株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2017年12月1日 ザイ・オンライン編集部

いなげや(8182)、株主優待を拡充! 店舗で使える
買い物優待券に加え、お米券などが選択可能になり、
1000株以上保有の株主には長期保有優遇制度を新設!

 株式会社いなげやが、株主優待の変更を2017年11月28日に発表した。

いなげや(8182)の株主優待いなげやは、同名のスーパーチェーンや「ウェルパーク」「三浦屋」などを運営する会社。
拡大画像表示

いなげやの株主優待は、従来3月末と9月末の年2回実施されており、内容は「100株(1単元)以上保有する株主に、保有株式数に応じて、自社グループで利用できる『買い物優待券』を贈呈」という内容だった。

 今後も、年2回の株主優待が実施されることに変わりはないが、内容が一部変更される。詳細は以下のとおり。

【変更・追加点】
 (1)500株以上を保有する株主は、株主優待の内容が選択制になり、「買い物優待券」「お米券」「寄付」の中から一つ選べるようになる。
 (2)長期保有優遇制度が新設され、1000株以上を3年以上継続保有する株主に対し、1000円相当のオリジナル優待品が年1回贈呈される(基準日は3月末)。

 いなげやの「買い物優待券」は、スーパー「いなげや」他、グループ会社のドラッグストアチェーン「ウェルパーク」やスーパー「三浦屋」でも利用できる(※一部対象外商品あり)。

 この株主優待の変更は、2018年3月31日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

いなげやの株主優待制度の変更前と変更後

(変更前)
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 3月末/
 9月末
 100株以上  買い物優待券100円券10枚(×年2回)
 500株以上  買い物優待券100円券50枚(×年2回)
 1000株以上  買い物優待券100円券100枚(×年2回)
 2000株以上  買い物優待券100円券200枚(×年2回)
 3000株以上  買い物優待券100円券300枚(×年2回)
 詳細  ※買い物優待券は、いなげや・ウェルパーク・三浦屋で1000円(税込)以上の
  買い物につき、1000円ごとに1枚利用できる。
 ※直営売場以外(テナント)及び商品券・タバコなど一部の商品には利用不可。
  3月末の株主には6月下旬頃、9月末の株主には11月下旬頃に発送される。
(変更後)
 基準日  保有株式数  継続保有期間  株主優待内容
 3月末/
 9月末
 100株以上  --  買い物優待券100円券10枚(×年2回)
 500株以上  --  以下の(1)(2)(3)から一つを選択
 (1)買い物優待券100円券50枚(×年2回)
 (2)お米券(1kg)2枚(×年2回)
 (3)寄付1000円(×年2回)
 1000株以上  3月末時点で
 継続保有期間
 3年未満
 以下の(1)(2)(3)から1種を選択
 (1)買い物優待券100円券100枚(×年2回)
 (2)お米券(1kg)5枚(×年2回)
 (3)寄付2500円(×年2回)
 3月末時点で
 継続保有期間
 3年以上
 ◆以下の(1)(2)(3)から1種を選択
 (1)買い物優待券100円券100枚(×年2回)
 (2)お米券(1kg)5枚(×年2回)
 (3)寄付2500円(×年2回)
 ◆1000円相当のオリジナル優待品
 2000株以上  3月末時点で
 継続保有期間
 3年未満
 以下の(1)(2)(3)から1種を選択
 (1)買い物優待券100円券200枚(×年2回)
 (2)お米券(1kg)5枚(×年2回)
 (3)寄付2500円(×年2回)
 3月末時点で
 継続保有期間
 3年以上
 ◆以下の(1)(2)(3)から1種を選択
 (1)買い物優待券100円券200枚(×年2回)
 (2)お米券(1kg)5枚(×年2回)
 (3)寄付2500円(×年2回)
 ◆1000円相当のオリジナル優待品
 3000株以上  3月末時点で
 継続保有期間
 3年未満
 以下の(1)(2)(3)から1種を選択
 (1)買い物優待券100円券300枚(×年2回)
 (2)お米券(1kg)5枚(×年2回)
 (3)寄付2500円(×年2回)
 3月末時点で
 継続保有期間
 3年以上
 ◆以下の(1)(2)(3)から1種を選択
 (1)買い物優待券100円券300枚(×年2回)
 (2)お米券(1kg)5枚(×年2回)
 (3)寄付2500円(×年2回)
 ◆1000円相当のオリジナル優待品
 詳細  ※買い物優待券は、いなげや・ウェルパーク・三浦屋で1000円(税込)以上の
  買い物につき、1000円ごとに1枚利用できる。
 ※直営売場以外(テナント)及び商品券・タバコなど一部の商品には利用不可。
  3月末の株主には6月下旬頃、9月末の株主には11月下旬頃に発送される。
 ※「継続保有期間3年以上」は、毎年3月末と9月末の株主名簿に、
  同一株主番号で連続して7回以上記載または記録されることが条件。

いなげやの2017年12月1日時点の株価(終値)は1840円なので、変更後の株主優待利回りは以下のようになる(※買い物優待券を年2回受け取ったものとして算出。継続保有期間は3年未満とする)。

(100株保有の場合)
投資金額:100株×1810円=18万1000円
買い物優待券:2000円相当
株主優待利回り=2000円÷18万1000円×100=1.10%

(500株保有の場合)
投資金額:500株×1810円=90万5000円
買い物優待券:1万円相当
株主優待利回り=1万円÷90万5000円×100=1.10%

(1000株保有の場合)
投資金額:1000株×1810円=181万円
買い物優待券:2万円相当
株主優待利回り=2万円÷181万円×100=1.10%

(2000株保有の場合)
投資金額:2000株×1810円=362万円
買い物優待券:4万円相当
株主優待利回り=4万円÷362万円×100=1.10%

(3000株保有の場合)
投資金額:3000株×1810円=543万円
買い物優待券:6万円相当
株主優待利回り=6万円÷543万円×100=1.10%

いなげやの株主優待は、今回の変更によって「買い物優待券」だけでなく「お米券」も選べるようになり、近くに店舗がない個人投資家にとって利便性がアップしたと言える。なお、長期保有優遇制度の優待品は「プライベートブランド商品等」と発表されているが、現時点で具体的な内容は明らかにされていない。

 なお、いなげやは東京でスーパー「いなげや」を展開する企業。子会社に株式会社ウェルパーク・株式会社三浦屋などがある。2017年11月7日に発表した2018年3月期第2四半期の連結業績は、前年同期比で、営業収益が1.7%減。主力の「いなげや」は、夏季の長雨などの影響により売上が減少。ただし、通期の予想は前期比で営業収益0.7%増、営業利益は37.7%増、経常利益は31.9%増、当期純利益は52.4%増。

■いなげや
業種 コード 市場 権利確定月
小売業 8182 東証1部 3月末・9月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
1840円 100株 18万4000円 0.82%
※株価などのデータは2017年12月1日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。