株主優待情報[2019年]
2018年10月26日 ザイ編集部

11月の株主優待の注目銘柄は、株主優待+配当利回り
10%超のヴィレッジヴァンガードコーポレーション、
「QUOカード」などが年2回もらえるスター・マイカ!

11月の株主優待株で、優待投資家と読者からの人気が高かった2銘柄を紹介!

ダイヤモンド・ザイの大特集は「株主優待アワード 2018-2019」! 11月~3月に権利確定する株主優待株の中から、twitterなどで株主優待情報を発信している「人気のSNS投資家」15人とダイヤモンド・ザイの読者が選んだ、おすすめの140銘柄を発表している。

今回は、11月に権利が確定する株主優待株のうち、アンケートの人気順につけたランキングで上位にランクインした銘柄を紹介。ダイヤモンド・ザイではベスト10まで挙げているが、ここではそのうちの2銘柄をピックアップするので、投資の参考に!

1位のヴィレッジヴァンガードは「買物割引券」がもらえる!
スター・マイカは年2回株主優待が実施されて、大人気!

 権利確定日が11月の株主優待株は少ないが、それだけに貴重な存在とも言える。ここでは、ランキングで1位と2位に輝いた2銘柄を紹介していこう(以下、コメントしてくれたのは株主優待投資家、および株主優待ファンのダイヤモンド・ザイ読者)。

 まずは1位の「ヴィレッジヴァンガードコーポレーション(2769)」。従来の書店とは一線を画す、「遊べる本屋」を運営する企業として有名だ。

ヴィレッジヴァンガードコーポレーション」の株主優待は11月末のみの年1回。100株以上の株主に、保有期間に応じて1000~1200円分の「買物割引券」が贈呈される。株主優待+配当の合計利回りは10%超、長期保有で12%以上にも達するのが特徴だ。

 買物割引券は、「HOME COMING」「こととや」を除く店舗で利用できる。「図書カードをくれる株主優待銘柄と組合わせて本の購入に使うのがおすすめ」(葵)。「ヴィレッジヴァンガードダイナーで本格的なハンバーガーを食べることもできる」(人気SNS投資家・mi)

 ちなみに、業績に関しては、下半期の業績が上期を上回る傾向にある。新たな利益成長のため、外販活動やオリジナル商品に注力している点が特徴だ。

 続いて、第2位にランクインしたのが「スター・マイカ(3230)」。
【※スター・マイカは2019年1月11日に株主優待を変更!】
スター・マイカ、株主優待を改悪! 年2回⇒年1回になり、美容・健康・生活商品(2800円相当)の贈呈がなくなり、今後は1000円分の「QUOカード」のみに

スター・マイカ」はリノベーション中古マンションの企画・販売を手がける企業。11月末と5月末の年2回、株主優待を実施している。2017年11月の株主優待は2900円相当の美容・健康・生活関連商品が贈呈されたが、2018年は2800円相当の株主優待品を予定。「2017年は、5月が『QUOカード』で、11月はノエビアの入浴剤でした。入浴剤は特に満足度が高いです」(人気SNS投資家・しの)

 ちなみに、業績は上期営業利益が30%増。リノベ―ションマンション事業は保有物件の増加に伴い、賃貸売上が順調に推移している。
【※スター・マイカは2019年1月11日に株主優待を変更!】
スター・マイカ、株主優待を改悪! 年2回⇒年1回になり、美容・健康・生活商品(2800円相当)の贈呈がなくなり、今後は1000円分の「QUOカード」のみに