桐谷さんの株主優待銘柄[2019年]
2017年8月6日 ザイ・オンライン編集部

桐谷さん&優待ブロガーがおすすめの「買い物券」や
「割引券」がもらえる株主優待ベスト3! スーパーや
家電量販店でお得に買い物ができる株主優待銘柄は?

◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこ?」
桐谷さんのおすすめは
松井、SBI、東海東京の3社!
詳しくはこちら!>>
桐谷さんお墨付きの証券会社は?

スーパーや家電量販店の「買物券」や「割引券」がもらえる株主優待銘柄を5つ紹介!

ダイヤモンド・ザイの別冊付録は、「株主優待 目的別ベスト117」。著名な株主優待投資家19人とザイ読者におすすめの株主優待銘柄を投票してもらった各種ランキングを発表。さらにランキングからは漏れたものの「知る人ぞ知る優良銘柄」「最近、株主優待が新設・拡充された株」という観点で選んだおすすめ銘柄も加えた合計117銘柄をリストアップしている。

今回は、「よく行く店でショッピングする際に、割引などの優待を受けたい」という目的を持つ人にぴったりな、「買物券」「割引券」がもらえる株主優待銘柄を紹介! 株主優待投資家やザイ読者が推薦する銘柄のほか、編集部の推薦銘柄、さらにあの優待名人・桐谷さんが推薦する銘柄も含め、全5銘柄をピックアップする。

家計が助かる!「買物券」「割引券」がもらえる株主優待銘柄を紹介

 目に見えて家計の助けになったり、支出が減ったりするのが「買物券」や「割引券」のいいところ。株主優待で「買物券」「割引券」を用意する企業は数あるが、株主優待投資家やザイ読者に実施したアンケートでは、特定の銘柄に票が集中し、人気の銘柄が浮き彫りとなった。

 ここからは、そんな人気の「『買物券』『割引券』がもらえる株主優待銘柄」を紹介。ダイヤモンド・ザイではランキング形式で紹介しているが、今回は第1位~第3位までを抜粋して掲載する。さらに、「買物券」や「割引券」がもらえる銘柄のうち、ザイ編集部が推薦する銘柄と、あの株主優待名人・桐谷さんがおすすめする銘柄も併せて公開!(※銘柄情報のカッコ内は、株主優待投資家およびザイ読者のコメント)

 まず、第1位に輝いたのは「イオン(8267)」。保有株数に応じ、イオンやマックスバリュ、まいばすけっと、マルナカなどで買い物する際に、3~7%のキャッシュバックが受けられる。イオンに入っている「ジーフット」や「未来屋書店(現金払いのみ対象)」など、一部の専門店でもキャッシュバックOK。自宅が「イオン経済圏」に少しでも入っている人ならおすすめだ。

 また、株主優待以外の割引と組み合わせて割引幅を大きくする裏ワザもある。 

「①『マックスバリュ』6社・『イオン北海道(7512)』・『イオン九州(2653)』いずれかの株主優待を利用+②『イオンカードセレクト』からオートチャージしてWAON利用+③20・30日の『イオンカード』5%割引+④『イオン』の株主優待の併用で、最大17%引きになります」(まつのすけさん)

 2位には、株主優待品として「買物優待券」がもらえる「ビックカメラ(3048)」がランクイン。「電化製品だけでなく食品などの品揃えも豊富で、長期保有優遇(※買い物優待券の追加)も魅力的です」(64歳男性)。ネットショップや「コジマ」「ソフマップ」の店舗でも使えるが、優待券で購入する際はポイントが付かない点は注意が必要だ。

 3位にも同じく家電量販店の「ヤマダ電機(9831)」がランクインした。「ヤマダ電機」の株主優待は、1000円の買物ごとに使える500円分の割引券。「ビックカメラ」と同じく、家電以外の商品も充実しているため、「食料品や薬、生活用品も割引券が使えて、ほぼ半額で購入できるのでうれしいです。私は町指定のゴミ袋までほぼ半値でゲットしています」(ようこりん)。継続保有期間に応じてもらえる割引券が増加するなど、長期優遇の手厚さは折り紙つきだ。

桐谷さんのおすすめは、
中古の本やDVDをお得に買えるあの銘柄!

 ここまで、株主優待投資家やザイ読者から特に人気が高かった3銘柄を紹介したが、ダイヤモンド・ザイでは「買物券」や「割引券」がもらえる人気銘柄をランキング形式で7位まで紹介しているので、続きはダイヤモンド・ザイチェックしてみてほしい。

 ここからは、ランキングに入っていない株主優待銘柄で、ザイ編集部が推薦する銘柄と、株主優待名人の桐谷さんが推薦する銘柄を紹介していこう。

 まず、ザイ編集部が推薦するのが、イオン系列で「マルエツ」や「カスミ」「マックスバリュ関東」を傘下に置く「ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(3222)」。株主優待でもらえる100円の買物割引券は「マルエツ」「カスミ」「マックスバリュ関東(一部店舗除く)」での買物1000円ごとに1枚使える。近くに店舗がある「関東圏の人におすすめ」と、個人投資家のv-com2さんもおすすめしている。

 続いて、桐谷さんがおすすめしてくれた銘柄は、中古本やCD・DVDなどを主に取り扱う「ブックオフコーポレーション(3313)」。株主優待特典として、保有株数に応じて2000〜5000円分の自社グループ買物券がもらえる。「全国展開していて店舗も多いですし、108円や200円の古本で優待券の使い手がありますね。3年保有で利回りも4%を超えてきます。特価のDVDコーナーもおすすめです」(桐谷さん)

【※桐谷さんが登場する最新記事はこちら!】
⇒“優待名人”桐谷さんと“相場の福の神”藤本誠之さんが株主優待株の
「ジャンル別のおすすめ銘柄」で対決!「食品」と「カタログギフト」のおすすめ4銘柄とは?

【※2018年10月のおすすめ株主優待銘柄の情報はこちら!】
⇒【2018年10月の株主優待の内容と利回りを調査!】
優待銘柄数は少ないが、配当+優待利回り4%超で、食品や優待券、金券がもらえるお得な銘柄も多数!