株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2017年5月29日 ザイ・オンライン編集部

ジャパン・ホテル・リート、投資主優待を改悪!
最大50%割引だったホテル宿泊券が一律10%割引、
20%割引だったレストラン優待も10%割引に改悪!

 REIT(不動産投資信託)のジャパン・ホテル・リート投資法人が投資主優待制度の内容を変更すると、2017年5月23日に発表した。


ジャパン・ホテル・リート投資法人は、日本最大級のホテル特化型J-REIT。
拡大画像表示

ジャパン・ホテル・リート投資法人の投資主優待は、従来は年1回、6月末時点の投資主を対象に実施されており、内容は「10口(10単元)以上を保有する投資主を対象として、指定ホテルで利用できる『宿泊割引券(10~50%割引)』(5枚)および『レストラン20%優待券』(5枚)を贈呈」というものだった。

 今後も宿泊割引券とレストラン割引券がもらえることに変わりはないが、利用可能なホテルが拡充されたり、割引率が変わったりと、優待内容が一部変更される。具体的な変更点は以下の2点。

(1)利用可能なホテルが11ホテルから15ホテルへと拡充
 従来、ジャパン・ホテル・リート投資法人の宿泊割引券を利用可能なのは、「HMJ5ホテル」(株式会社ホテルマネージメントジャパンに賃貸している5ホテル)と、「アコー6ホテル」(ACCOR HOTELSに運営委託または賃貸している6ホテル)。これまで「HMJ5ホテル」では、正規料金から50%割引。「アコー6ホテル」では、対象ホテルが提供するベストレートまたはフレキシブルレートから10%割引とされてきた。

 変更後は、それらに加えて、新たに以下の4つのホテルでも宿泊割引券を利用できるようになる。

●オキナワ マリオット リゾート &スパ(沖縄県名護市)
●シェラトングランドホテル広島(広島県広島市)
●ホテルセントラーザ博多(福岡県福岡市)
●ホリデイ・イン大阪難波(大阪府大阪市)


 なお、追加された4ホテルは、すべてホテルマネージメントジャパンに賃貸しており、呼称は「HMJ9ホテル」となる。
(※2018年5月22日追記:上記に加え、さらにヒルトン成田、インターナショナルガーデンホテル成田、ホテル日航奈良でも宿泊割引券を利用できるように。呼称は「HMJ12ホテル」となる)

(2)割引内容が変更
●ホテル宿泊割引は、「ベストレートまたはフレキシブルレートから10%割引」に統一される。
●レストラン利用割引は、「利用料金から10%割引」に統一される。


 前述のとおり、これまで「HMJ5ホテル」では、正規料金から50%割引。「アコー6ホテル」では、対象ホテルが提供するベストレートまたはフレキシブルレートから10%割引とされてきたが、変更後は「ベストレートまたはフレキシブルレートから10%割引」に。レストラン利用割引は20%割引だったところが、10%割引に改悪となる。

 これらの投資主優待の変更は、2017年6月30日時点の投資主名簿に記載または記録された投資主から適用される。

ジャパン・ホテル・リート投資法人の投資主優待の詳細

 (変更前)
 基準日  保有口数  投資主主優待内容
 6月末  10口以上  ◆ホテル宿泊割引券5枚(※1)
 ◆レストラン割引券5枚(※2)
 詳細   (※1)以下のホテルで利用可能。
  「神戸メリケンパークオリエンタルホテル」「オリエンタルホテル 東京ベイ」
 「なんばオリエンタルホテル」「ホテル日航アリビラ」「オリエンタルホテル広島」
 以上、「HMJ5ホテル」で利用時は、対象ホテルが提供するベストレートから50
割引。
 「イビス東京新宿」「イビス スタイルズ京都ステーション」「イビス スタイルズ札幌」
 「メルキュールホテル札幌」「メルキュールホテル沖縄那覇」
 「メルキュールホテル横須賀」 
 以上、「アコー6ホテル」で利用時は、対象ホテルが提供するベストレートから10%割引。
 (※2)「HMJ5ホテル」のレストランでのみ利用可能で、利用料金から20%割引。
(「アコーホテル」のレストランは割引対象外)
 (変更後)
 基準日  保有口数  投資主優待内容
 6月末  10口以上  ◆ホテル宿泊割引券5枚(※1)
 ◆レストラン割引券5枚(※2)
 詳細  (※1)以下のホテルで利用可能。
  「神戸メリケンパークオリエンタルホテル」「オリエンタルホテル 東京ベイ」
 「なんばオリエンタルホテル」「ホテル日航アリビラ」「オリエンタルホテル広島」
 「オキナワ マリオット リゾート &スパ」「シェラトングランドホテル広島」
 「ホテルセントラーザ博多」「ホリデイ・イン大阪難波」
 (以上、「HMJ9ホテル」)
 (※2018年5月22日追記:上記に加え、さらにヒルトン成田、
 インターナショナルガーデンホテル成田、ホテル日航奈良でも宿泊割引券を
 利用できるように。呼称は「HMJ12ホテル」となる)


 「イビス東京新宿」「イビス スタイルズ京都ステーション」「イビス スタイルズ札幌」
 「メルキュールホテル札幌」「メルキュールホテル沖縄那覇」
 「メルキュールホテル横須賀」(以上、「アコー6ホテル」)
 利用時は、対象ホテルが提供するベストレートまたはフレキシブルレートから10%割引。 
 1枚で1室3連泊まで、宿泊する客室の定員数分の人数まで利用可能。予約時に
 優待券利用を伝える必要がある。宿泊の適用除外日あり。
 「HMJ9ホテル」のみ、エキストラベッド料金、アーリーチェックイン・
 レイトチェックアウト料金についても割引を受けられる場合がある。
 (※2)一部ホテルでのみ利用可能で、利用料金から10%割引。
 1回利用につき、1枚まで利用可能。利用可能なレストランはホテルにより異なる。
 一部対象レストランでは、ルームサービスにも利用可能。

ジャパン・ホテル・リート投資法人の2017年5月29日時点の終値は7万9200円(終値)。優待内容の性質上、優待利回りの算出は困難だ。今回の変更で利用できるホテルやレストランが増えたのは朗報だが、以前は宿泊費が最大でベストレートの半額にもなった割引率が、今後は一律10%割引となってしまったので優待利回りは低下する変更となる。ジャパン・ホテル・リート投資法人の投資主優待の詳しい宿泊予約方法などは、9月中旬発送予定の優待券やホームページで公開される。

 なお、ジャパン・ホテル・リート投資法人は、2012年4月に日本ホテルファンド投資法人とジャパン・ホテル・アンド・リゾート投資法人との合併により誕生した。日本全国のホテルを投資対象にしているホテル特化型J-REITで、ジャパン・ホテル・リート・アドバイザーズ株式会社が資産運用に当たっている。2017年12月期の運用状況の予想(通期)は、営業収益が前期比11.0%増、営業利益が6.0%増、経常利益が6.3%増、当期純利益が7.1%増となることを見込む。

■ジャパン・ホテル・リート投資法人
業種 コード 市場 権利確定月
その他金融 8985 東証1部 6月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
7万9200円 1口 7万9200円 4.47%
※株価などのデータは2017年5月29日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。