株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2018年5月22日 ザイ・オンライン編集部

立川ブラインド工業、「QUOカード」か「Amazon
ギフト券」の記念株主優待を実施! 創業80周年を記念
して、6月末の100株以上の株主に1000円分を贈呈!

 立川ブラインド工業株式会社が、記念株主優待を実施することを2018年5月22日に発表した。

立川ブラインド工業(7989)の記念株主優待川ブラインド工業はブラインドや間仕切りなどを手掛ける企業。
拡大画像表示

 立川ブラインド工業の記念株主優待は、2018年6月末時点の株主が対象となり、内容は「100株以上を保有する株主に『QUOカード』か『Amazonギフト券』1000円分を贈呈(どちらかを選択)」というもの。

 記念株主優待を実施する理由は、「当社は平成30年5月30日をもちまして創業80周年を迎えます。つきましては、株主の皆様の日頃のご支援に感謝の意を表すとともに、創業80周年を記念するため、株主優待を実施することといたしました」とのことだ。

 なお、立川ブラインド工業は、従来から毎年12月末時点の株主を対象に株主優待を実施。その内容は、「300株以上を保有する株主を対象に、保有株数と継続保有期間に応じて1000~4000円分のQUOカードを贈呈」となっている。

 また、立川ブラインド工業はこのほかに、6月末か12月末時点で100株以上保有して、なおかつ自社製品(所定のブラインドやロールスクリーン)を購入した株主にも、QUOカード贈呈の特典を設けている。

立川ブラインド工業の記念株主優待と、従来の株主優待の詳細

 ■立川ブラインド工業の記念株主優待の詳細
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 2018年
 6月末
 100株以上  QUOカードかAmazonギフト券1000円分
 ■立川ブラインド工業の従来の株主優待
 基準日  保有株式数  保有期間  株主優待内容
 12月末  300株以上  3年未満  QUOカード1000円分
 3年以上  QUOカード1500円分
 500株以上  3年未満  QUOカード2000円分
 3年以上  QUOカード2500円分
 1000株以上  3年未満  QUOカード3000円分
 3年以上  QUOカード4000円分
 ■立川ブラインド工業の自社製品購入の株主を対象とした株主優待
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 6月末・
 12月末
 100株以上  自社製品購入1台まで、1台あたり
 QUOカード2000円分贈呈(最大2000円分)
 300株以上  自社製品購入2台まで、1台あたり
 QUOカード2000円分贈呈(最大4000円分)
 500株以上  自社製品購入3台まで、1台あたり
 QUOカード2000円分贈呈(最大6000円分)
 1000株以上  自社製品購入5台まで、1台あたり
 QUOカード2000円分贈呈(最大1万円分)

立川ブラインド工業の株主優待の利回りは?

 立川ブラインド工業の2018年5月22日時点の株価(終値)は1367円なので、記念株主優待の株主優待利回りを計算すると、以下のようになる(※継続保有期間は3年未満と仮定。300株以上のケースでは、記念株主優待と通常の株主優待を年2回、受け取ったものとする。自社製品購入の株主を対象とした株主優待はカウントしない)。

(100株保有の場合※記念株主優待のみ受け取った場合
投資金額:100株×1367円=13万6700円
優待品:1000円分
優待利回り=1000円÷13万6700円×100=0.73%

(300株保有の場合※記念株主優待と従来の株主優待を両方受け取った場合
投資金額:300株×1367円=41万100円
優待品:2000円分
優待利回り=2000円÷41万100円×100=0.48%

(500株保有の場合※記念株主優待と従来の株主優待を両方受け取った場合
投資金額:500株×1367円=68万3500円
優待品:3000円分
優待利回り=3000円÷68万3500円×100=0.43%

(1000株保有の場合※記念株主優待と従来の株主優待を両方受け取った場合
投資金額:1000株×1367円=136万7000円
優待品:4000円分
優待利回り=4000円÷136万7000円×100=0.29%

 立川ブラインド工業の記念株主優待は、個人投資家に人気の「QUOカード」か「Amazonギフト券」、どちらか1000円分を選択できるもの。従来の株主優待でも1000円分の「QUOカード」が贈呈されているので、2018年は年2回「QUOカード」をもらうチャンスができたことになる。記念株主優待を受け取ったとしても、配当+株主優待利回りは1.43%と低いのは残念だが、「QUOカード」狙いの個人投資家は多いので、明日以降の株価を注視しておこう。

 なお、立川ブラインド工業はブラインドや間仕切りなどを手掛ける企業。2018年12月期の連結業績予想は、すべて前期比で売上高が3.2%増、営業利益が2.9%増、経常利益が2.9%増、当期純利益が2.1%増。

■立川ブラインド工業
業種 コード 市場 権利確定月
金属製品 7989 東証1部 (従来)12月末
(記念優待)2018年6月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
1367円 100株 13万6700円 0.73%
※株価などのデータは2018年5月22日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。