増額されるのもうれしい。
【※関連記事はこちら!】
⇒優待名人・桐谷さんがおすすめする株主優待銘柄は、配当+優待利回りが高い「ヴィレッジヴァンガード」や、株主優待を20年以上も続けている「アルペン」!

 自社運営ホテルの割引券などがもらえるサムティ(3244)も、11月の株主優待の定番銘柄の一つだが、今回から利用できるホテルが一部変更となり、「センターホテル東京」「エスペリアイン日本橋箱崎」「エスペリアイン大阪本町」の3施設となった。それに伴い、今回から宿泊割引券や無料宿泊券が、3ホテル共通で利用可能になり、利便性がアップしている。配当+株主優待利回りが6.94%もあって、利回り面での魅力も高い。

 表面上の利回り以上にお得と言えそうなのが、象印マホービン(7965)の株主優待だ。もともと優待価格になっている10商品程度の自社商品を、たとえば100株では1000円分、500株なら2000円分、さらに値引きされた価格で購入できる。どの商品が対象になるのか事前にはわからないが、前回は炊飯ジャーや電気ケトル、ホットプレート、オーブントースター、ふとん乾燥機など12商品がラインナップされていた。調理家電の買い替えを考えている人は検討してみてもよさそうだ。

 ところで、株主優待と言えば、自社商品詰め合わせなど「モノ」がもらえる銘柄も人気が高い。だが、残念ながら11月に関しては、「モノ」系の株主優待が非常に少ない(しかも、株主優待内容や獲得条件の変更などで今期はさらに減っている)。その中で定番と言えるのが、自社製造のジャムやパスタソースなどがもらえるアヲハタ(2830)と、毎年モロゾフの菓子詰め合わせを優待品にしているマルカ(7594)の2銘柄。マルカは今年4月に「マルカキカイ」から社名を変更したが、株主優待には今のところ変更はないようだ。

 複数のアイテムから自分で欲しいものを選びたい人には、「プレミアム優待倶楽部」を採用しているサイバーステップ(3810)もある。保有株数によって選べる商品は限られるが、優待品の数は全部で1000種類以上もある。ただし、配当を実施していなくて、株主優待利回りも1.3%と利回り面での魅力は高くない。また、サーラコーポレーション(2734)の株主優待券は、自社サービスに利用できるほか、カタログギフトとの交換もできる。こちらは優待品の点数は多くないが、配当+株主優待利回りは3.39%と、なかなか魅力的な水準となっている。

 ちなみに、昨年まで食器用洗剤や釜飯セットなどがもらえたニイタカ(4465)は、今回から100株の株主優待品をジェフグルメカードに変更。薬用ハミガキ粉などがもらえたファーマライズホールディングス(2796)は、今回から1年以上の継続保有が条件になっている。
【※関連記事はこちら!】
⇒ニイタカ(4465)、株主優待を変更! 年2回の優待で「ジェフグルメカード」や「日本旅行ギフト旅行券」などの金券がもらえることになって利便性がアップ!

 また、「いかめし」など北海道の特産品がもらえたテーオーホールディングス(9812)は、業績低迷を理由に今期の株主優待を中止としている。来期以降の再開も現状では未定だ。
【※関連記事はこちら!】
⇒テーオーホールディングス(9812)、2019年11月末の株主優待を中止! 従来は北海道の特産品がもらえたが業績低迷で赤字が続き、継続企業の前提に疑義注記も

利回り4%台後半のファーストコーポレーションをはじめ、
配当+株主優待利回りが3%を超える高利回りな金券優待8銘柄!

 続いて、使い勝手のいい「QUOカード」などがもらえる株主優待銘柄の中から、最低投資額20万円以下で、かつ配当+株主優待3%超というお得度の高い8銘柄を一挙に紹介しよう。

■配当+株主優待利回りが3%超の金券優待8銘柄!
最低投資額 株主優待+
予想配当利回り
株主優待利回り 予想配当利回り 詳細情報
◆ファーストコーポレーション(1430)【確定月】11月
6万3800円 4.70% 1.57% 3.13%
11月に確定する株主優待銘柄!ファーマライズホールディングス(2796)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【株主優待内容】100株で1000円分、1万株以上で2000円分のQUOカード
【備考】特になし
◆タマホーム(1419)【確定月】11月/5月
17万5000円 4.00% 0.57% 3.43%
11月に確定する株主優待銘柄!スター・マイカ(3230)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【株主優待内容】100株以上で500円分のQUOカード
【備考】長期保有優遇制度あり、3年以上の継続保有でQUOカード1000円分に増額
◆E・Jホールディングス(2153)【確定月】11月
13万8200円 3.61% 0.72% 2.89%
11月に確定する株主優待銘柄!TONE(5967)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【株主優待内容】100株で1000円分、1000株で3000円分、5000株以上で5000円分のQUOカード
【備考】特になし
◆トーセイ(8923)【確定月】11月
13万5300円 3.47% 0.74% 2.73%
11月に確定する株主優待銘柄!マルカキカイ(7594)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【株主優待内容】100株以上で1000円分のQUOカード
【備考】今期から株主優待を新設
◆日本フイルコン(5942)【確定月】11月
5万200円 3.39% 1.00% 2.39%
11月に確定する株主優待銘柄!ヴィレッジヴァンガードコーポレーション(2769)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【株主優待内容】100株で500円分、1000株以上で1000円分のQUOカード
【備考】1年以上継続保有の場合は、100株でワイン1本、1000株以上で限定品ワイン1本
◆テクノアルファ(3089)【確定月】11月
11万9000円 3.36% 0.84% 2.52%
11月に確定する株主優待銘柄!サイバーステップ(3810)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【株主優待内容】100株以上で1000円分のQUOカード
【備考】特になし
◆ニッケ(3201)【確定月】11月/5月
10万6000円 3.20% 0.94% 2.26%
11月に確定する株主優待銘柄!銚子丸(3075)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【株主優待内容】100株以上で500円分のQUOカード。また、株主優待割引券を1000株で3000円分、5000株で5000円分、1万株以上で1万円分(5月のみ)
【備考】ほかに、1株以上で株主優待カタログによる特別価格販売(5月のみ)。株主優待割引券は、「株主優待カタログ」の掲載商品、自社直営のスポーツ施設や店舗などで利用可
◆キユーソー流通システム(9369)【確定月】11月
18万1600円 3.08% 0.55% 2.53%
11月に確定する株主優待銘柄!串カツ田中(3547)最新株価チャート(楽天証券サイトへ移動します)はこちら
【株主優待内容】100株で1000円分、500株で3000円分、1000株以上で5000円分のジェフグルメカード
【備考】特になし
※株主優待内容、最低投資額、利回りは10月18日終値時点

 ファーストコーポレーション(1430)タマホーム(1419)の2銘柄は、配当+株主優待利回りがなんと4%以上! タマホームの場合は年2回の株主優待が実施され、一度でもらえるのは500円分の「QUOカード」と少なめだが、長期保有優遇制度があるのが魅力。3年以上継続保有すれば、「QUOカード」の金額が倍増する。今年5月分から株主優待制度を一部見直したが、「QUOカード」優待&長期保有優遇制度は結局変わらず、休止や改悪のリスクが低そうなので、長期保有でも安心感がある。
【※関連記事はこちら!】
⇒タマホーム、QUOカードの株主優待を一部変更して、配当+優待利回りがアップ! 一度は廃止を発表した長期保有優遇制度の再導入が決定して株主優待の魅力が上昇!

 また、トーセイ(8923)は今回から株主優待を新たに導入。100株以上で1000円分の「QUOカード」がもらえて、投資額が13万5300円、配当+株主優待利回りは3.47%だ。「QUOカード」が株主優待品であるだけでなく、投資額や配当と株主優待のそれぞれの利回りなどに関してはトーセイE・Jホールディングス(2153)は非常に似ている。ただし、E・Jホールディングスのほうは保有株数に応じて「QUOカード」が増額されて、1000株以上なら3000円分、5000株以上なら5000円分の「QUOカード」がもらえる点が異なっている。10単元以上を保有したいという人にはE・Jホールディングスのほうがおすすめだ。
【※関連記事はこちら!】
⇒トーセイ(8923)、QUOカードの株主優待を新設! 毎年11月末時点で100株以上の株主に1000円分のQUOカードを贈呈!

 取り上げた8銘柄の中で、最も最低投資額が少ないのが日本フイルコン(5942)だ。しかし、来年からは株主優待の獲得に1年以上の継続保有条件が付くことをすでに発表している。今後も日本フイルコンの株主優待が欲しいという人は、今回購入したらそのまま継続して保有しよう。なお、これまでは1年以上の継続保有だと優待品がワインになったが、来年以降はワインがもらえるのは「200株以上+1年以上の継続保有」となる。
【※関連記事はこちら!】
⇒日本フイルコン(5942)、「QUOカード」や「ワイン」がもらえる株主優待を改悪へ! 2020年11月実施分から「1年以上の継続保有」が権利獲得の必須条件に変更!

 キユーソー流通システム(9369)は、取り上げた中では唯一「ジェフグルメカード」が株主優待品となっている。「QUOカード」に比べると汎用性は劣るが、主要な大手ファミリーレストランやチェーン展開の居酒屋、一部百貨店のレストランなど、全国約3万5000店舗で使えるので、外食の機会が多い人にはおすすめだ。

 最後に、権利確定日と権利付き最終売買日を確認しておこう。11月末が権利日の場合、最終売買日は2営業日前の27日(水)になる。なお、象印マホービン(7965)は権利日が20日(水)で、最終売買日は18日(月)となる。また、サーラコーポレーション(2734)サイバーステップ(3810)のように、株主優待の獲得には複数単元が必要になる銘柄もある。欲しい株主優待銘柄がある人は、最終売買日と必要な単元数を間違えないようにしっかり確認して購入しよう。
【※関連記事はこちら!】
⇒長期投資ができる「10年続く株主優待株」を見極める方法を伝授!「優待品の内容」や「増配・増益の有無」「時価総額」を確認して優良な優待株を見つけ出せ!