株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2018年2月24日 ザイ・オンライン編集部

ティーガイア(3738)、QUOカードの株主優待が
年1回⇒年2回に!ただし、100株を1年未満の保有の
場合、年間の受け取り額は3000円⇒2000円に減額!

 株式会社ティーガイアが株主優待の内容を変更すると、2018年2月23日に発表した。

ティーガイア(3738)の株主優待ティーガイアは、スマートフォンなどの通信機器の販売代理店大手。
拡大画像表示

ティーガイアの株主優待は、従来は年1回、3月末時点の株主を対象に実施されており、内容は「100株以上保有する株主に、『QUOカード』3000円分を贈呈」というものだった。

 今後は、株主優待の割当基準日が3月末と9月末の年2回に変更され、もらえるQUOカードの額面が保有株数と継続保有期間によって変更される。

 この株主優待の変更は、2018年3月31日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

ティーガイアの株主優待制度の変更前と変更後

 (変更前)
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 3月末    100株以上  QUOカード3000円分  
 (変更後)
 基準日  保有株式数  継続保有期間  株主優待内容
 3月末    100株以上  1年未満  QUOカード1000円分                     
 1年以上  QUOカード1000円分                     
 300株以上  1年未満  QUOカード1000円分                     
 1年以上  QUOカード2000円分                     
 9月末    100株以上  1年未満  QUOカード1000円分                     
 1年以上  QUOカード2000円分                     
 300株以上  1年未満  QUOカード2000円分                     
 1年以上  QUOカード3000円分                     
 備考  ※保有期間1年以上の株主とは、毎年9月末日および3月末日の株主名簿において、
  同一の株主番号で3回以上連続して記載または記録された株主とする。 
 ※初回の保有期間は、2017年3月末日まで遡り判定。また、保有株式数は2018年3月末日時点の
  保有株式数にて判定し、途中の基準日の保有株式数については考慮しない。

ティーガイアの株主優待の利回りはどうなる?

ティーガイアの2018年2月23日時点の株価(終値)は2979円なので、株主優待利回りは以下のようになる(※変更後は年2回、株主優待を受け取ると仮定)。

【変更前】
(100株保有の場合)
 投資金額:100株×2979円=29万7900円
 優待品:3000円相当
 株主優待利回り=3000円÷29万7900円×100=1.00%

【変更後】
(100株・1年未満保有の場合)
 投資金額:100株×2979円=29万7900円
 優待品:2000円相当
 株主優待利回り=2000円÷29万7900円×100=0.67%

(100株・1年以上保有の場合)
 投資金額:100株×2979円=29万7900円
 優待品:3000円相当
 株主優待利回り=3000円÷29万7900円×100=1.00%

(300株・1年未満保有の場合)
 投資金額:300株×2979円=89万3700円
 優待品:3000円相当
 株主優待利回り=3000円÷89万3700円×100=0.33%

(300株・1年以上保有の場合)
 投資金額:300株×2979円=89万3700円
 優待品:5000円相当
 株主優待利回り=5000円÷89万3700円×100=0.55%

ティーガイアの株主優待は、個人投資家に人気がある「QUOカード」。今回の変更で株主優待の実施が年1回⇒年2回になったが、従来は保有期間に関係なく100株以上の保有で一律3000円分だったのに対し、今後は保有期間が1年未満の場合、保有株数が100株以上~300株未満だと従来の3000円分から2000円分に減額になる。保有株数が100株以上~300株未満でも保有期間が1年以上の場合、もしくは保有期間は1年未満でも保有株数が300株以上の場合は従来と同じ3000円分がもらえて、300株以上を1年間以上保有すると従来よりも2000円分増額されて5000円分がもらえるようになるとはいえ、投資資金が少ない個人投資家にとっては「改悪」と言えるだろう。

 なお、ティーガイアは携帯電話などの通信機器の販売代理店大手で、スマートフォンアクセサリーなどの周辺商材も手掛ける。2018年3月期(通期)の連結業績予想は、すべて前期比で売上高が2.4%増、営業利益が6.5%増、経常利益が6.4%増、当期純利益が4.7%増と好調。

■ティーガイア
業種 コード 市場 権利確定月
(※変更後)
情報・通信業 3738 東証1部 3月末・9月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
2979円 100株 29万7900円 1.85%
※株価などのデータは2018年2月23日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。