株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2017年12月1日 ザイ・オンライン編集部

富士ソフト(9749)、株主優待の内容を一部変更!
はがき・住所録作成ソフト「筆ぐるめ」に加えて、
2017年12月期は「しいたけ詰め合わせ」も選べる!

 富士ソフト株式会社は株主優待制度の内容を変更すると、2017年11月28日に発表した。

富士ソフト(9749)の株主優待富士ソフトは独立系の大手システムインテグレーター。
拡大画像表示

富士ソフトの株主優待は、2017年2月に新設が発表されたばかりで、内容は「毎年12月末時点で100株(1単元)以上保有する株主を対象に、最新版のはがき・住所録作成ソフト『筆ぐるめ』(DVD版)Windows版1個)を贈呈」とされていた。「筆ぐるめ」は富士ソフトが自社で開発している人気商品の一つだ。

 今回の株主優待の内容の開示で、2017年12月期は「筆ぐるめ」のほか、「しいたけ詰め合わせ(1セット)」も選択できることが判明した(※翌年度以降に関しては不明)。

富士ソフトの株主優待に新しく加わった「しいたけ詰め合わせ」は、同社の特例子会社「富士ソフト企画株式会社」が、福島県耶麻郡西会津町で、地元しいたけ農家と「西会津しいたけファーム」を共同開設し、生産するもの。

 この株主優待の変更は、2017年12月末時点の株主から適用される。

富士ソフトの株主優待制度の変更前と変更後

 (変更前)
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 12月末  100株以上  はがき・住所録作成ソフト「筆ぐるめ」
(DVD版)Windows版1個(贈呈時点の最新版)
(変更後)
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 2017年12月末  100株以上  以下の(1)(2)のいずれかを選択
 (1)はがき・住所録作成ソフト「筆ぐるめ」
(DVD版)Windows版1個(贈呈時点の最新版)
 (2)しいたけ詰め合わせ(1セット)

富士ソフトの株主優待利回りはどうなる?

富士ソフトの2017年12月1日時点の終値は3450円なので、株主優待利回りは以下のようになる(※しいたけの金額は非公表のため、税抜定価3990円の「筆ぐるめ25」をもらったものとして利回りを算出)。

(100株保有の場合)
投資金額:100株×3450円=34万5000円
優待品:3990円相当
株主優待利回り=3990円÷34万5000円×100=1.15%

 富士ソフトの株主優待は、自社のはがき・住所録作成ソフト「筆ぐるめ25」か、「しいたけ詰め合わせ」。「筆ぐるめ25」は利用者が限定的な内容だが、普通に買うと3990円のソフトを1単元の保有でもらえるので、興味を持つ投資家も少なくはないはず。2017年12月期は、子会社が生産する「しいたけ詰め合わせ」も選択できるようになったので、株主優待銘柄としての魅力は増したと言えるだろう。

 なお、富士ソフト独立系の大手システムインテグレーター。技術力と提案力に定評があり、組み込み・制御テクノロジーに強み。2017年11月9日に発表した2017年12月期第3四半期の連結業績は、前年同期比で売上高は10.1%増、営業利益は5.9%増、経常利益は9.9%増、四半期純利益は8.7%増。自動車関連の受注やソフトウェア開発が好調で、業績は順調に推移。通期でも増収増益を予想。

■富士ソフト
業種 コード 市場 権利確定月
情報・通信業 9749 東証1部 12月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
3450円 100株 34万5000円 0.87%
※株価などのデータは2017年12月1日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。