株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2017年7月20日 ザイ・オンライン編集部

大江戸温泉リート投資法人(REIT)が優待を新設!
同法人が投資している温泉・温浴施設への宿泊時に
利用可能な1000円分の「優待券」が年2回もらえる!

 REIT(不動産投資信託)の大江戸温泉リート投資法人が、2017年11月末時点の投資主を対象として、投資主優待(株主優待)を新設すると、2017年7月20日に発表した。

大江戸温泉リート投資法人大江戸温泉リート投資法人は、温泉・温浴施設などに投資するREIT。
拡大画像表示

大江戸温泉リート投資法人の投資主優待は、11月末と5月末時点の投資主を対象に実施される。内容は、「5口以上保有する投資主を対象に、保有口数に応じて、大江戸温泉リート投資法人が投資する温泉・温浴施設の宿泊利用料金について、1000円相当の割引を受けられる『優待券』を贈呈」というもの。

 今回の優待新設の目的は、「本投資主優待制度を通じて、本投資法人が投資する温泉・温浴関連施設について、その特徴を体験し、理解を深める機会を投資主に提供すること」とのことだ。

 なお、「優待券」が利用できる施設は以下のとおり。

◆大江戸温泉物語 レオマリゾート(香川県丸亀市)
◆大江戸温泉物語 伊勢志摩(三重県志摩市)
◆伊東ホテルニュー岡部(静岡県伊東市)
◆大江戸温泉物語 あたみ(静岡県熱海市)
◆大江戸温泉物語 土肥マリンホテル(静岡県伊豆市)
◆大江戸温泉物語 あわら(福井県あわら市)
◆大江戸温泉物語 かもしか荘(栃木県那須塩原市)
◆大江戸温泉物語 伊香保(群馬県渋川市)
◆大江戸温泉物語 君津の森(千葉県君津市)

 この投資主優待は、2017年11月末時点の投資主名簿に記載または記録された投資主から開始される。

大江戸温泉リート投資法人の優待内容の詳細と利回り

 ■大江戸温泉リート投資法人の優待内容
 基準日  保有口数  投資主優待内容
 11月末/
 5月末
 5口以上  優待券1枚(1000円相当)×年2回
 10口以上  優待券2枚(2000円相当)×年2回
 詳細  ※優待券は、11月末時点の投資主に対しては翌年2月中旬に、5月末時点の投資主に対しては
 8月中旬に送付される。
 ※優待券の使用期限は、2月中旬送付の場合、3月1日から翌年2月末日まで。
 8月中旬送付の場合、9月1日から翌年8月末日まで。
 ※優待券は、大江戸温泉物語グループが提供する他の割引券等と重複して利用できる。

 2017年7月20日時点の大江戸温泉リート投資法人の基準価額は8万6000円(終値)なので、投資主優待の利回りは以下のようになる(※年2回優待を受けたものとして試算)。

 (5口保有の場合)
投資金額:5口×8万6000円=43万円
優待品合計:2000円分
株主優待利回り=2000円÷43万円×100=0.46%

 (10口保有の場合)
投資金額:10口×8万6000円=86万円
優待品合計:4000円分
株主優待利回り=4000円÷86万円×100=0.46%

 大江戸温泉リート投資法人の株主優待は、関連施設で利用できる優待券。優待利回りはそれほど高くはないものの、配当利回りが5.85%と魅力的なので、保有を検討する価値はあるだろう。ただし、優待券が贈呈されるのは5口以上の投資主なので、その点は注意が必要だ。

 なお、大江戸温泉リート投資法人は、温泉・温浴関連施設をおもな投資対象とするユニークな特化型J-REIT。2016年8月に上場。資産運用会社は大江戸温泉アセットマネジメント。2017年7月20日に発表された2017年5月期の運用、資産の状況によると、すべて対前期比で、営業収益は101.2%増、営業利益は105.6%増、経常利益は564.5%増、当期純利益は576.1%増。1口当たり分配金は2533円となった。2017年11月期の1口あたり分配金は2359円、2018年5月期は2323円となる見通し。

■大江戸温泉リート投資法人
業種 コード 市場 権利確定月
その他金融 3472 東証1部 11月末/5月末
基準価額(株価)※終値 単元口数 最低投資金額 配当利回り
8万6000円 1口 8万6000円 5.85%
※株価などのデータは2017年7月20日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。