株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2018年1月26日 ザイ・オンライン編集部

東京個別指導学院、株主優待を「カタログギフト」に
変更!これまでの「授業料の割引券」から「カタログ
ギフト」になり、基準日は「2月末」の1回のみに変更

 株式会社東京個別指導学院が株主優待制度の内容を変更すると、2018年1月24日に発表した。

東京個別指導学院の株主優待東京個別指導学院は、ベネッセホールディングスのグループ会社。小中高生向けの個別指導を中心とした教育事業を行う。
拡大画像表示

 東京個別指導学院の株主優待の内容は、従来「毎年8月末および2月末時点で100株(1単元)以上保有する株主を対象に、保有株数に応じて、東京個別指導学院や関西個別指導学院などで利用できる授業料・受講料の割引券(保有株数により1000円~4万8000円相当)を年2回贈呈」というものだった。

 今後は、株主優待の基準日が「8月末および2月末」の年2回から、「2月末」のみに変更される。

 さらに、株主優待の内容も変更され、「100株以上の株主に、株主優待品カタログに掲載する優待品の中から、希望の1品を贈呈」とされる。従来は保有株数に応じてもらえる授業料・受講料の割引券が増額されていたが、今後は100株以上の株主に一律でカタログギフトが贈呈される見通し。なお、現時点でカタログギフトの内容や額面は公表されていない。

 この株主優待の変更は、2018年2月28日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

東京個別指導学院の株主優待制度の変更前と変更後

(変更前)
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 2月末・
 8月末
 100株以上  授業料・受講料の割引券1000円分(×2回)
 300株以上  授業料・受講料の割引券3000円分(×2回)
 700株以上  授業料・受講料の割引券9万000円分(×2回)
 3000株以上  授業料・受講料の割引券1万8000円分(×2回)
 9000株以上  授業料・受講料の割引券3万6000円分(×2回)
 1万5000株以上  授業料・受講料の割引券4万8000円分(×2回)
 詳細  ※優待品は11月・5月に発送される。    
(変更後)
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 2月末  100株以上  カタログギフト(価格不明)
 詳細  ※優待品は5月に発送される。

 変更後の東京個別指導学院の株主優待は、カタログギフト。額面が不明のため、株主優待利回りの算出は不可能。これまでは年2回、授業料の割引券が贈呈されていたが、今後は2月末のみの年1回に変更され、保有株数に応じた株主優待の増額もなくなると見られる。しかし、利用する人が限られていた授業料・受講料の割引券から、個人投資家に人気が高い「カタログギフト」への変更はむしろ好感され、発表翌日の株価は上昇している。

 なお、東京個別指導学院は小中高生の向けの個別指導を主軸とした、ベネッセホールディングスのグループ企業。科学実験の教室や文章教室など独自の授業も行っているほか、オンライン受講サービスも提供している。2018年2月期の業績予想は、すべて前期比で売上高5.0%増、営業利益11.0%増、経常利益11.0%増、当期純利益17.5%増と最高益達成。

■東京個別指導学院
業種 コード 市場 権利確定月
サービス業 4745 東証1部 2月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
1147円 100株 11万4700円 2.27%
※株価などのデータは2018年1月26日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。