株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2018年8月9日 ザイ・オンライン編集部

ホソカワミクロン(6277)、株主優待の新設と増配を
発表! 優待はシャンプーなどの自社関連製品5000~
1万5000円相当で、配当は年100円⇒110円に増配!

【※サイゼリヤやイオンなど、2018年8月の株主優待の最新情報はこちら!】
【2018年8月の株主優待の内容と優待利回りを調査】イオンやパルコ、ビックカメラなどの「小売り系」と吉野家や壱番屋、コメダなど「外食系」優待が充実!


 ホソカワミクロン株式会社が、株主優待の新設と増配を、2018年8月9日に発表した。

ホソカワミクロン(6277)の株主優待ホソカワミクロンは粉体関連装置などを手掛ける企業。
拡大画像表示

ホソカワミクロンが新設する株主優待は、毎年9月末時点の株主が対象となり、内容は「100株以上を保有する株主を対象に、保有株数と保有期間に応じて、5000~1万5000円相当の自社グループ会社の製品(化粧品、シャンプー、コンディショナーなど)を贈呈」というもの。

 ホソカワミクロンが株主優待を新設する目的は、「株主の皆様の日頃からのご支援に感謝するとともに、当社株式への投資の魅力を高め、より多くの方々に中長期にわたり継続して当社株式を保有していただくこと」とのことだ。

 ホソカワミクロンの株主優待は、2018年9月末時点の株主を対象とする分から実施される。

 なお、ホソカワミクロンは株主優待の新設と同時に、2018年9月期の連結業績予想の上方修正と、配当予想の修正(増配)も発表している。

ホソカワミクロンの株主優待の詳細と株主優待利回りは?

 ■ホソカワミクロンの株主優待制度の詳細
 基準日  保有株式数  保有期間  株主優待内容
 9月末  100株以上  3年未満  自社グループ製品5000円相当
 3年以上  自社グループ製品7000円相当
 500株以上  3年未満  自社グループ製品1万円相当
 3年以上  自社グループ製品1万5000円相当
 備考  ※「継続保有期間3年以上」と認定されるには、毎年3月末及び9月末現在の株主名簿に、
  同一株主番号で、基準日を含めて7回以上連続して記載または記録されていることが必要。

ホソカワミクロンの2018年8月9日時点の株価(終値)は7480円なので、株主優待利回りは以下のようになる(※継続保有期間は3年未満とする)。

(100株保有の場合)
投資金額:100株×7480円=74万8000円
優待品:5000円分
株主優待利回り=5000円÷74万8000円×100=0.66%

(500株保有の場合)
投資金額:500株×7480円=374万円
優待品:1万円分
株主優待利回り=1万円÷374万円×100=0.26%

 ホソカワミクロンの株主優待は、化粧品やシャンプーなどの自社グループ会社・ホソカワミクロン化粧品の製品。商品の詳細は不明だが、保有株数と保有期間によって、5000~1万5000円相当の日用品がもらえるので、個人投資家の注目度も高くなりそうだ。

 また、ホソカワミクロンは株主優待の新設と同時に、2018年9月期の期末配当金を「50円」の予想から「60円」の予想に修正。これによって年間配当金は100円から110円となり、前回予想より10円の増配になった。株主優待+増配、さらに業績の上方修正も発表しているので、明日(2018年8月10日)以降の株式市場では大いに注目を集めるだろう。

 なお、ホソカワミクロンは粉砕機や乾燥機、混合機などを手掛けている企業で、本社を大阪府枚方市に置く。株主優待の新設を発表した2018年8月9日15時に、2018年9月期の連結業績予想の上方修正と配当予想の修正(増配)も発表。上方修正後の連結業績予想は、すべて前期比で売上高10.1%増、営業利益14.9%増、経常利益11.1%増、当期純利益6.4%増。修正前の予想と比較すると、売上高4.8%増、営業利益9.4%増、経常利益9.4%増、当期純利益5.6%増となっている。


【※サイゼリヤやイオンなど、2018年8月の株主優待の最新情報はこちら!】
【2018年8月の株主優待の内容と優待利回りを調査】イオンやパルコ、ビックカメラなどの「小売り系」と吉野家や壱番屋、コメダなど「外食系」優待が充実!

■ホソカワミクロン
業種 コード 市場 権利確定月
機械 6277 東証1部 9月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
7480円 100株 74万8000円 1.47%
※株価などのデータは2018年8月9日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。