株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2018年6月5日 ザイ・オンライン編集部

コジマ(7513)、株主優待の「優待券」の利便性を
改善! 利用条件が「2000円ごとに500円分」から
「1000円以上の買い物なら全額分の利用が可能」に!

 
桐谷さんお墨付きの証券会社は?

【※2018年10月のおすすめ株主優待銘柄の情報はこちら!】
⇒【2018年10月の株主優待の内容と利回りを調査!】
優待銘柄数は少ないが、配当+優待利回り4%超で、食品や優待券、金券がもらえるお得な銘柄も多数!

◆1月~12月までのお得な株主優待の内容はココでチェック!◆


 ビックカメラ傘下の郊外型家電量販店を展開する株式会社コジマが、株主優待の内容を一部変更すると、2018年5月25日に発表した。

コジマ(7513)の株主優待コジマはビックカメラグループの、郊外型家電量販店。店舗数は2018年2月末時点で全国140店舗。
拡大画像表示

コジマの株主優待は、毎年8月末に実施されており、従来の内容は「100株以上の株主に、保有株式数に応じて1000~2万円分の『買い物優待券』を贈呈」というものだった。

 今後も100株以上で買い物優待券がもらえることに変更はないが、以下の点が変更となる。

◆買い物優待券の1枚あたりの額面が500円分から1000円分に変更。それに伴い、もらえる枚数が従来の半分になる
◆従来は2000円の買い物ごとに1枚(500円分)の買い物優待券が使えたが、変更後は1000円以上の買い物で買い上げ金額の全額分の優待券が使える

 なお、買い物優待券は自社の店舗・通販で利用できるほか、「ビックカメラ」「ソフマップ」「ビックカメラアウトレット」の各店舗でも買い物時に利用できる。

 この変更が適用されるのは、2018年8月末時点の株主名簿に記載または記録された株主からとなる。

コジマの株主優待制度の変更前と変更後

 ■変更前
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 8月末  100株以上
 500株未満
 買い物優待券500円×2枚=1000円分
 500株以上
 1000株未満
 買い物優待券500円×6枚=3000円分
 1000株以上
 3000株未満
 買い物優待券500円×10枚=5000円分
 3000株以上
 5000株未満
 買い物優待券500円×30枚=1万5000円分
 5000株以上  買い物優待券500円×40枚=2万円分
 ■変更後
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 8月末  100株以上
 500株未満
 買い物優待券1000円×1枚=1000円分
 500株以上
 1000株未満
 買い物優待券1000円×3枚=3000円分
 1000株以上
 3000株未満
 買い物優待券1000円×5枚=5000円分
 3000株以上
 5000株未満
 買い物優待券1000円×15枚=1万5000円分
 5000株以上  買い物優待券1000円×20枚=2万円分
 備考  ※買い物優待券は、自社全店舗および、通信販売での購入で利用できる。またビックカメラ、
  ソフマップおよびビックカメラアウトレットの各店舗(通信販売を除く)でも利用できる。
 ※有効期限は発行翌年11月30日まで。

コジマの株主優待利回りは?

コジマの2018年6月5日時点の株価(終値)は514円なので、株主優待利回りは以下のようになる(※変更前後で株主優待利回りに変更はなし)。

(100株保有の場合)
投資金額:100株×514円=5万1400円
優待品:買い物優待券1000円分
株主優待利回り=1000円÷5万1400円×100=1.94%

(500株保有の場合)
投資金額:500株×514円=25万7000円
優待品:買い物優待券3000円分
株主優待利回り=3000円÷25万7000円×100=1.16%

(1000株保有の場合)
投資金額:1000株×514円=51万4000円
優待品:買い物優待券5000円分
株主優待利回り=5000円÷51万4000円×100=0.97%

(3000株保有の場合)
投資金額:3000株×514円=154万2000円
優待品:買い物優待券1万5000円分
株主優待利回り=1万5000円÷154万2000円×100=0.97%

(5000株保有の場合)
投資金額:5000株×514円=257万円
優待品:買物優待券2万円分
株主優待利回り=2万円÷257万円×100=0.77%

コジマの株主優待は、全国の自社店舗と通信販売、そして「ビックカメラ」「ソフマップ」「ビックカメラアウトレット」の各店舗で使える「買い物優待券」。今回発表された変更では株主優待の内容や株主優待利回りは変わらないものの、買い物優待券の利便性が大幅に上がっているので、コジマでよく買い物する人にとっては朗報と言えそうだ。

 なお、コジマは2012年にビックカメラと資本業務提携契約を結び、現在はビックカメラ傘下として、郊外型家電専門店「コジマ×ビックカメラ」を全国に展開している。2018年8月期(通期)の業績予想は、すべて前期比で売上高4.0%増、営業利益38.4%増、経常利益24.4%増、当期純利益6.9%減。

コジマ
業種 コード 市場 権利確定月
小売業 7513 東証1部 8月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
514円 100株 5万1400円
※株価などのデータは2018年6月5日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。

【※桐谷さんが登場する最新記事はこちら!】
⇒“優待名人”桐谷さんと“相場の福の神”藤本誠之さんが株主優待株の
「ジャンル別のおすすめ銘柄」で対決!「食品」と「カタログギフト」のおすすめ4銘柄とは?

【※2018年10月のおすすめ株主優待銘柄の情報はこちら!】
⇒【2018年10月の株主優待の内容と利回りを調査!】
優待銘柄数は少ないが、配当+優待利回り4%超で、食品や優待券、金券がもらえるお得な銘柄も多数!