桐谷さんの株主優待銘柄[2019年]
2017年10月22日 ザイ・オンライン編集部

株主優待利回りが2~3倍にアップする「長期保有優遇
銘柄」を狙え! 優待名人・桐谷さんがおすすめする
配当+株主優待利回りが約9%に上がる銘柄も紹介!

長期で保有すると、もらえる株主優待の内容が2倍、3倍にもなる長期保有優遇制度を導入する株主優待株が増加中! そんな「長期優遇ありの株主優待株」のメリットや注意点、さらに株主優待名人・桐谷広人さんおすすめの銘柄とは?

長期で保有すると、もらえる株主優待の量やサービスが向上して、利回りがアップする「長期優遇ありの株主優待株」が増えている。そこでダイヤモンド・ザイの特集「長期保有で利回りアップの株主優待株を狙え!」では、「長期優遇ありの株主優待株」のメリットと注意点、さらに株主優待名人・桐谷さんおすすめ&ザイ編集部が調べた必見の63銘柄を一挙に大公開!

今回はその中から「長期優遇ありの株主優待株」のメリットと注意点、さらに桐谷さんおすすめの銘柄をピックアップして紹介する!

長期優遇ありの株主優待株で、隠れ高利回り株を発掘!

 最近、株主優待株の中でも、長く保有すると、もらえる株主優待品の量やサービスが向上する「長期優遇ありの株主優待株」が増えている。中には、1年以上の保有で株主優待利回りが数倍になる銘柄もあるほどだ。

 現在導入している企業数は5年前の約4倍の300社超。企業側にとっては、自社製品のファンになってくれる株主や、業績や中期経営計画もチェックして長期視点で株を保有してくれる株主を増やす、といった狙いがある。一方で、個人投資家はどのように長期優遇ありの株主優待株を選べばいいのか。“株主優待名人”の桐谷広人さんに、メリットや注意点を聞いた。

「最近は、多くの株主優待株が値上がりしてしまい、魅力的な利回りの銘柄が少なくなってきています。そこで今は目先の利回りが低くても、長期保有によって配当と株主優待の合計利回りが4%を超えてくる株にも注目しています」(桐谷さん)

 桐谷さんのように現物株を長く持つタイプの投資家にとって、利回りが長期で上がっていく株主優待株は魅力的。株主優待株への人気が高まる中、長期優遇ありの株主優待株で高利回りを狙うのも手だ。

長期優遇ありの株は、株価の低迷局面に強くなる!

 また長期優遇ありの株主優待株の2つ目のメリットには、短期での売りが出にくくなる点がある。長期保有を前提にする株主が多くなるため、業績悪化や全体相場の下げ局面での株価の下げ止まり効果が期待できるのだ。また、中でも非常に利回りが高い株や株主優待内容の人気が高い株は、相場全体の下落でいったん株価が下がっても、株価の戻りも早いでしょう、と桐谷さん。

 一方で、一定期間保有しないと株主優待がもらえない株も増えており、そのような株には注意点もある。

 「購入時から株価が上がっても、心理的に利益確定の売りがしづらくなる」(桐谷さん)という点だ。

 例えば「キユーピー(2809)」は、2015年から株主優待をもらう条件に「3年以上の継続保有」という保有期間の制限が加わった。桐谷さんは買値から3倍超になった「キユーピー」株を持っているが、その条件のせいで売りにくく感じてしまうという。値上がり益を取るか、株主優待を受け取り続けるか、悩みどころというわけだ。

桐谷さんがおすすめする長期保有優遇ありの株主優待株は
利回り9%弱になる「スクロール」!

 ダイヤモンド・ザイでは、桐谷さんがおすすめする長期優遇ありの株主優待株や、長期保有で株主優待が一気に増える株、株主優待品の種類ごとにセレクトした注目の銘柄を紹介しているが、ここでは桐谷さんがおすすめする長期優遇あり株主優待株を紹介しよう!

 桐谷さんが「やはり外せない」という「スクロール(8005)」は、保有4年目(継続保有3年以上)まで、もらえる株主優待券が毎年増えて、最大で配当+株主優待利回りは9%近くになる。

スクロール(8005)」は、女性向けアパレルを中心に、雑貨、化粧品・健康食品などの通信販売や、通販事業者へのソリューション事業を展開する企業。100株の保有で、500円の株主優待券が年2回、新茶が年1回もらえる。長期の優遇は株主優待券の追加だ。

「配当と株主優待の合計利回りは最大で約9%になり、新茶の分も合わせればさらに高利回りになります」(桐谷さん)。

 ダイヤモンド・ザイ12月号では、「スクロール(8005)」以外にも、桐谷さんがおすすめする「長期優遇ありの株主優待株」を7銘柄紹介しているので、チェックしてみてほしい。