株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2017年8月29日 ザイ・オンライン編集部

JPホールディングス(2749)、株主優待を再開!
2017年9月末の株主は保有株数に応じてポイントを
もらえて、専用サイトで好きな商品に交換可能に!

 株式会社JPホールディングスは、2016年度に廃止した株主優待を再開すると、2017年8月29日に発表した。

JPホールディングスの株主優待JPホールディングスは保育園運営などを手掛ける企業。
拡大画像表示

JPホールディングスが2017年度に再開する株主優待は、「毎年9月末時点で500株(5単元)以上の株主に、保有株数と継続保有期間に応じ、食品など好きな商品と交換できるポイントを贈呈」というもの。

 株主優待の権利を獲得すると、「JPホールディングス・プレミアム優待倶楽部のご案内」が送付される(2017年分に関しては2017年10月下旬に送付予定)。インターネットサイトで登録することにより、保有ポイント数に応じて1000点以上の商品から好きなものを選択できる。

 ちなみに、2015年度までは500株以上の株主にお米5kgが贈呈されていたので、再開といっても内容は一新されている。

JPホールディングスの株主優待は、2017年9月末時点の株主から再開される。

JPホールディングスが再開する株主優待の内容と優待利回りは?

 ■JPホールディングスの株主優待の詳細
 基準日  保有株式数  保有期間  株主優待内容
 9月末  500株以上  1年未満  2500ポイント
 1年以上  2750ポイント
 1000株以上  1年未満  5000ポイント
 1年以上  5500ポイント
 2000株以上  1年未満  7000ポイント
 1年以上  7700ポイント
 3000株以上  1年未満  1万ポイント
 1年以上  1万1000ポイント
 4000株以上  1年未満  1万3000ポイント
 1年以上  1万4300ポイント
 5000株以上  1年未満  1万6000ポイント
 1年以上  1万7600ポイント
 1万株以上  1年未満  3万1000ポイント
 1年以上  3万4100ポイント
 詳細  ※ポイントは1年のみ繰り越すことが可能。

JPホールディングスが新たに贈呈するポイントは、1ポイントいくら相当のものか明示されていないため、優待利回りの算出が不可能。ただし、他の企業が導入している「プレミアム優待倶楽部」と同様に「1ポイント=1円」と仮定すると、500株を1年未満保有した場合、株主優待利回りは「2500円相当÷(500株×325円=16万2500円)×100=1.53%」となる(株価は2017年8月29日の終値324円で計算)。

 今回、株主優待を再開するという開示は、2017年8月29日の13時50分に発表された。株主優待の再開は好感され、発表直後から株価は上昇。最終的に8月29日の終値は前日比プラス6.21%の上昇となった。

 結局、JPホールディングスは2016年度の株主優待を廃止しただけで、すぐにまた株主優待を再開することとなった。今後もまた廃止をしないとも限らないものの、ポイント制の魅力的な優待なので、注目する価値はあるだろう。なお、JPホールディングスの株主優待は5単元以上の保有が条件となり、100~400株の保有では対象外となる点に注意したい。

JPホールディングスは子育て支援事業や給食の請負事業、物品販売事業などを手掛ける大手保育事業者。保育園・学童の運営、音楽教室の運営、体操講師の派遣事業など、子育て周りのサービスを一手に引き受ける。海外にも幼稚園を開園。2018年3月期の第1四半期の連結業績は、すべて前年同期比で売上高が17.9%増、営業利益が235.8%増、経常利益が183.8%増、四半期純利益が196.4%増。通期ではすべて前期比で売上高が14.6%増、営業利益が1.0%減、経常利益が3.7%増、当期純利益が17.6%増を予想する。

■JPホールディングス
業種 コード 市場 権利確定月
サービス業 2749 東証1部 9月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
325円 100株 3万2500円 0.92%
※株価などのデータは2017年8月29日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。