株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2017年9月8日 ザイ・オンライン編集部

ホギメディカル(3593)、株主優待を拡充!
QUOカードなどが選べる優待品に加えて、自社製品の
高性能マスクがもらえることになり、2単元で増量も!

 株式会社ホギメディカルは、株主優待の内容を拡充すると、2017年9月8日に発表した。

ホギメディカルの株主優待は、100株(1単元)以上保有する株主を対象に実施されており、従来の内容は以下から好きなものを一つ選択、というものだった。

ホギメディカルの株主優待ホギメディカルは主に医療用不織布などを手掛けている企業。
拡大画像表示

(1)オリジナルカレンダー(1部)
(2)オリジナルマスク(5枚入り×10袋)
(3)ホキ美術館招待券(1枚※通常の一般料金は1800円)
(4)オリジナルQUOカード(1000円分)

 今回の変更後も、100株以上の株主が対象となり、好きな株主優待品を一つ選択できる点は変わりない。ただし、これまでは選択肢の一つだった「オリジナルマスク(スタンダード・プレミアム各5枚入×10袋)」が選択肢からは除外され、その代わりに選択しなくても必ずもらえるようになった。つまり、「オリジナルマスク」に加えて、カレンダーか美術館招待券、QUOカードのいずれかをもらえる形に変更される。

 さらに、200株以上保有の株主や、100株でも3年以上継続保有する株主に対しては、選択制の株主優待の内容は変わらないが、もらえる「オリジナルマスク」の量が100株(3年未満の保有)のときの2倍の「5枚入り×20袋」に増量される。

 この株主優待の変更は、2017年9月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

ホギメディカルの株主優待制度の変更前と変更後は?

(変更前)
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 9月末  100株以上  以下から一つ好きなものを選択
 (1)オリジナルカレンダー(1部)
 (2)オリジナルマスク(5枚入×10袋
 (3)ホキ美術館招待券(1枚※一般料金で1800円相当)
 (4)オリジナルQUOカード(1000円分) 
(変更後)
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 9月末  100株以上  ◆オリジナルマスク
 (スタンダード・プレミアム各5枚入×10袋
 ◆以下から一つ好きなものを選択
 (1)オリジナルカレンダー(1部)
 (2)ホキ美術館招待券(1枚※一般料金で1800円相当)
 (3)オリジナルQUOカード(1000円分) 
 200株以上
 ※もしくは100株を

 3年以上継続保有
 ◆オリジナルマスク
 (スタンダード・プレミアム各5枚入×20袋
 ◆以下から一つ好きなものを選択
 (1)オリジナルカレンダー(1部)
 (2)ホキ美術館招待券(1枚※一般料金で1800円相当)
 (3)オリジナルQUOカード(1000円分) 

 ホギメディカルの2017年9月8日時点の株価(終値)は8030円なので、変更後の株主優待利回りを計算すると、以下のようになる。
(※QUOカード1000円分を選択した場合。なお、「オリジナルマスク(スタンダード・プレミアム各5枚入×10袋)」の価格は、ホギメディカルがAmazonで販売しているプレミアム5枚入×10袋=5400円、スタンダード5枚入×10袋=4320円で計算)

(100株保有の場合 ※継続保有3年未満
投資金額:1000株×8030円=80万3000円
優待品:QUOカード1000円分+オリジナルマスク合計9720円相当=1万720円相当
優待利回り=1万720円÷80万3000円×100=1.33%

(100株保有の場合 ※継続保有3年以上
投資金額:1000株×8030円=80万3000円
優待品:QUOカード1000円分+オリジナルマスク合計1万9440円相当=2万440円相当
優待利回り=2万440円÷80万3000円×100=2.54%

200株保有の場合)
投資金額:200株×8030円=160万6000円
優待品:QUOカード1000円分+オリジナルマスク合計1万9440円相当=2万440円相当
優待利回り=2万440円÷160万6000円×100=1.27%

ホギメディカルの変更後の株主優待利回りは、「オリジナルカレンダー」などもあるので計算が難しい。しかし、仮にQUOカード1000円分を選択した場合、100株保有時で株主優待利回りは1.33%、200株保有時で1.27%、そして100株を3年以上継続保有した場合は2.54%となる。今回の変更では、医療用品メーカーの高性能な「オリジナルマスク」が必ずもらえるようになり、もともと個人投資家に人気のQUOカードも選択することができるので、株主優待の魅力は増したと言えるだろう。

 また、ホギメディカルは年4回、配当を受け取れる四半期配当を行っている数少ない企業の一つなので、配当の面からも保有を検討する価値はあるだろう。

 なお、ホギメディカルは、 医療用不織布製品、滅菌包装材及び各種医療用キット製品のトップメーカー。2017年7月12日に発表した2018年3月期第1四半期の連結業績は、すべて前年同期比で売上高1.2%増、営業利益27.3%減、経常利益27.1%減、四半期純利益82.5%増。医療用具などをまとめて病院に納入するキット製品受注システム「オペラマスター」が好調だが、6月から稼働を開始した新キット工場の減価償却費が重しに。2018年3月期の通期では、前期比で売上高4.6%増、営業利益28.8%減、経常利益26.9%減、当期純利益10.8%減を予想。

■ホギメディカル
業種 コード 市場 権利確定月
繊維製品 3593 東証1部 9月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
8030円 100株 80万3000円 1.54%
※株価などのデータは2017年9月8日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。