株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2018年8月12日 ザイ・オンライン編集部

土木管理総合試験所(6171)、株主優待を変更!
QUOカードの優待や施設見学会への招待を廃止して、
長野県の特産品やカタログギフトを贈呈することに!

 株式会社土木管理総合試験所は、株主優待制度を変更すると、2018年8月10日に発表した。

土木管理総合試験所(6171)の株主優待土木管理総合試験所は、土木工事に必要な試験や調査などを手掛けている企業。
拡大画像表示

土木管理総合試験所の株主優待は、毎年12月末時点の株主名簿に記載された株主が対象となり、従来の内容は「100株以上の株主に、保有株数に応じて500~3000円分の『QUOカード』を贈呈。また、100株以上の全株主を対象として、抽選で『施設見学会(戸倉上山田温泉1泊2日)』に招待(※当選は5名。同伴者1名可のため、合計10名まで)」というものだった。

 変更後は、QUOカードの代わりに「長野県の特産品」や「カタログギフト」が贈呈されることになり、施設見学会は廃止される。この変更は、「株主の皆様からお寄せいただいたご意見やご要望を勘案した結果」とのことだ。

土木管理総合試験所の株主優待の変更は、2018年12月末から適用される。

土木管理総合試験所の株主優待の変更前と変更後は?

(変更前)
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 12月末  100株以上  ◆QUOカード500円分
 ◆施設見学会の抽選に参加する権利
 500株以上  ◆QUOカード1000円分
 ◆施設見学会の抽選に参加する権利
 1000株以上  ◆QUOカード2000円分
 ◆施設見学会の抽選に参加する権利
 2000株以上  ◆QUOカード3000円分
 ◆施設見学会の抽選に参加する権利
(変更後)
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 12月末  100株以上  信州戸隠そば500g
 500株以上  長野県産 米(風さやか1kg)
 1000株以上  カタログギフト2000円相当
 2000株以上  カタログギフト3000円相当

土木管理総合試験所の優待利回りは?

土木管理総合試験所の変更後の株主優待品は、「そば」と「お米」の正確な金額が不明のため、株主優待利回りの算出は不可能。ただし、1000株以上の株主優待品の額面は、変更前後で同等となっているため、今回の変更によって大きく利回りが変動することはないはず。参考までに、変更前の株主優待利回りを紹介しておくと、以下のようになる(※2018年8月10日時点の終値641円で計算)

  【変更前】
 (100株保有の場合)
 投資金額:100株×641円=6万4100円
 優待内容:500円分
 株主優待利回り=500円÷6万4100円×100=0.78%

 (500株保有の場合)
 投資金額:500株×641円=32万500円
 優待内容:1000円分
 株主優待利回り=1000円÷32万500円×100=0.31%

 (1000株保有の場合)
 投資金額:1000株×641円=64万1000円
 優待内容:2000円分
 株主優待利回り=2000円÷64万1000円×100=0.31%

 (2000株保有の場合)
 投資金額:2000株×641円=128万2000円
 優待内容:3000円分
 株主優待利回り=3000円÷128万2000円×100=0.23%

土木管理総合試験所の株主優待は、QUOカードから特産品やカタログギフトに変更された。株主優待利回りが大きく変動するわけではないと見られるため、この変更が株価に与える影響は限定的だろう。今回の変更は「株主の皆様からお寄せいただいたご意見やご要望を勘案した結果」とのことなので仕方ないが、QUOカードの株主優待がなくなるのを残念に思っている個人投資家も多そうだ。

 なお、土木管理総合試験所は土木・建築工事の品質確保のための地質調査、土質調査、環境調査、非破壊調査などを手掛ける企業。2018年12月期の業績予想は、すべて前期比で売上高6.2%増、営業利益15.0%増、経常利益16.1%増、当期純利益24.8%増。

■土木管理総合試験所
業種 コード 市場 権利確定月
サービス業 6171 東証1部 12月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
641円 100株 6万4100円 1.17%
※株価などのデータは2018年8月10日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。