株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2018年2月28日 ザイ・オンライン編集部

東京特殊電線(5807)、QUOカードの株主優待を
新設! 1月末の増配(40円⇒60円)の発表に続き、
3月末に100株保有でQUOカード3000円分を贈呈へ!

東京特殊電線株式会社が株主優待制度を新設すると、2018年2月28日に発表した。

東京特殊電線(5807)の株主優待東京特殊電線は電線やケーブルなどを手掛ける企業。
拡大画像表示

東京特殊電線が新設する株主優待は、毎年3月末時点の株主が対象となり、内容は「100株以上を1年未満保有する株主に、QUOカード3000円分贈呈。100株以上を1年以上保有する株主に、QUOカード5000円分贈呈(※ただし、初回の2018年3月期は、継続保有期間に関係なく一律でQUOカード3000円分を贈呈)」というもの。

 東京特殊電線が株主優待を新設する目的は、「株主の皆様の日頃のご支援に感謝するとともに、当社株式への投資魅力を高め、中長期的に当社株式を保有して頂くこと」とのことだ。

 東京特殊電線の株主優待は、2018年3月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から実施される。なお、継続保有期間の算出は、2018年3月31日より開始となる(※2019年3月期に継続保有期間1年以上と見なされるためには、2018年3月末からの保有が必要)。

東京特殊電線の株主優待制度の詳細と利回りは?

 ■東京特殊電線の株主優待制度の詳細
 ※2018年3月期は継続保有期間に関係なくQUOカード3000円分贈呈
 基準日  保有株式数  保有期間  株主優待内容
 3月末  100株以上  1年未満  QUOカード3000円分
 1年以上  QUOカード5000円分
 備考  ※1年以上継続保有とは、毎年3月31日時点の株主名簿に同一の株主番号で
  連続して2回以上記載または記録された株主を指す。
 ※継続保有期間の算出は、初回の基準となる2018年3月31日より開始。
 ※上記の内容は、2019年3月期から適用。2018年3月期は継続保有期間に関係なく、
  100株以上の保有でQUOカード3000円分が贈呈される。

東京特殊電線の2018年2月28日時点の終値は3335円なので、株主優待の利回りは以下のようになる(※1年未満の保有とする)。

(100株保有の場合)
投資金額:100株×3335円=33万3500円
株主優待品:3000円分
株主優待利回り=3000円÷33万3500円×100=0.89%

 東京特殊電線が新設する株主優待でもらえるのは、個人投資家に人気のQUOカード。2018年3月期は一律3000円分だが、2019年3月期からは1年以上の継続保有で額面が3000円⇒5000円にアップ。継続保有期間の算出は2018年3月末からスタートするので、長期保有を検討する人は2018年3月末から保有を開始したほうがいいだろう。なお、東京特殊電線は1月31日に配当予想を年40円⇒60円に増配することも発表しており、今後も株主還元の姿勢を強めていくかどうかに注目が集まりそうだ。

 東京特殊電線は電線やケーブル、ヒーター線などを手掛ける企業。2018年3月期(通期)連結業績予想は、すべて前期比で売上高14.9%増、営業利益26.3%増、経常利益21.1%増、当期純利益18.7%減。2018年1月31日には、2018年3月期の配当予想を修正。1株あたりの年間配当金は前期比20円増配の60円となっている。

■東京特殊電線
業種 コード 市場 権利確定月
非鉄金属 5807 東証1部 3月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
3335円 100株 33万3500円 1.79%
※株価などのデータは2018年2月28日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。