株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2018年8月28日 ザイ・オンライン編集部

丸大食品(2288)、株主優待の配布基準を変更!
10月の株式併合(5株⇒1株)と単元株数変更(1000株
⇒100株)に伴う見直しで、優待利回りは据え置き!

【※2018年9月の株主優待の最新情報を公開中!】
【2018年9月の株主優待の内容と優待利回りを調査】ANA、ヤマダ電機、オリエンタルランドなど、人気の銘柄が多数! お得なQUOカードの優待の新設情報も!


丸大食品株式会社が、株主優待の配布基準の変更を2018年8月27日に発表した。

丸大食品(2288)の株主優待丸大食品は、ハム・ソーセージをメインとした食肉加工を主とする食品会社大手。
拡大画像表示

 丸大食品は、毎年9月末時点の株主を対象として株主優待を実施しており、従来の内容は「1000株(1単元)以上を保有する株主に、自社製品(3000円相当)を贈呈」というものだった。

 今後も自社製品(3000円相当)が贈呈されることに変わりはないが、2018年10月1日を効力発生日として、5株⇒1株の株式併合が実施され、同時に単元株数が1000株⇒100株に変更されることに伴い、株主優待の配布基準が見直されることになった。

 具体的には「200株(2単元)以上保有する株主に、自社製品(3000円相当)を贈呈」となる。今回の発表によって、株式併合&単元株数変更の前後で株主優待の権利獲得に必要な最低投資額、株主優待利回りに変更がないことが判明したことになる。

 この株主優待の変更は、2019年9月末時点の株主名簿に記載または記録された株主に適用される。なお、2018年9月末時点の株主優待に関しては、従来どおりに行われる。

丸大食品の株主優待の詳細と利回りは?

 (変更前)※単元株変更および株式併合前
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 9月末  1000株以上  自社製品3000円相当
 (変更前)※単元株変更および株式併合後
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 9月末  200株以上  自社製品3000円相当

 丸大食品の2018年8月28日時点の株価(終値)は448円なので、株主優待利回りを計算すると、以下のようになる。

【変更前】
(1000株保有の場合)
投資金額:1000株×448円=44万8000円
優待品:3000円相当
優待利回り=3000円÷44万8000円×100=0.66%

【変更後】※1000株⇒100株の単元株数変更と、5株⇒1株の株式併合の実施後
(200株保有の場合)
投資金額:200株×(448円×5株=2240円)=44万8000円
優待品:3000円相当
優待利回り=3000円÷44万8000円×100=0.66%

 丸大食品の株主優待は、3000円相当の自社製品。今回、5株⇒1株の株式併合と1000株⇒100株の単元株式数の変更により、株主優待の配布基準が変更となったが、株主優待を獲得するための最低投資額は同額のまま。また、株主優待利回りも据え置きとなった。

 なお、丸大食品は、ハム・ソーセージを中心とした食肉加工業を手掛ける食品会社大手。「サラダチキン」や「ミニピザシリーズ」などの加工食品、コーヒーゼリーや紅茶ゼリーのシリーズ「SWEET CAFE」などのデザートも人気だ。2019年3月期(通期)の連結業績予想は、すべて前期比で売上高4.3%増、営業利益26.6%増、経常利益17.0%増、当期純利益14.0%増と好調。


【※2018年9月の株主優待の最新情報を公開中!】
【2018年9月の株主優待の内容と優待利回りを調査】ANA、ヤマダ電機、オリエンタルランドなど、人気の銘柄が多数! お得なQUOカードの優待の新設情報も!


■丸大食品
業種 コード 市場 権利確定月
食料品 2288 東証1部 9月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
448円 1000株
※2018年10月1日から
100株に変更
44万8000円 1.56%
※株価などのデータは2018年8月28日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。