株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2017年11月7日 ザイ・オンライン編集部

宝ホールディングス(2531)、株主優待を新設して、
100株以上で自社グループ商品1000~3000円分を
贈呈へ! 業績予想の上方修正と増配も同時に発表!

宝ホールディングス株式会社が株主優待を新設すると、2017年11月7日に発表した。

宝ホールディングスの株主優待宝ホールディングスは酒類、調味料メーカー大手。海外で食材卸も手掛ける。
拡大画像表示

宝ホールディングスが新設する株主優待は、毎年3月末時点の株主が対象で、内容は「100株以上保有する株主を対象に、1000円相当の株主優待品(自社グループ商品詰め合わせなど、数種から一つ選択)を贈呈。1000株以上保有する株主に、3000円相当の優待品(自社グループ商品詰め合わせなど、数種から一つ選択)を贈呈」というもの。

 株主優待品の内容は明らかにされていないが、宝ホールディングスは傘下に宝酒造とタカラバイオを置き、焼酎、みりん、チューハイ、清酒などの製品に強みを持つ。そのため、株主優待品として、酒類や調味料を選択できるようになる可能性が高そうだ。

 宝ホールディングスが株主優待を新設する目的は、「株主の皆様の日頃からのご支援に感謝するとともに、当社株式への投資意欲を高め、より多くの方々に長期的に保有していただき、当社グループの事業に対するご理解をより深めていただくこと」とのこと。

 新設された株主優待は、2018年3月末時点の株主から適用される。

宝ホールディングスが新設する株主優待の詳細と利回りは?

 ■宝ホールディングスが新設する株主優待の詳細
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 3月末  100株以上  優待品(自社グループ商品など)1000円相当
 1000株以上  優待品(自社グループ商品など)3000円相当

 宝ホールディングスの2017年11月7日時点の株価(終値)は1143円なので、株主優待利回りは以下のようになる。

(100株保有の場合)
投資金額:100株×1143円=11万4300円
優待品:1000円相当
株主優待利回り=1000円÷11万4300円×100=0.87%

(1000株保有の場合)
投資金額:1000株×1143円=114万3000円
優待品:3000円相当
株主優待利回り=3000円÷114万3000円×100=0.26%

宝ホールディングスが新設した株主優待は、自社製品などの株主優待品がもらえるというもの。株主優待利回りはそれほど高くないものの、調味料のような、誰にとっても使い勝手がいい株主優待品は人気が高い。まだ株主優待品の詳細は明らかにされていないものの、今後、食品系の株主優待銘柄として個人投資家に注目されるのは間違いないだろう。

 なお、宝ホールディングスは宝酒造やタカラバイオを傘下に置く持ち株会社。株主優待の新設と同時に発表された2018年3月期第2四半期の連結業績は、すべて前年同期比で、売上高19.9%増、営業利益17.7%増、経常利益10.4%増、四半期純利益8.5%増。

 また、通期の連結業績予想については、売上高を0.7%、営業利益を9.3%、経常利益を9.7%、当期純利益を22.4%、それぞれ前回発表予想から上方修正し、2ケタの増収増益予想に。加えて、配当予想を当初の「1株当たり14円」から「1株当たり15円」に修正(増配)することも発表している。

■宝ホールディングス
業種 コード 市場 権利確定月
食料品 2531 東証1部 3月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
1143円 100株 11万4300円 1.22%
※株価などのデータは2017年11月7日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。