株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2018年2月1日 ザイ・オンライン編集部

スクロール(8005)、株主優待の「改悪」を発表!
3月末時点の株主への「新茶」の贈呈を廃止、同時に
業績予想の下方修正も発表して株価が14%超も急落!

 株式会社スクロールが、株主優待の変更を2018年1月31日に発表した。

スクロール(8005)の株主優待スクロールは通販事業を手掛ける企業。
拡大画像表示

スクロールの株主優待は、毎年3月末と9月末の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上保有する株主に、保有株数と継続保有期間に応じて、『株主優待券』(自社グループカタログ、およびネットショッピングで利用可)を贈呈。なお、3月末時点で100株以上の株主には、静岡県産新茶100gも贈呈」というものだった。

 今後も株主優待券がもらえる点に変わりはないが、3月末時点の株主に贈呈されていた「新茶」の優待が廃止される。

 この株主優待の変更は、2018年3月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

スクロールの株主優待制度の変更前と変更後

(変更前)
 基準日  保有株式数  保有期間  株主優待内容
 3月末  100株以上  --  ◆株主優待券500円相当
 ◆新茶100g
 1000株以上  --  ◆株主優待券2500円相当
 ◆新茶100g
 1万株以上  --  ◆株主優待券5000円相当
 ◆新茶100g
 9月末  100株以上  1年未満  株主優待券500円
 1年以上  株主優待券1000円相当
 2年以上  株主優待券1500円相当
 3年以上  株主優待券2000円相当
 1000株以上  1年未満  株主優待券2500円相当
 1年以上  株主優待券3500円相当
 2年以上  株主優待券4500円相当
 3年以上  株主優待券5500円相当
 1万株以上  1年未満  株主優待券5000円相当
 1年以上  株主優待券6500円相当
 2年以上  株主優待券8000円相当
 3年以上  株主優待券1万1000円相当
(変更後)
 基準日  保有株式数  保有期間  株主優待内容
 3月末  100株以上  --  株主優待券500円相当
 1000株以上  --  株主優待券2500円相当
 1万株以上  --  株主優待券5000円相当
 9月末  100株以上  1年未満  株主優待券500円
 1年以上  株主優待券1000円相当
 2年以上  株主優待券1500円相当
 3年以上  株主優待券2000円相当
 1000株以上  1年未満  株主優待券2500円相当
 1年以上  株主優待券3500円相当
 2年以上  株主優待券4500円相当
 3年以上  株主優待券5500円相当
 1万株以上  1年未満  株主優待券5000円相当
 1年以上  株主優待券6500円相当
 2年以上  株主優待券8000円相当
 3年以上  株主優待券1万1000円相当
 詳細  ※継続保有期間が1年未満の場合、3月末と9月末に贈呈される株主優待券は同額。
  9月末時点の株主に対してのみ、長期継続保有の優遇制度あり。
 ※継続保有の対象となるためには、毎年3月31日および9月30日の株主名簿に
  同一株主番号で、連続して記載または記録されていることが条件となる。

スクロールの株主優待の利回りはどうなる?

スクロールの2018年2月1日時点の株価(終値)は435円なので、変更後の株主優待利回りは以下のようになる(※年2回、株主優待を受けるものと仮定。なお、従来3月末の株主に贈呈されていた新茶は金額不明。新茶を加味しないと変更前後で利回りの変動はなし)。

(100株・1年未満保有の場合)
投資金額:100株×435円=4万3500円
優待品合計:1000円相当
株主優待利回り=1000円÷4万3500円×100=2.29

(1000株・1年未満保有の場合)
投資金額:1000株×435円=43万5000円
優待品合計:5000円相当
株主優待利回り=5000円÷43万5000円×100=1.14

(1万株・1年未満保有の場合)
投資金額:1万株×435円=435万円
優待品合計:1万円相当
株主優待利回り=1万円÷435万円×100=0.22

スクロールは、株主優待名人の桐谷さんも推奨する人気優待株として知られている。桐谷さんは新茶がもらえることに加えて、長期継続保有の優遇が手厚いことなどを推奨の理由としていた。
【※関連記事はこちら!】
株主優待の「新設・拡充・長期保有優遇あり」の3つの条件で、配当+優待利回りが高い銘柄ベスト3を発表!桐谷さんが注目する、株主優待の最新トレンドとは?​

 今回の変更によって、3月末の株主に贈呈されていた新茶の株主優待が廃止に。株主優待券の額面は変わらず、長期継続保有の優遇も継続されるものの、人気の株主優待株とあって変更の衝撃は小さくなかったのに加えて、同時に業績の下方修正も発表されたことから、発表翌日となった本日(2018年2月1日)に株価は暴落。終値は前日比マイナス14.71%の435円で引けている。

 なお、スクロールは通販事業を展開する企業で、静岡県浜松市に本社を構える。2018年3月期(通期)の連結業績予想は、すべて前期比で売上高1.9%増、営業利益4.6%増、経常利益3.6%増。1月31日に発表した業績予想の下方修正により、連結当期損益は12億円の黒字から10億円の赤字としている。

■スクロール
業種 コード 市場 権利確定月
小売業 8005 東証1部 3月末・9月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
435円 100株 4万3500円 2.29%
※株価などのデータは2018年2月1日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。