株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2017年11月15日 ザイ・オンライン編集部

北日本銀行、2018年3月期の株主優待の内容を開示!
東日本大震災の復興支援につながる地場特産品か、
+0.2%の優遇金利で定期預金できる優待券がもらえる

 株式会社北日本銀行が、2018年3月末時点の株主を対象とする株主優待の内容を、2017年11月10日に発表した。

北日本銀行の株主優待北日本銀行は、岩手県を中心として、主に東北地方で展開している銀行。
拡大画像表示

北日本銀行の株主優待は、従来「100株以上保有する株主に、保有株数に応じて、カタログより選択できる地場(東北地方)特産品か、優遇金利(店頭表示金利+0.2%)適用の定期預金が作成できる優待券を贈呈」というもの。

 2018年3月期の株主優待も、東日本大震災の復興に貢献するためにも、 引き続き「優遇金利適用の定期預金」と「地場特産産品」の株主優待が実施されることが発表された。

 なお、カタログの内容までは明らかにされていないが、例年は魚介類やお酒、スイーツなど多彩なラインアップとなっている。

 この株主優待の内容は、2018年3月31日時点の株主名簿に記載または記録された株主に適用される。

北日本銀行の株主優待制度の詳細

 北日本銀行の2018年3月期の株主優待の詳細
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 3月末  100株以上  (以下のどちらかを選択)
 ◆地場特産品3000円相当(カタログから選択)
 ◆+0.2%の優遇金利で定期預金できる優待券3枚
 500株以上  (以下のどちらかを選択)
 ◆地場特産品3000円相当(カタログから選択)
 ◆+0.2%の優遇金利で定期預金できる優待券4枚
 1000株以上  (以下のどちらかを選択)
 ◆地場特産品6000円相当(カタログから選択)
 ◆+0.2%の優遇金利で定期預金できる優待券5枚
 詳細  ※定期預金の優待券1枚につき10万円以上100万円以下を受入れ。
 ※期間1年ものスーパー定期預金(証書式)で、店頭表示金利+0.2%(年利)適用。
 ※取扱期間は、2018年7月2日~2019年6月28日
 ※取扱店舗は、北日本銀行全営業店(インターネット支店を除く)
 

北日本銀行の株主優待の利回りはどうなる?

北日本銀行の2017年11月15日時点の株価(終値)は3040円なので、株主優待利回りは以下のようになる(※特産品を選択したものとして試算)。

(100株保有の場合)
投資金額:100株×3040円=30万4000円
特産品:3000円相当
株主優待利回り=3000円÷30万4000円×100=0.98%

(1000株保有の場合)
投資金額:1000株×3040円=304万円
特産品:6000円相当
株主優待利回り=6000円÷304万円×100=0.19%

北日本銀行の株主優待は、定期預金の金利が店頭表示より0.2%優遇される優待券と東北地方の特産品。定期預金はインターネット支店が対象外で、身近に北日本銀行がないと利用できないが、特産品も選択できるということで注目してみてもよさそうだ。

 なお、北日本銀行は岩手県地盤の地方銀行。2017年11月10日に発表された、2018年3月期第2四半期の連結業績は、すべて前年同期比で、経常収益2.1%増、経常利益5.0%減、中間純利益3.3%減。通期でも減益予想。

■北日本銀行
業種 コード 市場 権利確定月
銀行業 8551 東証1部 3月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
3040円 100株 30万4000円 1.97%
※株価などのデータは2017年11月15日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。