株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2018年2月14日 ザイ・オンライン編集部

帝国電機製作所(6333)、株主優待の内容を変更!
200株以上~1000株未満の株主に贈呈される優待品が
図書カード1000円分からQUOカード1000円分に変更

 株式会社帝国電機製作所が、株主優待の内容を変更すると2018年2月9日に発表した。

帝国電機(6333)の株主優待帝国電機製作所は、爆発性・毒性のある液体等も取り扱える、「キャンドモータポンプ」を主力商品とする機械メーカー。
拡大画像表示

 帝国電機製作所の株主優待は、従来「200株(2単元)以上~1000株未満を保有する株主には、1000円分の『図書カード』を贈呈。1000株以上~2000株未満を保有する株主には、3000円相当のカタログギフトを贈呈。2000株以上を保有する株主には、5000円相当のカタログギフトを贈呈」というものだった。

 今後は、200株以上~1000株未満の株主に贈呈されていた「図書カード」が、同額の「QUOカード」へと変更される。

 この株主優待の変更は、2018年3月31日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

帝国電機製作所の株主優待制度の変更前と変更後

(変更前)
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 3月末  200株以上~1000株未満  図書カード(1000円分)
 1000株以上~2000株未満  3000円相当のカタログギフト
 2000株以上  5000円相当のカタログギフト
(変更後)
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 3月末  200株以上~1000株未満  QUOカード(1000円分)
 1000株以上~2000株未満  3000円相当のカタログギフト
 2000株以上  5000円相当のカタログギフト

帝国電機製作所の株主優待利回りはどうなる?

帝国電機製作所の2018年2月9日時点の終値は1371円なので、株主優待利回りは以下のようになる(※変更前後で株主優待利回りは変わらず)。

 (200株保有の場合)
 投資金額:200株×1371円=27万4200円
 優待品:QUOカード1000円分
 株主優待利回り=1000円÷27万4200円×100=0.36%

 (1000株保有の場合)
 投資金額:1000株×1371円=137万1000円
 優待品:3000円相当のカタログギフト
 株主優待利回り=3000円÷137万1000円×100=0.21%

 (2000株保有の場合)
 投資金額:2000株×1371円=274万2000円
 優待品:5000円相当のカタログギフト
 株主優待利回り=5000円÷274万2000円×100=0.18%

帝国電機製作所の株主優待は、200株以上~1000株未満でもらえる株主優待品が1000円分の「図書カード」から1000円分の「QUOカード」に変更された。額面は「1000円」で変わらないので株主優待利回りも変わらないが、コンビニなどでも利用できる「QUOカード」のほうが「図書カード」よりも使い勝手がいいので、今後、個人投資家の注目度は高まるだろう。実際、株主優待品が「QUOカード」に変更されるという適時開示が出た翌営業日(2018年2月13日)に帝国電機製作所の株価は約15%も急騰している。

 なお、帝国電機製作所は、取り扱い液が完全密閉される構造の「キャンドモータポンプ」を主力製品とする機械メーカー。モータとポンプの基礎技術を応用した他製品も含めて、国内は新幹線、国内外は工場、ビル・大型施設、自動車などさまざまな分野に商品が供給されている。2018年3月期(通期)の連結業績予想は、すべて前期比で売上高が5.5%増、営業利益が34.6%増、経常利益が33.6%増、当期純利益が22.0%増。2017年度は北米における冷凍機向けのポンプが順調に伸びたうえ、製品の値上げも追い風に。

■帝国電機製作所
業種 コード 市場 権利確定月
機械 6333 東証1部 3月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
1526円 100株 15万2600円 1.05%
※株価などのデータは2018年2月14日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。