株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2017年9月3日 ザイ・オンライン編集部

アサヒグループホールディングス、株主優待を拡充!
株主限定ビールなど優待内容は変わらず、配布基準が
変更になり、保有株数によっては優待利回りアップ!

 アサヒグループホールディングス株式会社は、株主優待の変更を2017年9月1日に発表した。

アサヒビールホールディングスの株主優待アサヒグループホールディングスは、ビール類の国内シェアトップ。酒類・飲料・食品など幅広く事業を展開する。
拡大画像表示

アサヒグループホールディングスの株主優待は、従来「100株(1単元)以上保有する株主を対象に、保有株式数に応じて、自社商品などを贈呈(『株主限定ビール』などの選択肢の中から、好きなものを1つ選択)」というもの。

 今後も株主優待の内容は基本的に変わらないが、以下の2点が変更になる。

(1)500株以上1000株未満の株主向けの株主優待が新設
 従来は「100株以上1000株未満」「1000株以上」という2段階の配布基準で株主優待が配布されていたが、今後は「500株以上1000株未満」も追加され、株主優待の配布基準が3段階で決定されるようになる。

(2)1000株以上の株主向けの株主優待が増額
 従来、「1000株以上」の株主は2500円相当の株主優待品を受け取ることができたが、変更後は「1000株以上」の株主に対し、500円が増額されて
3000円相当の商品が贈呈されるようになる。

 なお、株主優待品の選択肢は変更前と変わらず、以下のとおりとなっている(何株の保有でも選択肢は同じ)。

(1)株主限定プレミアムビール 
(2)酒類商品詰め合わせ 
(3)清涼飲料水・食品詰め合わせ 
(4)アサヒグループ環境基金「水の惑星」への参加
(5)東日本大震災復興支援活動への寄付

 この株主優待の変更は、2017年12月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

アサヒグループホールディングスの株主優待制度の変更前と変更後

 (変更前)
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 12月末  100株以上  以下 (1)~(5)から1つ選択(1000円相当)
 (1)株主限定プレミアムビール 
 (2)酒類商品詰め合わせ 
 (3)清涼飲料水・食品詰め合わせ 
 (4)アサヒグループ環境基金「水の惑星」への参加
 (5)東日本大震災復興支援活動への寄附
 1000株以上  以下 (1)~(5)から1つ選択(2500円相当)
 (1)株主限定プレミアムビール 
 (2)酒類商品詰め合わせ 
 (3)清涼飲料水・食品詰め合わせ 
 (4)アサヒグループ環境基金「水の惑星」への参加
 (5)東日本大震災復興支援活動への寄附
 (変更後)
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 12月末  100株以上  以下 (1)~(5)から1つ選択(1000円相当)
 (1)株主限定プレミアムビール 
 (2)酒類商品詰め合わせ 
 (3)清涼飲料水・食品詰め合わせ 
 (4)アサヒグループ環境基金「水の惑星」への参加
 (5)東日本大震災復興支援活動への寄附
 500株以上  以下 (1)~(5)から1つ選択(2000円相当)
 (1)株主限定プレミアムビール 
 (2)酒類商品詰め合わせ 
 (3)清涼飲料水・食品詰め合わせ 
 (4)アサヒグループ環境基金「水の惑星」への参加
 (5)東日本大震災復興支援活動への寄附
 1000株以上  以下 (1)~(5)から1つ選択(3000円相当)
 (1)株主限定プレミアムビール 
 (2)酒類商品詰め合わせ 
 (3)清涼飲料水・食品詰め合わせ 
 (4)アサヒグループ環境基金「水の惑星」への参加
 (5)東日本大震災復興支援活動への寄附

アサヒグループホールディングスの株主優待の利回りは?

アサヒグループホールディングスの2017年9月1日時点の株価(終値)は4753円なので、株主優待利回りは以下のようになる。

【変更前】
(100株保有の場合)
投資金額:100株×4753円=47万5300円
優待品:1000円相当
株主優待利回り=1000円÷47万5300円×100=0.21%

(500株保有の場合)
投資金額:500株×4753円=237万6500円
優待品:1000円相当
株主優待利回り=1000円÷237万6500円×100=0.04%

(1000株保有の場合)
投資金額:1000株×4753円=475万3000円
優待品:2500円相当
株主優待利回り=2500円÷475万3000円×100=0.05%

【変更後】

(100株保有の場合)
投資金額:100株×4753円=47万5300円
優待品:1000円相当
株主優待利回り=1000円÷47万5300円×100=0.21%
※変更前の株主優待利回りから変更なし

(500株保有の場合)
投資金額:500株×4753円=237万6500円
優待品:2000円相当
株主優待利回り=2000円÷237万6500円×100=0.08%

(1000株保有の場合)
投資金額:1000株×4753円=475万3000円
優待品:3000円相当
株主優待利回り=3000円÷475万3000円×100=0.06%

アサヒグループホールディングスの株主優待は、今回の変更によって500株以上保有時の株主優待品が増額され、株主優待利回りがアップする。具体的には500株保有時は0.04%⇒0.08%と2倍に、1000株保有時は0.05%⇒0.06%にアップする。ちなみに、株主限定プレミアムビールや同社グループ商品の詰め合わせなどだが、内容は年度によって変更されることがある。たとえば、株主限定プレミアムビールは、2016年度は国産の麦芽とホップだけを原料に使用した「和のプレミアムエール」、2015年度はドイツバイエルン州ハラタウ地方の認証ホップを100%使用したビールだった。2017年度のビールの詳細はまだ非公表だが、楽しみにしている株主は多いはずで、今回の一部拡充は歓迎されるだろう。アサヒビールホールディングス連続増配も続けているので、株主優待狙いでないとしても継続保有を検討してみても良さそうだ。

 なお、
アサヒグループホールディングスは1949年に創業した、ビール類の国内シェアのトップを占める企業。「アサヒスーパードライ」「クリアアサヒ」などの酒類、「十六茶」「カルピス」などの飲料の他、菓子や健康食品、サプリメント、酵母エキスなどの食品事業も手掛ける。

 2017年12月期第2四半期の連結業績は、すべて前年同期比で売上収益20.4%増、事業利益36.6%増、営業利益34.0%増、四半期利益42.5%増と絶好調。ビール類以外の酒類や、飲料事業の売り上げが前年を上回った。通期でも2ケタの増収増益を予想。

■アサヒグループホールディングス
業種 コード 市場 権利確定月
食料品 2502 東証1部 12月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
4753円 100株 47万5300円 1.45%
※株価などのデータは2017年9月3日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。