株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]
2017年3月27日 ザイ・オンライン編集部

東映アニメーション、2017年3月期の株主優待で
贈呈されるQUOカードのデザインを発表!
「ドラゴンボール超」など4種類をセットでもらえる

東映アニメーション株式会社が、今年の株主優待の内容を2017年3月23日に発表した。

■東映アニメーション
業種 コード 市場 権利確定月
情報・通信業 4816 JASDAQスタンダード 3月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
6410円 100株 64万1000円 0.47%
※株価などのデータは2017年3月27日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。

 

2017年3月末時点の株主を対象として、東映アニメーションの株主優待で贈呈されるQUOカードのデザイン。
拡大画像表示

東映アニメーションの株主優待は、例年、「100株(1単元)以上保有する株主を対象に、保有株数に応じた枚数の『株主優待限定キャラクターQUOカード』を贈呈」という内容となっている。

 今後もその点に変更はないが、カードデザインは前年から刷新される。2017年3月末時点の株主に贈呈されるものは、同社アニメの新作・名作から選ばれた以下のデザイン。

●キラキラ☆プリキュアアラモード
●ドラゴンボール超
●魔犬ライナー0011 変身せよ!
●ピュンピュン丸


 QUOカードはすべて500円相当で、4枚1組1セット。100株以上500株未満保有の株主は1セット、500株以上1000株未満保有の株主は2セット……という具合に、保有株数に応じてもらえるセット数が変化する。

 この株主優待は、2017年3月31日時点の株主名簿に記載または記録された株主へ適用される。

東映アニメーションの実施する株主優待制度の詳細と利回り

 ■東映アニメーションの実施する優待内容
 基準日  所有株式数  株主優待内容
  3月末  100株以上   株主優待限定QUOカード4枚×1セット(2000円分)
 500株以上   株主優待限定QUOカード4枚×2セット(4000円分)
 1000株以上   株主優待限定QUOカード4枚×3セット(6000円分)
 5000株以上   株主優待限定QUOカード4枚×5セット(1万円分)
 1万株以上   株主優待限定QUOカード4枚×10セット(2万円分)
 詳細  ※優待品は6月下旬に発送される。


東映アニメーションの2017年3月27日時点の株価(終値)は6410円なので、株主優待利回りは以下のようになる。

【株主優待利回り】
(100株保有の場合)
 投資金額:100株×6410円=64万1000円
 優待品合計:2000円相当
 株主優待利回り=2000円÷64万1000円×100=0.31%

(500株保有の場合)
 投資金額:500株×6410円=320万5000円
 優待品合計:4000円相当
 株主優待利回り=4000円÷320万5000円×100=0.12%

(1000株保有の場合)
 投資金額:1000株×6410円=641万円
 優待品合計:6000円相当
 株主優待利回り=6000円÷641万円×100=0.09%

(5000株保有の場合)
 投資金額:5000株×6410円=3205万円
 優待品合計:1万円相当
 株主優待利回り=1万円÷3205万円×100=0.03%

(1万株保有の場合)
 投資金額:1万株×6410円=6410万円
 優待品合計:2万円相当
 株主優待利回り=2万円÷6410万円×100=0.03%

東映アニメーションの株主優待利回りは、100株所有で0.31%ととびぬけて高いわけではない。とはいえ、株主優待限定デザインのレアなQUOカードがもらえるため、利回りに反映されない付加価値は高く、アニメファンならずとも魅力的な株主優待といえるだろう。

 なお、東映アニメーションは、アニメーション制作会社の老舗で、その名のとおり東映系列。「ワンピース」「ドラゴンボール」「プリキュア」など人気シリーズの多ジャンル展開が好調。2017年1月27日に発表した2017年3月期第3四半期決算では、売上高は前期比16%増、営業利益は21.9%増、経常利益は21.8%増。版権を持つスマホゲームが国内外でヒットしたことなどを受けて上り調子に。

■東映アニメーション
業種 コード 市場 権利確定月
情報・通信業 4816 JASDAQ 3月末
株価(終値) 単元株数 最低投資金額 配当利回り
6410円 100株 64万1000円 0.47%
※株価などのデータは2017年3月27日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。