株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2017年8月7日 ザイ・オンライン編集部

CEホールディングス、株主優待の新設+記念優待の
実施を同時に発表! どちらの優待も9月末時点で
100株以上の株主を対象にQUOカード500円分贈呈

 株式会社CEホールディングスが、株主優待を新設すると同時に、新製品販売開始の記念株主優待を実施すると2017年8月7日に発表した。

CEホールディングスが今回新設し、これから毎年実施する予定の株主優待の内容は、「毎年9月30日時点で100株(1単元)以上保有する株主を対象に、QUOカード500円分を贈呈」というもの。
(※2018年7月31日追記:2017年10月1日付で1株⇒2株の株式分割が実施されたことに伴い、2018年9月末からは100株以上の株主に贈呈されるQUOカードが1000円分に増額。株主優待利回りに変更はなし)

CEホールディングスCEホールディングスは電子カルテシステムの開発を手掛けている企業。
拡大画像表示

 CEホールディングスが株主優待を新設する目的は、「株主の皆様からの日頃のご支援に感謝するとともに、当社株式への投資の魅力を高め、 より多くの方々に当社株式を保有していただくこと」とのことだ。

 また、CEホールディングスは、子会社である株式会社シーエスアイが、新電子カルテシステム「MI・RA・Is/AZ」(ミライズ/エーズィー)を2017年8月から販売開始したことを受けて、新製品販売開始の記念株主優待の実施も発表。これは2017年9月30日時点の株主限定で実施され、翌年以降は行われない。

 記念株主優待の内容は、「100株以上保有する株主を対象に、QUOカード500円分を贈呈」となっている。このため、2017年9月30日時点の株主のみ、通常分と合計でQUOカードを1000円分もらうことができる。

CEホールディングスが実施する株主優待の詳細と優待利回りは?

■CEホールディングスが新設(今後毎年実施)する株主優待の詳細
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 9月末  100株以上  QUOカード500円分
(※2018年7月31日追記:2017年10月1日付で、
 1株⇒2株の株式分割が実施されたことに伴い、
 2018年9月末に100株以上の株主に贈呈される
 QUOカードが1000円分に増額へ。
 株主優待利回りは従来から変化しない)
■CEホールディングスが2017年9月期のみで実施する記念株主優待の詳細
 基準日  保有株式数  株主優待内容
 2017年9月末  100株以上  QUOカード500円分

CEホールディングスの2017年8月7日時点の株価(終値)は1148円なので、株主優待利回りは以下のようになる(※通常の株主優待と記念優待を受け取ったものとして試算)。

(100株保有の場合)
投資金額:100株×1148円=11万4800円
株主優待品:QUOカード1000円分
株主優待利回り=1000円÷11万4800円×100=0.87%

 CEホールディングスの株主優待は、投資家に人気のQUOカード。通常の株主優待500円分に加えて、2017年9月末限定で記念優待が実施されるのでQUOカードの額面が2倍の1000円になる。それでも株主優待利回りは0.87%とそれほど高くはないが、配当利回りは2017年8月7日時点の終値で計算すると2.18%。配当+株主優待利回りは3%を超えるので魅力的と言えるだろう。
(※2018年7月31日追記:2017年10月1日付で1株⇒2株の株式分割が実施されたことに伴い、2018年9月末からは100株以上の株主に贈呈されるQUOカードが1000円分に増額。株主優待利回りに変更はなし)

 なお、CEホールディングスは札幌に拠点を置き、電子カルテシステムの自社開発を手掛けている企業。株主優待の新設と同時に発表された2017年9月期の連結業績予想(通期)は、すべて前期比で売上高が1.5%減、営業利益が41.4%減、経常利益が28.1%減、当期純利益が29.8%減。連結子会社が特別損失を計上した影響で、業績予想は大幅に下方修正されている点には注意が必要だ。

■CEホールディングス
業種 コード 市場 権利確定月
情報・通信業 4320 東証1部・札証 9月末
(※記念優待は2017年9月末のみ)
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
1148円 100株 11万4800円 2.18%
※株価などのデータは2017年8月7日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。