株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2018年4月12日 ザイ・オンライン編集部

東和フードサービス(3329)、株主優待を拡充!
「椿屋珈琲店」「ダッキーダック」などで利用可能な
優待食事券の枚数を増加、前期比4.5円の増配も発表!

「椿屋珈琲店」「Ducky Duck(ダッキーダック)」などを展開する東和フードサービス株式会社が、株主優待の拡充と、2018年4月期の配当予想の修正を2018年4月5日に発表した。

東和フードサービス(3329)の株主優待東和フードサービスは、「椿屋珈琲グループ」「ダッキーダック」「イタリアンダイニングDoNa」などのカフェ、レストランを運営する企業。
拡大画像表示

 東和フードサービスの株主優待は、毎年10月末と4月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上を保有する株主を対象に、保有株数に応じて『優待食事券』を贈呈(※希望者は自社製品詰め合わせに交換も可能)」というものだった。

 今後も株主優待の内容に変更はないが、贈呈される優待食事券(500円)の枚数が全体的に増えて拡充される。

 東和フードサービスの優待食事券が利用できるのは自社運営のレストランやカフェ。「椿屋珈琲店」「イタリアンダイニングDoNa」「ダッキーダック」「プロント」「こてがえし」など、カフェからイタリアンレストラン、お好み焼き屋まで、さまざまな業態があるので利便性は高そうだ。

 なお、この株主優待の変更は、2018年4月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

 株主優待の拡充と同時に、東和フードサービスは2018年4月期の配当予想の修正も発表。同社は2017年11月に1株⇒2株の株式分割を実施しているので、単純に比較はできないが、分割前換算だと事前予想から2.5円の増配、前期比では4.5円の増配となる。

東和フードサービスの株主優待制度の変更前と変更後

 (変更前)
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 10月末・4月末  100株以上  ◆10月:優待食事券1000円分
 
◆4月:優待食事券1000円分
 200株以上
 400株未満
 ◆10月:優待食事券1500円分
 
◆4月:優待食事券1500円分
 400株以上
 800株未満
 ◆10月:優待食事券3000円分
 
◆4月:優待食事券3000円分
 800株以上
 2400株未満
 ◆10月:優待食事券6000円分
 
◆4月:優待食事券6000円分
 2400株以上
 4000株未満
 ◆10月:優待食事券1万円分
 
◆4月:優待食事券1万円分
 4000株以上  ◆10月:優待食事券1万5000円分
 
◆4月:優待食事券1万5000円分
 (変更後)※黄色の箇所が前回からの変更点
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 10月末・4月末  100株以上  ◆10月:優待食事券1000円分
 
◆4月:優待食事券1500円分
 200株以上
 400株未満
 ◆10月:優待食事券1500円分
 
◆4月:優待食事券2000円分
 400株以上
 800株未満
 ◆10月:優待食事券3500円分
 
◆4月:優待食事券3500円分
 800株以上
 2400株未満
 ◆10月:優待食事券7000円分
 
◆4月:優待食事券7000円分
 2400株以上
 4000株未満
 ◆10月:優待食事券1万2000円分
 
◆4月:優待食事券1万2000円分
 4000株以上  ◆10月:優待食事券1万8000円分
 
◆4月:優待食事券1万8000円分
 備考  ※優待食事券を返送することで、自社商品詰合せに変更も可能

東和フードサービスの株主優待の利回りは?

 東和フードサービスの2018年4月12日時点の株価(終値)は1972円なので、変更前と変更後の株主優待利回りを計算すると、以下のようになる(※年2回、株主優待を受けるものとして試算)。

【変更前】
(100株保有の場合)
投資金額:100株×1972円=19万7200円
優待品:2000円分
優待利回り=2000円÷19万7200円×100=1.01%

(200株保有の場合)
投資金額:200株×1972円=39万4400円
優待品:3000円分
優待利回り=3000円÷39万4400円×100=0.76%

(400株保有の場合)
投資金額:400株×1972円=78万8800円
優待品:6000円分
優待利回り=6000円÷78万8800円×100=0.76%

【変更後】
(100株保有の場合)
投資金額:100株×1972円=19万7200円
優待品:2500円分
優待利回り=2500円÷19万7200円×100=1.26%

(200株保有の場合)
投資金額:200株×1972円=39万4400円
優待品:3500円分
優待利回り=3500円÷39万4400円×100=0.88%

(400株保有の場合)
投資金額:400株×1972円=78万8800円
優待品:7000円分
優待利回り=7000円÷78万8800円×100=0.88%

 東和フードサービスの株主優待は、「椿屋珈琲店」や「ダッキーダック」などの自社が運営する店舗で利用できる食事優待券。店舗が近くにない場合は、優待券を自社製品詰合せと交換することも可能。今回の株主優待の拡充によって、優待券をもらえる枚数と額面が増えたので、投資家にとっては朗報。さらに、同時に増配も発表したことから、4月5日の発表以降、株価は急上昇している。

東和フードサービスは「椿屋珈琲店」や「ダッキーダック」などの外食チェーン店を展開する企業。2018年2月27日に発表された2018年4月期の業績予想は、すべて前期比で、売上高が3.8%増、営業利益が33.2%増、経常利益が32.0%増、当期純利益が127.0%増を見込み、業績は堅調に推移している。

■東和フードサービス
業種 コード 市場 権利確定月
小売業 3329 JASDAQスタンダード 10月末・4月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
1972円 100株 19万7200円 0.55%
※株価などのデータは2018年4月12日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。