株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2017年11月21日 ザイ・オンライン編集部

ヤーマン、株式分割後の株主優待の方針を発表!
従来100株以上の株主に自社商品が贈呈されていたが
1株⇒10株の分割後も引き続き100株から優待対象に

【※2018年3月14日公開! 2018年4月期のヤーマンの株主優待品が決定!】
ヤーマン(6630)、2018年4月期の株主優待の内容を発表! 100株保有時の優待利回りは7%超で、人気の美容家電「ミネラルエアー」などがもらえる!


 ヤーマン株式会社が、2017年11月1日付で実施された株式分割(1株⇒10株)後の株主優待の扱いについて、2017年11月20日に発表した。

ヤーマンの株主優待ヤーマンは美容機器や健康機器を手掛けるメーカー。
拡大画像表示

 従来、ヤーマンの株主優待は、毎年4月末時点の株主を対象に実施されており、内容は「100株以上保有する株主に、2万円相当の自社商品を贈呈。500株以上保有する株主に、4万5000円相当の自社商品を贈呈」というものだった。

 ヤーマンは2017年11月1日付で1株⇒10株の株式分割を実施しているが、今回の発表により、2018年4月期の株主優待では、従来通り「100株以上」保有の株主が対象となることが判明した。

 株主優待の内容や、具体的な配布区分がどうなるかは現段階で明らかにされていないものの、株式分割後の最低投資単位(1単元)を保有する株主も対象となるため、従来の10分の1の投資金額で株主優待を獲得できることとなる。

 この株主優待の変更は、2018年4月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

従来のヤーマンの株主優待制度の内容(参考)

 ■従来のヤーマンの株主優待制度の内容(参考)
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 4月末  100株以上  自社商品(2万円相当)
 500株以上  自社商品(4万5000円相当)

 今回の発表により、分割後もヤーマンの株主優待が100株以上の株主から対象となることが明らかにされたものの、株主優待の内容は不明であり、株主優待利回りの算出は不可能。2017年4月期と同様、100株以上の株主に、2万円相当の商品が贈呈される可能性は低いと見られるものの、株主優待情報の開示とともに業績予想が上方修正された影響から、発表の翌営業日(2017年11月21日)には買い注文が殺到。前日の終値1349円から300円高い1649円(前日比+300円、+22.24%)で引けており、東証1部の上昇率1位を記録する大幅上昇となった。

 なお、ヤーマンは脱毛器、美顔器、プラチナゲルマローラーなどの美容家電、健康機器を手掛ける企業。2017年9月13日に発表した2018年4月期第1四半期の連結業績は、売上高が前期比9.6%増、営業利益が48.9%増、経常利益が46.2%増、当期純利益が41.9%増と絶好調。店販部門や直販部門の売上が好調。通期でも増収増益予想。


【※2018年3月14日公開! 2018年4月期のヤーマンの株主優待品が決定!】
ヤーマン(6630)、2018年4月期の株主優待の内容を発表! 100株保有時の優待利回りは7%超で、人気の美容家電「ミネラルエアー」などがもらえる!


■ヤーマン
業種 コード 市場 権利確定月
電気機器 6630 東証1部 4月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
1649円 100株 16万4900円 0.22%
※株価などのデータは2017年11月21日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。